年収200万円のハッピー生活術 (河出文庫)

  • 19人登録
  • 2.70評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 松原惇子
  • 河出書房新社 (2011年2月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309410647

年収200万円のハッピー生活術 (河出文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現実的なお言葉がよかった
    どこかに依存せず自立する力が必要だ

  • 自分にとっての幸せ、ろうごのために今からできることをかんがえさせられた。

  • この本の説明に、『年収200万円でも充実した生活を送れる方法を伝授します。前向きな人生を送るきっかけとなる1冊!』
    とありましたが、私はこの本を読んでハッピーになるどころか、不安を感じました。
    賃貸と分譲ではどちらが得ですか?という問いに、そういう事を論じるのはナンセンスとしながら、家賃ゼロ生活、ローンゼロ生活を目標にしようとか。
    習い事を極めて月謝をもらえる人になろうとか。
    資格をとるなら薬剤師とか。
    北海道なら月15万円で暮らせるとか。
    個人的にはつっこみどころまんさいの内容でした。

    また「お金がないからみじめはおかしい」とか、「貧乏はあなたをクリエイティブにする」とか確かに前向きなタイトルがずらっと並んでますが、実際に内容を読むと全く説得力がありません。

    それと言葉の端々に、既婚女性を意識した言い回しが多いのも気になりました。
    作者は独身で自活されている方なので、その目線で書かれているからだと思います。
    起業したり、自活している女性のための本という感じがしました。

  • そんなに文字数も多くなく、1日で読了。
    老後が気になる今日この頃。

    色々と新しい情報をget
    ★一般には持ち家+2000万あれば何とかなる。と思っている人が多いらしい。
    ★独身はもちろんのこと、結婚してようが一人で生きているつもりでいるべき。
    ★持ち家を持つべき
    ★死んだら葬儀ほか全て含めて最低200万位はかかる。
    (葬儀なしでも50万ほどはかかる)

    などなど。

    私も今後の人生に向けて色々と見直さなければ。と思った。(単純^^;)

全4件中 1 - 4件を表示

松原惇子の作品

年収200万円のハッピー生活術 (河出文庫)はこんな本です

年収200万円のハッピー生活術 (河出文庫)を本棚に登録しているひと

年収200万円のハッピー生活術 (河出文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

年収200万円のハッピー生活術 (河出文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

年収200万円のハッピー生活術 (河出文庫)のKindle版

ツイートする