大坂の陣---豊臣氏を滅ぼしたのは誰か (河出文庫)

  • 16人登録
  • 3.25評価
    • (2)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 相川司
  • 河出書房新社 (2010年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309410500

大坂の陣---豊臣氏を滅ぼしたのは誰か (河出文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 関ヶ原から大阪の陣までの豊臣&徳川の動きを丁寧に追う事で、豊臣氏滅亡の原因を「通説」とは違う点に求めた一作。 xいわゆる「通説」がいかに物語然と整えられているか、史実に見られる各勢力の動きがいかに迷いや葛藤を含んだものであったかがよく伝わってきます。豊臣方の自滅の色が濃い事(特に自分たちのために雇った牢人集が己の首を絞めた)も、種々の文献からはっきりとして行きます。 xただ、あまりにも「家康は義人である」という著者の前提に寄りすぎており、「~だと思う」「~であろう」という記述が目立ち、それ故「家康は腹黒タヌキ」派としては説得力を欠く場面が非常に多い。もう少し家康に対する評価は白紙に近いところから始めても良かったと思い、その点は減点しました。 x

  • 豊臣家滅亡についての流れを著者の視点で考察した本。
    巷で人口膾炙されている話ではなく、こういう視点もあるということは理解できる。

  • 豊家を滅ぼした大悪人として語られるイメージが強い家康公ですが、史実を並べてみると、そうでもなかったということがわかる。いや、そうではないという見方もできる。ということがわかる。
    物事は逆の視点からも見なければ真実を探求するきっかけすらつかめないのだ。
    家康嫌いの人も、このようなものを読むと評価が変わるのではなかろうか。

全3件中 1 - 3件を表示

大坂の陣---豊臣氏を滅ぼしたのは誰か (河出文庫)のその他の作品

大坂の陣 (河出文庫) Kindle版 大坂の陣 (河出文庫) 相川司

相川司の作品

大坂の陣---豊臣氏を滅ぼしたのは誰か (河出文庫)はこんな本です

大坂の陣---豊臣氏を滅ぼしたのは誰か (河出文庫)を本棚に登録しているひと

大坂の陣---豊臣氏を滅ぼしたのは誰か (河出文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大坂の陣---豊臣氏を滅ぼしたのは誰か (河出文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大坂の陣---豊臣氏を滅ぼしたのは誰か (河出文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする