怪談実話集 (河出文庫)

  • 33人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (9)
    • (3)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 志村有弘
  • 河出書房新社 (2007年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309408569

怪談実話集 (河出文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 古きよき「実話」系。江戸から昭和初期の話が多い。
    作者による創作部分が相当多いので、
    最初からこの方の作品集、と思った方が良いかも。
    やはり、ご本人の体験談が一番面白いです。

  • よくある昔の怪談が多いけど、いくつかは興味深い話も。でもな〜んか時代ものってあんまり怖くないんよなぁ。

  • 近現代の怪談を集めた本。怖さにはかけるかな。古典的な因果応報的な怪談が多い。その土地の記録や伝承的な話が興味深い。

  • 怪談というとホラー、恐い話を連想するが、
    ここに納められている話は恐いというよりは、その名の通り、怪しい話に感じられる。また、多くはその怪しいも、因果応報の結果に思わせるものも多い。

    怪奇譚

  • 5月25日読了。著者の創作ではない、日本に伝わる怪談話を集めた本。江戸の長屋に幽霊が現れたり「うらめしや・・・」と死者が復讐したり、という話が多い。昭和初期なクラシカルなムード漂う話が多く、読んでいて懐かしいような思いにとらわれるが、「怖さ」という点では物足りない。昔の日本には、いつ霊が現れてもおかしくないような、じめっとして人気のない場所が多く存在していたのかも知れんな。

  • 2008年5月9日

全6件中 1 - 6件を表示

志村有弘の作品

怪談実話集 (河出文庫)に関連する談話室の質問

怪談実話集 (河出文庫)はこんな本です

ツイートする