花物語 下 (河出文庫 よ 9-2)

  • 387人登録
  • 3.94評価
    • (22)
    • (24)
    • (19)
    • (2)
    • (1)
  • 19レビュー
著者 : 吉屋信子
  • 河出書房新社 (2009年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309409610

花物語 下 (河出文庫 よ 9-2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 上巻は青い空へふわふわと飛んでいく、虹色のシャボン玉が儚くはじけるような、淡い初恋に破れた乙女たちの物語という印象でした。でも、この下巻は、まるで王子様への恋心を秘めたまま海の泡となって消えた人魚のような、もっと深く深く沈んでいくような哀しい乙女たちの物語との印象を受けました。
    甘く可憐な香りを放ち、可愛らしく色とりどりに咲く花々。けれど、風に吹かれ雨に打たれ、いつかは散ってしまう儚きもの。思うままに生きることが出来なかった、当時の少女たちの秘めたる想いを表すのに、これほど似合う愛おしいものは他にはないだろうと思いました。

  • しずしずと本を胸に抱いて歩くお淑やかさんから、お下げを揺らし袴の裾を翻して掛けてゆくおてんばさん。
    可愛らしい少女ばかりです。

  •  読み慣れたのか、上巻より読み進むのが早い。

     竜胆の花、合歓の花、スイートピーが印象的。

  • 上巻から徐々に妖しさを増した乙女の世界。ただ続けて読んでいるとまったく自然な感情と行動に思えるから不思議。人死にが多すぎる様な気もするけれど、時代的には普通なのか。

  • 中原淳一の挿絵求む

  • ずっと読んでると思わずですわとか言いそうになっちゃう。個人的に。

  • 文章を目で追うだけで楽しい。どっぷりと浸れる美意識の世界に陶然となる。

  • ちょこちょこ割と直球なお話もあって下巻はものすごくそそられる何かがある。どきどき。

  • 資料番号:011098282
    請求記号:F/ヨシヤ

  • 上巻に比べて切ない話の多いことよ…。
    片方が少女から女性に成長すると残酷な結末になるんだな。
    梨の花が儚くて美しくて好きです

全19件中 1 - 10件を表示

花物語 下 (河出文庫 よ 9-2)のその他の作品

花物語 下 (河出文庫) Kindle版 花物語 下 (河出文庫) 吉屋信子

吉屋信子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
中村 明日美子
米澤 穂信
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

花物語 下 (河出文庫 よ 9-2)に関連する談話室の質問

花物語 下 (河出文庫 よ 9-2)に関連するまとめ

花物語 下 (河出文庫 よ 9-2)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする