母の発達 (河出文庫―文芸コレクション)

  • 226人登録
  • 3.49評価
    • (21)
    • (19)
    • (43)
    • (7)
    • (4)
  • 30レビュー
著者 : 笙野頼子
  • 河出書房新社 (1999年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309405773

母の発達 (河出文庫―文芸コレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 笙野頼子さんの作品て、読むのにいつも変な体力使うし気合い入れて読んでぐったり疲れる感じになるんですが、これも、変な体力使ったし気合い入れて読んだのに、ぐったり疲れるとゆーことはなかったです。すっきりした読後でした。でもやっぱり毎回圧倒されます。おかーさん再構築。
    しかしあの五十音順の母は、ヤツノの理想というか、望むものなんやろうか。あれすらも母の命令で行われとる感じやったけど、そっちはいいのか。うむむ。
    でも、母を生むむすめって、つまり母子関係ってそういうことやよね。

  • 母の縮小と大回転音頭の結末のところを読みあとは、はしょりました。こういう関係の母娘は世の中に実はよくいる。こういう妄想でもしないと生きていけなかったんだろうな。妄想の世界感の広げ方は作者のワールドで評価されているところなんだろうな。作者を画像で拝見すると想像どうりの方でした。世の中で虐げられたり抑圧されたりしながらも体裁を整えながら生きている人達の感じ方が少し理解できました。

  •  母親から医者になるよう半ば強制的に勉強を強いられていたヤツノは、受験を控えた頃から軽い鬱状態に陥り、登校拒否をし出す。そして強烈な頭痛を境に、母が縮んで見えるようになる。この作品は、その発端となる”母の縮小”、続編となる”母の発達”、”母の大回転音頭”の三編から構成されている。
     物語らしい物語ではない。だが難解ではなく、読み進めていくと不気味な笑いがこみ上げてくる。その理由は関西弁のテンポや音の良さももちろんだが、言葉の選び方、造語の面白さがあると思う。作品の柱の一つとなる”お母さんの名前”がとても面白い。”母の大回転音頭”では「地獄のお母さん」、「ウニのお母さん」、「戦後派のお母さん」など様々なお母さんの名前を挙げていく。その名前や、名前から派生していくちょっとした物語も面白い。そういった言葉の面白さに加えて興味を引かれるのが、母と娘の関係である。母の支配下にあったヤツノが、”母の縮小”をきっかけに支配から逃れ、”母の発達”において逆転してしまうのである。逆転からさらに関係を修復していき、母への崇拝にまでいたってしまう”母の大回転音頭”。豪快でありながら暴走していくこと無く、見事にまとめ上げる手腕と世界観に驚く。

  • 笙野頼子の存在を知ったのは佐藤亜紀のHPからでした。
    その直後に本屋で見かけた『金毘羅』>『水晶内制度』>『絶叫師タコグルメと百人の「普通」の男』と読み進めて、その流れで『説教師カニバットと百人の危ない美女』と『だいにっほん、おんたこめいわく史』を読むつもりだったんだけど、ついつい、ふらりと手に取ってしまったこの本。
    「文庫で薄く」て「読み始めたらすいすい」読めてしまったからなんだけど、いやーまー…やっぱりすごいっ!笙野頼子!!文章は「すいすい」だけど書いてる内容はすさまじく深いっ!!なのに、この枚数で治まるなんてっ!ぎゃーはっはっはっはっ。
    感想はもちろん◎!花丸つけちゃうぞ。

    いやはや、笙野頼子の作品を読んでてつくづく思うのは、「大学のゼミでだったら、どう読んだだろう??」って事。なんでゼミで誰も取り上げなかったんだろ!?と思いつつ笙野頼子の経歴を見たら…ああああ、自分が学生の頃ってまだ笙野頼子はデビューはしていたけど、知られてはいなかったのね…。
    特にこの『母の発達』は、ものすごくエキサイティングに読めちゃうような気がするなぁ。
    おおいなる呪縛と化していた「母」を「縮小」し、解体再構成することによって「発達」させ「大回転音頭」する事で昇華してしまう…。
    うー鮮やかだっ!

  • 連載途中のなにかを数度読んだ以来の笙野頼子、
    世界観がくっきりで、
    多少その世界に中って気持ち悪くなりながらも読みきりました。
    愛憎を笑えるようになろう。

  • 再読。「母の縮小」「母の発達」「母の大回転音頭」の母もの三本立て。「母」という素材ひとつでここまで遊べる(?)ものかと驚愕。縮小され、解体され、分裂し、増殖し、旅立ち、再構築される母。ここまでしないと「母」なるものと和解できなかった母娘の関係性のいびつさが前提にあるにせよ、このころの笙野頼子は、もっとも笑える笙野頼子で好きだなあ。

  • 現代文学の守護神。
    作者の脳内が映像のように流れ込んできて気持ちが晴れ晴れとする。
    最初は戸惑いを隠せずページが進まないが、すぐに癖になる。
    もうこれは意味がわからない。それだのに読んでしまう。
    三重LOVE!

  • 読み終わって、いろいろ考えた。途中まで読んでたときは、全く好みじゃないみたいと思っていたけど、読了したら好きじゃないけど気になることがある作品だなぁと思った。神話として読める。ヤツノのポジションは神だなぁと思った。とりあえずもう一回読んでみます。この作品の面白さって難しいなぁ。。

  • 解説にあった通り凄い言葉の力でした、痛快!おもしろい!

  • 1999年出版。ほんのまくらフェアで購入。
     
     解説を斎藤氏が書いていて、少なからずの女性たちにとって快感の伴う読書体験になったそうで、そうだろうなと素直に思える。好い本である。
     
    <母の縮小>だけ読了した。ラストが感動的だときいたが、そこまでつきあってはいられない。
     
     女のための本である。これを手にとるか検討している女性には、女性のレビューの方が参考になるだろう。以下はわたしの個人的な感想である。
     
     「女」のための本である。母が娘を医者にしたくて、そうならない娘を認めず支配するという最初の設定からして、わたしにはとても付き合いきれない。出て行くだけだ。信田さよ子の本や文章を先に読んでいるので、なおのことである。学生時代に、母なるものについて学び、格闘し、一定の実際的な解決を得た今となっては他人事に過ぎない。他人に勧めるつもりもわかない。

全30件中 1 - 10件を表示

笙野頼子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
笙野 頼子
J.L. ボルヘ...
桜庭 一樹
川上 未映子
有効な右矢印 無効な右矢印

母の発達 (河出文庫―文芸コレクション)に関連する談話室の質問

母の発達 (河出文庫―文芸コレクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

母の発達 (河出文庫―文芸コレクション)のKindle版

母の発達 (河出文庫―文芸コレクション)の単行本

ツイートする