テレヴィジョン・シティ〈下〉 (河出文庫文芸コレクション)

  • 876人登録
  • 3.81評価
    • (163)
    • (89)
    • (245)
    • (5)
    • (1)
  • 72レビュー
著者 : 長野まゆみ
  • 河出書房新社 (1996年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (363ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309404806

テレヴィジョン・シティ〈下〉 (河出文庫文芸コレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2012.5.24.thu

    【経路】
    本会でNさんに借りて。

    【感想】
    ・世界観にどっぷりハマる。なかなか帰って来れない、そんな小説。

    ・隔離されて白いスーツで過ごしてる、来し方行く末を知らない近未来人が、映画「アイランド」(じぶんの遺伝子でドナーを育てる施設)みたいだし、狭い世界での少年の倒錯さは漫画「輝夜姫」(これもドナー話)っぽくて話の展開を怪しんで読んでたんだけど、やっぱりドナー話だった。いや、それが中心ではけど!ただのエレメント!

    ・非身体的で精神的な同化を〈クロス〉としているけど、これは深いと思う。所謂 衆道に近しいと勘ぐらないにしても、「身体的に繋がってこそ分かるひとつになり切れない孤独」を超越したものだよなぁ。

    ・アーチィがイーイーと同化しての最後の終わり方が綺麗。もうふたりの世界は交わらないけど文字は残るんだね。


    【うんうん】
    ・「キラいになるのは、すごく難しいことなんだ。なぜなら、自分のことも否定しなければならないからさ。そんなのは負担だろう。」
    ・誰かをキラうというのは、同時に自分の一分を失くすことでもある。
    ・事実は不変だが、真実は不安定で、いつでも平気で嘘と入れ代わる。

    【内容メモ】
    ■もうひとつの出口
    ・手紙、ダストシュウト
    ・ゾーン・レッド
    ・手紙落
    ・金網、重力、仔犬
    ・捨てるものがない、ボディかスピリットどちらが先か
    ・ロスマリン精油
    ・シルルの狼狽
    ・追い出される前に

    ■仔犬を連れた人
    ・ジロから呼び出し、ファイルボウト
    ・ロスマリン、使?
    ・ロケットシミュレエション
    ・イーイーの不調
    ・ヴィオラ薄
    ・シルルから呼び出し
    ・ジロ、乾杯しよう
    ・シルル、ドォム、ヴィオラの原液、工場
    ・怒らない
    ・サッシャ

    ■碧い海の響き
    ・書くことがない嘘の手紙
    ・事実は不変、真実は変動する
    ・マーレ、人口砂漠、工場へ行く告白
    ・セット、レシピエントのドナー、エンゲージ
    ・イーイーの不調
    ・ライドランナー
    ・色彩の忘れ、イーイーと同化、クロス
    ・イーイーの呻き、「シルル」、ショック、海へ
    ・浄化、侵入者、一時的な混乱
    ・シルルの助け
    ・ジロ、蒸留塔
    ・RACH45がServiceするのは自分が愉しむため
    ・ママンのあの音
    ・消えた砂漠、クロスしただろう
    ・目が
    ・手紙を声に
    ・最後に何が残ると思う?

    ■南国の島
    ・手紙。Serviceでのショットもクロスも好き。
    ・ゾーン・ブルゥへ
    ・氷結、転倒、離脱
    ・ママ、リング、エレベーター
    ・見る方法
    ・取り返そうとしたのはイーイーじゃない?
    ・リング、ロケット、キィ
    ・イミテエション
    ・冷たい何か、ポケット
    ・泣いている、宿舎へ
    ・手紙、リング、追記
    ・カナリアン・ヴュウへ
    ・救援機に乗らなかったアーチイ
    ・謎掛け
    ・ことばは消えても文字は残る、それがぼくの望みだ
    ・すべてが彼だけのためにあるのだった

    ■あとがき 暗号、解くにおよばず

    【暗号】
    フランス語→日本語
    a→0 b→1…z→25
    W→. X→? Y→!
    E→´

    解くことに意義は無い。
    ことばは消えても「文字」は残る、ということが大事!

  • 静かで、心地いい。個人的なイメージソングはスピッツの「インディゴ地平線」

  • 終末的な擬社会+階層都市+ループ こんだけでも私のツボに真ん中だな…

  • 今まで読んだ長野さんの作品で一番長いけど、長く読んだ感じがしない。良くも悪くも?読み応えはなかったということなのか…??
    こんなに長いのに登場人物が本当にごくわずかっていうところがそう感じさせるのかも。
    長野先生の話だから登場人物がたくさん出てくるとも思ってなかったけど、ほとんどアナナスとイーイーだけ(あとジロとシルル)…閉じられた世界って感じがすごくする。近未来的だけど無機質でさみしい印象。街もないし外というものもない。
    わたしの理解力の問題で、「えっ?えっ?」って思いながら終わってしまったけど、何回も読むたびに「あー!」ってなるタイプの話なんだと思う。
    ループってことなのかな…

    ふだんいかがわしいものばっか読んでるので、いちいち隠語がエロくないですか!?!?と思いながら読んだ。
    長野先生の他の作品読んでたら他意はないとは思えない…

  • ディストピア。「ことばは消えても文字は残る……」長野さんの描いた多くの少年たちの中でもイーイーが一番好き。

  • 自分の理解能力不足もあって、色々疑問が残り、もやもやしたが、美しいが切ない世界観は好きだった。イーイーが特に好き。

  • 再………読。読む毎に見落としを拾う度に、切なさが深く。うー。
    ループは元の位置へのループなのか、消えたモノはそのままなのか。ひとりぼっちは切ないよぅ。
    でもアナナスは、本来の姿じゃないほうが好感が持てます。久々の再読もぐいぐい来ましたよー。

  • 幻想的だけれど不穏な結末がちらつく物語は、
    下巻に入りとうとう具体的な崩壊が始まる。

    イーイーは日毎に衰弱が激しくなり起き上がることも難しくなる。
    精油を飲まずにいるアナナスは体は健康のままだが記憶の喪失や意味不明な言動が増えていく。

    イーイーを挟んで微妙な三角関係にあったシルルが消え、ジロも精油のせいで少しずつおかしくなっていく。

  • 【あらすじ】
    身体機能が衰えてゆくイーイー。崩壊へ突き進むビルディング。
    碧い星は本当にあるのか。ボディを離れたスピリットに「帰還」の場所はあるか。
    二人は果たして脱出できるのか。

  • 身体機能が衰えてゆくイーイー。

    読後は、やはり、全貌がよく分からなかったが、切ない気分になった。

    謎を解いてみたい一冊である。

全72件中 1 - 10件を表示

テレヴィジョン・シティ〈下〉 (河出文庫文芸コレクション)のその他の作品

長野まゆみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
有効な右矢印 無効な右矢印

テレヴィジョン・シティ〈下〉 (河出文庫文芸コレクション)に関連する談話室の質問

テレヴィジョン・シティ〈下〉 (河出文庫文芸コレクション)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

テレヴィジョン・シティ〈下〉 (河出文庫文芸コレクション)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

テレヴィジョン・シティ〈下〉 (河出文庫文芸コレクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする