計画と無計画のあいだ: 「自由が丘のほがらかな出版社」の話 (河出文庫)

  • 144人登録
  • 3.70評価
    • (7)
    • (11)
    • (14)
    • (0)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 三島邦弘
  • 河出書房新社 (2014年8月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309413075

計画と無計画のあいだ: 「自由が丘のほがらかな出版社」の話 (河出文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 祝文庫化!

    河出書房新社のPR
    http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309413075/

  • 計画はない、しかし自己陶酔は強い人だ。
    スタッフをキャラ付けして大したことでもないのに囃し立てる様子はとにかくサブい。

    直取引はまっとうだし、今後のスタンダードになっていくだろうけど。
    理念に関しては、ビジネスパーソンとしては、革新志向の人にとっては当たり前といえば当たり前の内容。
    ただ、都築響一の方が心に残る。

    逆に、実践的なハウツーのほうが興味がある。円卓でのMTGなど。

  • 無法者ばかりの出版社、ミシマ社。
    ここには、あるべき、新しい出版社の姿がある。

    本を作り、それを届ける。
    そして、そこに幸せがある。
    そして、その幸せがひとつ、またひとつ。

    信念と情熱と愛情、たったそれだけ。
    それが、この小さな出版社を今日も動かしている。

  • 読了。星5にした。良かった。途中何度も、自分も今の仕事を頑張ろうと思った。平川克美の小商いのすすめに紹介されており、自分の本棚で見つけて読んだ。積んどくしてて良かったと、ほおっぺたが、ぽっと赤く(見た目は、ドス黒く(地黒なので、...。))なったのがわかった。

  • まずタイトルに惹かれて手に取り、まだ半分くらいで途中ですが、面白く読んでます。
    昔何気なく読んだ『街場の中国論』も、たくさんの人の熱意で私の手元に来たんだとわかり、胸が熱くなりました。
    読み返そうと思いました。
    少し気持ちの視点が変わり、元気もらってます。

  • ―――力を未来へ向けてやるだけで、自分の中の世界の扉はパッと開く―――

    年間6冊ほどの新刊だけで、6~8人の社員とともに、なんとか会社を維持し続けられているのはなぜか?
    代表はエクセルが使えない、営業は領収書の切り方がわからない…
    会社は、働くということは、ノウハウ以上に大切なことがある

    ミシマ社のコーヒーと一冊シリーズがだいすきです

  • おもしろかった!
    特に後半。
    ブンダン主義。

    良い言葉もたくさんあった。

    読んでよかった〜。

  • 好きな出版社が3社目できた。
    それが、ミシマ社だ。

    以前から注目していた出版社は、今年40周年の「本の雑誌」
    そして、もう1社は沖縄の地元出版社「ボーダーインク」

    その3社に共通してる点が多い。
    まず、少人数でガンバっていること。
    少人数だから出来ることにチャレンジしている。
    たとえば、本の雑誌は、表紙の後の初めのページに書店とか気になる作家の本棚をカラーで載せている。
    これも値段が高くなる要因になって毎月は厳しいだろうなあと思ったら、毎月継続しているし、
    毎年の1月号のベスト10は座談会方式で皆でお勧め本を持ち寄り、その場で、なんとなく決めている。

    一方、本書のミシマ社。
    創業当時、まだ会社の基本的コンテンツが無い時期に
    静岡県の三島駅近くでアポなしでその場で宿を探して、
    社員一同の企画合宿を行った。
    そのときに出た企画が、現在も続いているコンテンツで
    ミシマ通信(みんなのミシマガジン)だ。
    みんなのミシマガジンは、毎日1項目更新している。
    サポータ費により皆で支えて運営しているウェブ雑誌。

    とにかく、3社とも、現在のネット環境を最大限に活用して、フェイスブック、ホームページで面白いコンテンツ満載でがんばっている。

    これからもミシマ社、他2社の出版社は目が離せない状況になりそうだ。

  • 久しぶりにあっという間の読破。


    同じ直感タイプの方の文章なので
    どんどん脳ミソに浸透する感覚が
    気持ち良かった。


    果たして僕は何をするのだろうか。

    なんでもいいや。

    とかく、この本と出逢えて楽しかった。


    適切な自己中心性、ここに素直に。

  • 「おもしろい会社がある」と教えてもらって、興味を持って手にとった一冊。自分にはあまりなじみのない、出版業界に思いを大切に新しいアプローチで取り組んでいることが伝わってくる一冊でした。ただ、自分が合流したいかと言われるとそうでもないかな、とか。なくならねばならない分野の仕事をその方式で頑張れば頑張るほど、その仕事の延命に加担していることになるっていう部分は共感しました。なかなか自分のやってきたことを全部否定して次に行くっていうのは勇気がいるし、そこまで大きな視野で見ることもできないかなと。

全16件中 1 - 10件を表示

三島邦弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
木村俊介
エラ・フランシス...
ヴィクトール・E...
又吉 直樹
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

計画と無計画のあいだ: 「自由が丘のほがらかな出版社」の話 (河出文庫)はこんな本です

計画と無計画のあいだ: 「自由が丘のほがらかな出版社」の話 (河出文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

計画と無計画のあいだ: 「自由が丘のほがらかな出版社」の話 (河出文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

計画と無計画のあいだ: 「自由が丘のほがらかな出版社」の話 (河出文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする