ねむり姫―澁澤龍彦コレクション 河出文庫

  • 526人登録
  • 3.54評価
    • (47)
    • (37)
    • (142)
    • (4)
    • (1)
  • 54レビュー
著者 : 澁澤龍彦
  • 河出書房新社 (1998年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309405346

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎 潤一郎
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
ポーリーヌ・レア...
ジョルジュ バタ...
J.K. ユイス...
有効な右矢印 無効な右矢印

ねむり姫―澁澤龍彦コレクション 河出文庫の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • しばしのインターバルを経てTasso再読祭再開。
    様々な典籍に材を取った幻想時代劇、全6編。
    何度読んでも味わい深く、しみじみ面白い。

    眠りに落ちたまま年を取らなくなった珠名姫と
    異母兄つむじ丸の物語「ねむり姫」や、
    望楼に幽閉された万奈子姫の悲恋「夢ちがえ」が
    殊の外、切ないが、
    もう一人の姫こと「きらら姫」が
    遂に正体不詳で終わるところにニヤリとさせられる。

    以下、多少の余談なぞ。

    「ぼろんじ」(虚無僧の意)において、
    主人公の兄を振武軍に導き入れたとされる
    澁澤成一郎(1838-1912)は
    明治以降、幼名に復して澁沢喜作と名乗った実業家で、
    日本資本主義の父と呼ばれる澁澤栄一の従兄であり、
    作者の親類にも当たる。

    「夢ちがえ」の「箱の蓋を持ちあげてみると」の条(p.178)では、
    つい、泉鏡花「天守物語」
    朱の盤の登場シーン(これは汁が出ました)を連想。

    「画美人」の、
    ガラス鉢の金魚に情事を見られている気がする……云々は、
    作者の初期短編「撲滅の賦」のヴァリアントだろうか。

    江戸の大工の倅・音吉が
    鎌倉時代へ時間旅行する「きらら姫」。
    彼は地震で倒壊した日蓮上人の草庵を建て直すのだが、
    日蓮の弟子・日興が「伯耆房」の名を賜り、
    日蓮と共に身延山に入った経歴が、
    鳥取の地名である「伯耆」を苗字として名乗る人々が
    山梨県の身延町に存在するという謎に迫る鍵ではないか……
    と愚考する。

  •  現実から、ひょいっとはみ出してとける。不思議と現実のはざまを語る。そんな短篇集だと思う。上るのではなく潜るのに近いけれど、手引きがあるので溺れずに済む。ただ、その手引きがどんなもので、どこへぼくたちを連れて行くのかを考えはじめるとすこし怖くなる。グロテスクが道中にあるような、白骨を横目に潜っていくような、感覚。初期短篇選や唐草物語より、語り口が軽妙な気が、なんとなく。
    2017.8.不明.

  • 2016.5.11 読了

  • 久しぶりに澁澤にハマってしまいそう。

  • 時代劇ものって読みやすかったっけみたいな本です。

    内容は落語の左甚五郎の、題が出てこない。話のようで

    すね。

  • 少し難しかった。漢字の勉強をした後また再び読みたい。

  • 平安や江戸が舞台の幻想夜話。
    他の作品も読んでみたいです。

  • 2014/10/22

  • 定家『明月記』に想を得た『ねむり姫』紡錘は螺旋好きならではのモティーフか。妖の異類婚姻譚『狐媚記』幽玄さの中に獣臭漂うエロティシズムにうっとり。『夢違え』精神分析的な夢奇譚はシュニッツラーを思わせる。『ぼろんじ』トーキー時代の股旅映画のようなとぼけた感。くるりと反転するカメラワークが快感。『きらら姫』江戸、鎌倉を舞台にした時空越え。江ノ島から湾を横断する地下道に興奮。どれも楽しく、何度読み返してもしみじみと味わい深い。ときどき入るイマドキ言葉もお茶目。
    そういえば、いばら姫も紡錘(糸車の)で指を刺して眠るのだった。
    紡錘りの舟から始まり、杓子の舟で終る短編集。

  • 幻想文学っていいなあ……という気分にはなったけども、"澁澤龍彦の"良さを感じるにはやや物足りない。他のものも読んでみようという気にさせられるといえばまあ、そう。
    面白さとは関係ないが、時代物なのに外来語が入るのはいつものこととはいえ突然のE.T.にはさすがに笑った。

全54件中 1 - 10件を表示

ねむり姫―澁澤龍彦コレクション 河出文庫に関連する談話室の質問

ねむり姫―澁澤龍彦コレクション 河出文庫を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ねむり姫―澁澤龍彦コレクション 河出文庫はこんな本です

ねむり姫―澁澤龍彦コレクション 河出文庫のKindle版

ツイートする