ハプスブルク帝国 (河出文庫)

  • 46人登録
  • 3.27評価
    • (2)
    • (2)
    • (10)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 加藤雅彦
  • 河出書房新社 (2006年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309408132

ハプスブルク帝国 (河出文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 平易な文章でハプスブルク家の歴史を教科書的に纏めた本。そこには一定の価値はあると思うものの、著者の「想い」あるいは狙いが伝わってこない。
    ベルリンの壁崩壊後のヨーロッパ再統合への動きにハプスブルクの歴史を重ね合わせているような気がするが、兎に角目的のはっきりしない作品。
    敢えて厳しく評価してみました(やはり偉そうか?)。

  • 東欧でも西欧でもなく「中欧」という概念を知ることができる。数百年続いた国家の歴史から、民族の個性、特定の地域の持つ不運な運命などが浮き彫りになる。

  • 『図説ハプスブルク帝国』の文庫版。
    写真が白黒でも、文章主体でOKならこちら。

全4件中 1 - 4件を表示

加藤雅彦の作品

ハプスブルク帝国 (河出文庫)はこんな本です

ツイートする