水木しげるの雨月物語 (河出文庫)

  • 68人登録
  • 3.52評価
    • (5)
    • (6)
    • (9)
    • (2)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 水木しげる
  • 河出書房新社 (1985年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309401256

水木しげるの雨月物語 (河出文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何度も読んでいます。水木しげるさんが大好きなので、気が向いたときに手に取って、少しずつ読んだり、一気に読んだり。水木しげるさんの絵と、この物語の恐ろしい世界がよく合っていると思います。

  • 吉備津の窯の正太郎は、自業自得のように思った。

  • 全九編からなる『雨月物語』のうち「吉備津の釜、「夢応の鯉魚」、「蛇性の婬」の三編がマンガではなく絵物語で収録されています。
    訳文はこなれているし、絵も細かく描き込まれて迫力ありますし、ほんとに文と絵で雨月物語の雰囲気が表現されてますね。全編この作風で読みたかったなあ。

  • 2013年6月11日

    カバーデザイン/前野洋一
    デザイン/粟津潔

  • 水木先生の絵と雨月物語のおどろおどろしい雰囲気がとてもマッチしていて眼福!!
    文庫サイズなのが勿体無い…あと、文章と絵のバランスがいまいち。変な区切りだったり読みにくかったり。
    今作るならもっと考えられそうかな?

  • 雨月物語が好きだから借りました。
    面白かったけれど、せっかくだから漫画にしてほしかったな。
    2011.04.22.

  • 挿絵が目当てで手に入れて、でも読んだら雨月全部読みたくなりました。

全9件中 1 - 9件を表示

水木しげるの作品

水木しげるの雨月物語 (河出文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

水木しげるの雨月物語 (河出文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

水木しげるの雨月物語 (河出文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする