江戸の都市伝説---怪談奇談集 (河出文庫 し 10-4)

  • 39人登録
  • 3.10評価
    • (0)
    • (3)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 志村有弘
制作 : 志村 有弘 
  • 河出書房新社 (2010年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309410159

江戸の都市伝説---怪談奇談集 (河出文庫 し 10-4)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江戸時代の不思議な話をまとめた一冊。 「耳袋」や「新著聞集」という当時の江戸であった怪奇現象や怖い話しを集めた本などからの抜粋ですが、もっとおどろおどろしい話しが満載かと思ったけど、後半はそうでもなかったかな。

  • 感想未記入

全2件中 1 - 2件を表示

江戸の都市伝説---怪談奇談集 (河出文庫 し 10-4)のその他の作品

志村有弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
井上 雅彦
有効な右矢印 無効な右矢印

江戸の都市伝説---怪談奇談集 (河出文庫 し 10-4)はこんな本です

江戸の都市伝説---怪談奇談集 (河出文庫 し 10-4)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

江戸の都市伝説---怪談奇談集 (河出文庫 し 10-4)を本棚に「積読」で登録しているひと

江戸の都市伝説---怪談奇談集 (河出文庫 し 10-4)の作品紹介

あ、あのこわい話!や、ああ、昔きいた気になる話はこれだったのか-という発見に満ちた、江戸の不思議な都市伝説を収集した決定版。ハーンの題材になった「茶碗の中の顔」、各地に分布する飴買い女の幽霊、ご存じ本所七不思議、都市民俗学テーマの「池袋の女」など、有名なものから珍しいものまで、土地の記憶の収覧。

ツイートする