人生作法入門 (河出文庫)

  • 44人登録
  • 3.64評価
    • (2)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 山口瞳
  • 河出書房新社 (2011年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309411101

人生作法入門 (河出文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 山口瞳。ちょっとこだわりがあって、そのこだわりはそれほど窮屈でないので、なかなかリラックスできるのだが、いつもすっきりと書いているところが好きで、とくに文章の終わり方がいいと思っている作家である。本書は、わりと柔らかく、なかなか楽しめた。

  • どんな人か知らず、読み始め。
    確か角田光代の書評本に出てきたから。
    女性かと思ったら、違和感があって、誤りに気がついた。

    大きな絨毯を買ったから、敷けるような居間がある家しか住めなくなったとかそういう話にほんのり。
    そして女性のセーター姿はいいというのにも激しく同意。胸のところが張りつめてるとなおいいよねと語りたくなる。

  • この作者は怒っている。
    「平和そのものが、重く重く伸し掛かり、悪い感じて私の周辺をとりかこんでいる」ことに。
    常識を知らない若者に。
    粋でないものに。
    その怒り方、お話が、読んでいて、なるほど・・・と
    思わせられるのが、山口瞳さんのすごいところだなぁ。
    と、思わせられる。
    茶目っ気もある。ユーモアもある。
    読んでいて、文章の妙味に酔いしれる。

    向田邦子さんとのエピソードも、いきいきとしてすばらしい。
    「山口さん、わたし、もう駄目なの。遊んでばっかりいるの」
    そう、そっと体を寄せて、耳許で囁いたという邦子さんは、
    読者の知らない向田邦子さんの姿でもあり、
    そんな弱音ともとれる一言を言わせる山口さんの信頼できる
    お人柄なのだろうと感じられた。

  • 解説・中野朗

  • タイトルがいかにもナンだが、別に人生論の本ではなく、山口瞳の単行本未収録エッセイを収めた本。本にまとまった比較的手に入り易い山口瞳のエッセイをあらかた読んでしまった自分には有り難いが、寄せ集め感はあるなあ。というより、なぜ初出の記載が一切ないのかそれが大いに不満。河出文庫たるものなにをやっておるのか。

  • 20111105 自分に疑問をもった時に読みたくなる。生き方の一つの基準。

全6件中 1 - 6件を表示

山口瞳の作品

人生作法入門 (河出文庫)はこんな本です

人生作法入門 (河出文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人生作法入門 (河出文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人生作法入門 (河出文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする