澁澤龍彦初期小説集 (河出文庫)

  • 237人登録
  • 3.57評価
    • (17)
    • (17)
    • (48)
    • (1)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : 澁澤龍彦
  • 河出書房新社 (2005年5月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309407432

澁澤龍彦初期小説集 (河出文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世田谷文学館『澁澤龍彦ドラコニアの地平』
    http://booklog.jp/users/fukagawanatsumi/archives/1/4582286127
    観覧後、既読作を読み返したくなって書棚を漁り、
    Tasso再読祭(笑)。

    昔、福武文庫から出ていた『犬狼都市(キュノポリス)』
    収録3編を含む短編集。
    晩年の作に比べると文章の質感は硬めだが、
    作者自身が称揚した「幾何学的精神」が感じられて、
    これはこれで面白い。

    「撲滅の賦」
     恋人の心を掴む、小さな鉢の中の金魚に嫉妬する男の惑乱。
     サイズの大小にかかわらず、
     目玉というのはいかがわしい器官である。

    「エピクロスの肋骨」
     サナトリウムを脱出した青年と不遇な少女の出会い。
     タルホ的ロマンの雰囲気を醸しつつ、
     ラストはブラッドベリ風の不気味さ。

    「錬金術的コント」
     バーテンダーの切ない悲恋。

    「犬狼都市」
     父も継母も婚約者も冷やかに見下す麗子と、
     ファキイル(断食僧)と名付けられたコヨーテの交感。
     それにしても4カラットのダイヤの指環なんて、
     凄いな婚約者君(笑)。
     ところで今回久々に読んで、
     どことなく倉橋由美子作品に似た趣を感じたが、
     そういえば福武文庫版『犬狼都市』の解説は倉橋さんだった。

    「陽物神譚」
     ローマ帝国第23代皇帝ヘリオガバルスの物語を、
     異なる語り手の叙述――
     但し、一人称は全員「おれ」――で綴る。
     ・皇帝の命令で古い神殿を破壊し、
      新たな「玉葱」の神像を作る彫刻師カリクレス。
     ・女陰を穿って両性具有者となった
      皇帝ヘリオガバルスの思索。
     ・奴隷によるヘリオガバルスの淫蕩かつ悪虐な所業の描写。
     ・彫刻師カリクレスに刺された哲学者
      ――キュレネ派ヘゲシアスの弟子と称する――の
      今わの際。
     ・高級将校による祭の狂乱の描写。
      血の匂いに酔った彼は
      自ら何者かを殺害しようと思い立ったが……。

    「マドンナの真珠」
     遭難者を引き入れた幽霊船の船長以下、
     亡者の乗組員は、
     健康な生者に対する嫉妬と娑婆への未練に苦しむ。
     憐れで滑稽だが同情が湧く。

    「サド侯爵の幻想」
     バスティーユに投獄されたサド侯爵の白昼夢とフランス革命。
     稲垣足穂「ヴァニラとマニラ」参照。
     http://booklog.jp/users/fukagawanatsumi/archives/1/4309402879

    「哲学小説・エロティック革命」
     近未来SF日記。

    「人形塚」
     およそ適性があるとは思い難い、
     冷酷な小学校教諭・島谷24歳・独身の奇妙な体験。
     傷んだ人形の供養塔=人形塚に放置された「少女」を
     立て続けに下宿の部屋に持ち帰った彼だったが……。
     訪ねてくる友人の名が「種村」の箇所は
     何度読んでもお茶を噴きそうになる(笑)。

  • 収録された九編が九編ともあまりに幻想的であり、雨の日に静かに読むに適していた
    ただし、解説は言いたいことは理解できるものの、本書の最後に持ってくるには少し不足な感じが否めなかった

  • 2015.11.06

  • なんだかとてもステキな小説集。特に『エピクロスの肋骨』収録の3作「撲滅の賦」「エピクロスの肋骨」「錬金術的コント」が好き。コケティッシュな少女の描写がいちいち洒落ている。海辺のサナトリウムから汽車に乗ってのメタモルフォーゼ譚だなんて設定だけでワクワクしちゃう。しかも少年がGペンで書く詩が変身の切欠ときたもんだ。表層にこだわる作家かな。それはそれですごくいい。だって表層ってとても大事だし、そこに澁澤ならではの美学を感じる。エロもグロも異端も全部〈ステキ〉に昇華してしまう、これもう小説自体がメタモルフォーゼ。

  • 幻想譚9編。
    『マドンナの真珠』が幽霊船のお話。
    『犬狼都市』『人形塚』が面白かった。

  • サナトリウムから逃げ出したコマスケ。東京行きの汽車の中で出会った、ものすごく眼の大きな痩せた女の子は、夜ごと都会の街角や酒場に立ち、その線香花火のようにきらきら燃える眼で男たちの吸う煙草の先に火を移し、わずかなお金をもらって生活していた。
    しかし少女のふかい眼の底には、一点毛のさきで突いたほどの、半透明の真珠母色が油の澱みのようによどんでいた──。

    シニカルなメルヘンチック小品『エピクロスの肋骨』ほか、『撲滅の賦』『錬金術的コント』の三作品を収録したものですが、私が読んだのは福武文庫から出ていた初期小説集。装丁が良いのです。
    この福武文庫刊の本は既に入手不可能なので、古本屋さんか図書館でどうぞ。

  • 【収録作品】
    撲滅の賦/エピクロスの肋骨/錬金術的コント/犬狼都市/陽物神譚/マドンナの真珠/サド侯爵の幻想/哲学小説・エロティック革命 二十一世紀の架空日記/人形塚

  • 「撲滅の賦」「エピクロスの肋骨」「犬狼都市」!

  • 小説…うん
    なんというか、学があれば面白いのかなあと。
    純粋に楽しむには不向きだった。

  • やっぱり「犬狼都市」は良い。何年たってもそれほど感想が変わらない。しかし澁澤が小説で目指した世界っていうのは、他にすぐれた書き手が存在してしまっているので、小説としてイマイチを出ないな、と、やっぱり思ってしまうのでした。

全26件中 1 - 10件を表示

澁澤龍彦初期小説集 (河出文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

澁澤龍彦初期小説集 (河出文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

澁澤龍彦初期小説集 (河出文庫)のKindle版

ツイートする