宇宙百貨活劇(ペンシルロケット・オペラ) (河出文庫―文芸コレクション)

  • 748人登録
  • 3.67評価
    • (95)
    • (74)
    • (209)
    • (4)
    • (1)
  • 72レビュー
著者 : 長野まゆみ
  • 河出書房新社 (1995年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309404370

宇宙百貨活劇(ペンシルロケット・オペラ) (河出文庫―文芸コレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ミケシュとロビンは双子、ふたりのどちらが兄で弟か、パパとママにも決められない…。
    美しく移り行く季節の中で、ふたりの少年が楽しく過ごす夢の世界を描いた表題作のほか、著者自家製ことば辞典「ことばのブリキ缶」を併録。

  • 双子の少年が登場。
    仲が良い家族がほほえましい。

  • ★宇宙百貨活劇
    かわいい双子の少年ミケシュとロビンに終始癒される。ほのぼのとしていてファンシーな短編集。2人はいつも何処へ行くにも一緒。時々喧嘩もするけれどすぐにお互い反省して仲直りできてしまう。ひっそりと探偵社を営むお父さんが少年たちの無理難題に頭を悩ます姿も良かった。

    個人的に第九話の「スノー・スノー・ボーイ」がお気に入り。実は寒さに弱いロビンがミケシュに手伝ってもらわないと着替えも出来なかったり、外出したくなくて愚図る姿が意外で可愛らしかった。凍えてしまったロビンの躰を暖めようと抱きついたミケシュと、頬同士をくっつけて微笑む姿はとっても微笑ましかったです。

    今回も、ロケット壜のストロベリィ味ソォダ水、ショコラマシュマロ入りのシュウクリイム、夜天から降る流星(ドロップ)など美味しそうな食べ物がてんこ盛りでした!



    ★ことばのブリキ罐
    長野作品に登場する食べ物、鉱物、鳥など様々な単語の意味や由来が登場した作品と共に紹介される作者お手製の辞典。実物を見に行ったり、写真を探して見たり、活字やルビからどんな物かと想像するのも愉しいです。『少年アリス』や『魚たちの離宮』などの初期作品に出てくる物の紹介が多かったけれどもっと色んな作品に出てくる小物の辞典も見てみたいなぁ〜

  • 数年ぶりに再読。

    ミケシュとロビンの双子のかわいいお話は何度読んでも楽しめます。

  • '96.8読了。
    ロビンとミケシュのハッピーな短編集。
    「ことばのブリキ缶」も収録。

  • 美しい作品だった。
    文章が眼に入った瞬間に、風景、風、香り、季節感まで浮かんでくる。
    冬直前にまた読もう。

    2015/8/23

  • ・双子の話。ミケシュとロビンの一年。
    ・ことばのブリキ罐
    ・絵本みたいな長野まゆみ評

  • 前半は久々に気持ちよく愉しめる長野作品だった。
    後半はいわゆるアイディアノートというヤツで、どう考えてもページの埋め合わせでしかなかった。

  • かわいい双子の、
    キラキラしたお話がつまった短編集。

    透明感のある幻想的な絵本みたいな、
    きれいなファンタジー。

  • なんだろう。
    小説のはずなのに絵本を読んでいるようなそんな気がしてならなかった。もちろん挿絵なんてものはないはずなのに錯覚させられずにはいられない。長野作品の初期とも、色恋の豊富な現在の作風とは一線を画していてとても不思議な読み心地。
    しかしこの本を読むには遅すぎた気がしてならない。
    中学生くらいが読むには丁度良いかも。短いし、すぐに読み終えることの出来るファンタジー。
    山や谷といった盛り上がりはないけれど、耽美的な文章に触れるきっかけとなれうる作品だと思う。

全72件中 1 - 10件を表示

長野まゆみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
有効な右矢印 無効な右矢印

宇宙百貨活劇(ペンシルロケット・オペラ) (河出文庫―文芸コレクション)に関連する談話室の質問

宇宙百貨活劇(ペンシルロケット・オペラ) (河出文庫―文芸コレクション)はこんな本です

宇宙百貨活劇(ペンシルロケット・オペラ) (河出文庫―文芸コレクション)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

宇宙百貨活劇(ペンシルロケット・オペラ) (河出文庫―文芸コレクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする