ウーギークックのこどもたち

  • 65人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (8)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 坂元裕二
制作 : 林田 秀一 
  • 河出書房新社 (2014年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309274829

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
ジョン・クラッセ...
ヨシタケシンスケ
くすのき しげの...
蜂飼 耳
トミー=アンゲラ...
ジョン・クラッセ...
ヨシタケ シンス...
有効な右矢印 無効な右矢印

ウーギークックのこどもたちの感想・レビュー・書評

  • 先輩からいただいた絵本。

    ウーギークック「の」子どもたち。

    どこにでもいる普通の女の子
    雷の意味
    死ぬことを知らない生き物
    みえないたましい
    悲しい気持ち、怖い気持ちを知ること
    それを美味しいと表現したこと
    最後の、涙の意味

    まだ消化できていない。
    でも、「の」、ということと、子供の表情。

    繰り返すことの根底にあるものは。

  • 個人的にはストーリーよりも絵が良かったな。
    “るる”が階段を下りるシーンと、ウーギークックが消えてしまうシーンが特に。

    なんだこのレビュー(笑)。

  • 生まれたときから病院に住んでいる女の子るる。
    その病院の地下には子供の魂を食べるウーギークックという怪物がいるそうだ。
    そういえば、先週は子供の人数が11人いたのに今週は10人しかいない。
    そこでるるはウーギークックに魂を食べるのをやめてもらおうと地下に行く。
    すると本当に地下には怪物がいて、何かを食べている。
    るるは友達が死ぬのは悲しいからやめてほしいと言うが、ウーギークックには悲しいというのが分らなかった。
    るるは自分の食事を取っておいて魂の代わりにウーギークックに食べさせてみるとおいしくない、と言われてしまう。
    そうして、来週食べるのはるるの魂だと言う。
    このままではるるは死んでしまう…。
    そして、最後の日、屋上に行くと半分透けたウーギークックが何かを差し出して食べろと言う。
    それはウーギークックの魂らしい。
    ウーギークックはるるの魂の代わりに自分の魂を食べることにしたのだとか。
    ウーギークックは自分の魂を食べると塵のように消えてしまった。
    だけれど、消える瞬間、ウーギークックは初めて死ぬことと悲しみが分かったのだった。
    そうして、この病院から子供がいなくなることはなくなったのだった。

    日本テレビ系の「Woman」というドラマの中に出てきた架空の絵本の書籍化だとか。
    外国の作品かと思ったら日本の作品だったとは。
    タイトルがゴーリーっぽい。

    ウーギークックに幸あれ。
    泣けはしないけれど、いい話。
    怪物も最後に心を持ててよかった。

  • へぇ~(ドラマは見ませんけど、、、)

    河出書房新社のPR
    「2013年7月3日~9月11日まで放送されていた話題のドラマ『Woman』(日本テレビ系列)に登場し、直後から「どこで購入できるの?」という問い合わせが殺到したという幻の絵本「ウーギークックのこどもたち」が3月に発売!
    著者は、文がドラマの脚本も手掛けた坂元裕二さん、絵はドラマ版と同じ林田秀一さんです。
    詳細につきましてはこちらをご覧ください。」
    http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309274829/

    ドラマ「Woman」
    http://www.ntv.co.jp/woman2013/

全6件中 1 - 6件を表示

ウーギークックのこどもたちを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする