食いしん坊 (河出文庫)

  • 29人登録
  • 4.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 小島政二郎
  • 河出書房新社 (2011年7月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309410920

食いしん坊 (河出文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 泉鏡花、芥川龍之介、菊池寛など多士済々の文人との食にまつわる交友録が興味深く綴られています。ご本人が甘い物好きだったせいか、お菓子の話が多いですが、お酒に関する話題も豊富です。また、ウナギの話が愉快で、空腹時に本書を読むのはあまりお勧めできません。
    河出文庫はこういう隠れた逸品を復刊してくれるのでありがたい。

  • 「眼中の人」小島政二郎の食べ物エッセイ。小島絶賛の和菓子の鶴屋八幡も鰻の小満津もまだ現存している。ちょくちょく顔を出す大正、昭和の作家たちとの交流が興味深い。育ちのよさが滲み出る嫌味のない文章がいい。

全2件中 1 - 2件を表示

小島政二郎の作品

食いしん坊 (河出文庫)はこんな本です

食いしん坊 (河出文庫)の作品紹介

無類の食道楽小島政二郎は、うまい物に身も心も捧げた稀代の食通であった。納屋橋饅頭、麩嘉の笹巻き、名古屋流スキ焼、黄肌の鳥、桐正宗、ももんじ豊田屋といった逸話から、隠れた銘店、名も知れぬ小店の頑固親父のこだわりまで。鏡花、芥川、魯山人…といった文人との食の想い出に到る、味の文壇交友録。

食いしん坊 (河出文庫)のKindle版

ツイートする