王国 (河出文庫 な)

  • 781人登録
  • 3.45評価
    • (26)
    • (77)
    • (94)
    • (19)
    • (5)
  • 80レビュー
著者 : 中村文則
  • 河出書房新社 (2015年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309413600

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
西 加奈子
ピエール ルメー...
伊坂 幸太郎
中村 文則
中村 文則
又吉 直樹
中村 文則
有効な右矢印 無効な右矢印

王国 (河出文庫 な)の感想・レビュー・書評

  • 掏摸のアナザーストーリーらしいが、個人的には全く期待ハズレのモノだった。

    まず、前作の主人公だった人間が結局は何も絡んでこなかったのは非常に不満が残る。
    また前作で脇役だった親子を登場させても面白かったはず。
    そして尻切れトンボに終わった木崎のグロさをもっと表現するべきだったと思う。

    それだけでなく今回新たに登場した主人公も、結局は何をしたかったのか判らないまま終わった感もあるし…

    前作がスリリングな秀作だっただけに余計に残念…

  • 『掏摸』の兄妹編ということで手に取った本。
    前作に引き続き『木崎』が登場する。

    うーん、どうも『掏摸』ほどのめり込まなかったかなぁ…

    前作のようなスリをするスピード感+ハラハラするシーンも無く…
    木崎の存在も前作よりスケールダウンした感があり、というかコイツ何したいねんとい感じも否めず…

    なんとなく全体的に漂う中二病感もあんまり受け入れられず…
    全体的に、ストーリー自体が薄っぺらく感じた。

    中村さんと期待してしまっただけに、ちょっと残念だったかな。
    そこそこ高いレビューにもイマイチ賛同できずでしたm(__)m

    <印象に残った言葉>
    ・ この世界には、使い古され、誰もが心地いい言葉が溢れていて、わたしのような人間を苦しめる。大勢が頷ける言葉は、その言葉に頷けない者達を、疎外感によって苦しめることがある。大勢の頷ける言葉に、全ての人間が頷けるわけじゃない。(P132・ユリカ)

  • 話の筋、解釈はどうでもよく思える。これは緊迫を味わう、生きることの緊迫を感じるための作品なのだ。

  • 男を誑かし、奪い、決して奪われない、裏稼業の女。
    抗えないはずの大きな流れの中、彼女だけにできる戦い方で何度も何度もスリリングに窮地をすり抜け、裏切り、裏切りの先にある熱に浮かれる。
    神の役を振られた木崎と
    たった2%を掴んだ彼と
    濡れた黒
    妖しく照らす月。

  • この内容に感情移入してはいけないとわかっていながら木崎に屈服しない強靭さをユリカに求めていた自分がいます。中村氏のノワールな世界に近頃取り込まれっぱなしです。

  • わたしは、ベッドから出、バッグの二重底の部分に手を入れて拳銃をつかむ。息をきらしながら、木崎に銃口を向ける。

    「・・・・ほう」
    「わたしは本当に撃つ。言うとおりにして。」
    「早くして。わたしは気が短いの。」
    「・・・・お前は撃たない。」
    「わたしは撃つ。もう撃つ。」
    「・・・・やるならやってみろ。」

    木崎が笑う。

    「お前が引き金を引いた時、お前が今どういう世界にいるかがわかるだろう」

    胸が圧迫され、何かが喉に込み上げる。
    自分の全てがが、引き金に吸い寄せれれていた。
    わたしは肩に力を入れ、引き金を引いた。
    乾いた音がし、視界が揺らぐ。
    弾がはいっていない。

    気が付くと、背後からわたしの頭部に銃口が向けれれている。

  • 「掏摸」でもラスボスだった木崎。ユリカ生き延びて良かった。と思わせるほど魅力的だった。

  • 卑猥なネオン、世界を馬鹿にする光。夜は人の欲望を具現化する。内面にしまい込んだ欲望の解放を、夜は人に許す。

  • 木崎さんシリーズ(ちょっと違う)。
    兄妹作との邂逅部分で滾った。
    木崎さんが好きです。

  • 中村文則の著作を読むのは初めて。

    本作は裏の世界の住人の話。
    温度感は基本的に冷たく性的に熱い。
    生への執着というテーマが一貫して描かれていると感じた。

  • 教団Xと同様、欲求を経由しながら、ひとの本質に迫ってくる、迫られてくる感がある。掏摸も読まないと。

  • 著者の「掏摸」を読んだので、姉妹篇のこちらも手を出した。

    木崎と矢田の間で、逃げ惑う主人公。木崎の方が絶対悪。主人公は生きることにさほど執着があるか訳はないが。

    結構ハラハラしたけど、宗教論とか色々余計な格好つけ過ぎな気がする。
    チョっとの手違いで木崎の王国が崩壊するとか、木崎が死んでしまうんだったら、カタストロフィーもあったかな。
    終盤はあまり予想と違う処も少なかった。

    ノワールはまあ、もういいかな。

  • 『掏摸』に続き、文則作品二作目。掏摸と同じ世界観。姉妹作。木崎を軸に、今回は女性(娼婦)が主人公。今作も勿論面白かったけど、前作の方がハードボイルド感もあって好きだなぁ。追い続けたい作家の一人。

  • 掏摸の姉妹編ということで読んだ。やや深みが足りない嫌いはあるものの完成度は高い。掏摸のような、ブレッソンの映画を文字にするとこんな感じか、という楽しみはないが、それはそれとして楽しめる。そんな作品。

  • 2016年、47冊目です。

    ここ1年の間に、4,5冊の中村文則作品を読んだ。初めて読んだ作品が、「掏摸」でした。今回読んだこの「王国」という作品は、その姉妹作という位置づけです。
    主人公の女性がその心と生き様のすべてを支配されていく感覚で、物語が進んでいきます。
    なぜ、ここ最近中村文則の作品を読んだのかな?
    この数日間、何冊かの本を読みながらふと頭に浮かんだことは、
    物語の最後は、救いや再生や癒しが必要なのか?という考えです。
    ほとんどすべての書物(少なくとも書店で人の目に触れる場所の並んでいるもの)んは、救われる、感動、涙腺崩壊、癒し、再生の物語といった帯がついています。
    「この物語には、なんの救いもありません、人間の再生など描かれていません」と書かれているものがないです。
    多くの人に、再生と救済の物語がくっついた人生があるのでしょうか?
    たぶんそんには、ないでしょう。
    無いというか、あるのかないのかといった思考をすることもなく、苦痛や病、老いの中にいる自分と向き合って、ただ生きているというのが多くの人の人生にも思える。
    この中村文則の作品には、ほとんど再生する人や救済される対象が見当たりません。
    描かれている情景は、かなり非現実的な世界ですが、人はそう簡単に、再生したり癒されたり救われたりしないという視点での人間描写は、肯定される面があると感じます。そこに、共感を感じる人が、彼の物語に惹かれるのではと感じました。

  •  『掏摸』で感じたヒリヒリとした緊迫感があった。ノワール小説にありがちな無駄な命のやりとりではなく、ながらえる命に意味を求める求道者の様な、どこかせつなくもある。

  • 定価470円 ⇨ 310円[Book OFF]
    本来なら!¥108 しか買わないんだけど、まぁ?いいかぁ?途中まで読む。テンポ良くどんどん読み進めるのスピード感。「 しかし、お前の命に対する執着は呆れるものがあった。お前は面白い。その執着に免じてやる。」
    <2016.8.11 読了>

  • 「掏摸」の姉妹編。今回は、前回から引き続き登場する悪の象徴・木崎の言う楽しみが分かる気がした。中村文則さんの作品は、それほど読後感が目立ってよいわけでもなく、しかしなんだか読んでしまう。作品の魅力というより、魔力のようなものかもしれない。

  • シリーズの「掏摸」と比べて、絶対悪である木崎が小者に感じられるのが残念。
    日本を(あるいは世界を)思うまま操ろうとする男が些細な事柄に顔を出しすぎていて、リアリティを完全に失っている。

    世の中の大きな流れは、「全体」が見えないまま「部分」の集合と歯車の中で動いていると思う。「掏摸」では、だけどもしかしたら神のような存在がいたら面白いと思わされたが、本作ではそんなのはあり得ないと感じてしまった。

    ただ、主人公の価値観の変化と生き方や考え方がよく描かれていたので人間ドラマとしては楽しめた。

  • 「掏摸」に引き続き早速読んだ。

    ”同情心で涙を流しながら残忍なことをすることに興奮を覚える”という木崎の感覚。
    人間とは思えないような悲惨な事件を起こす人の心情にはこういう化け物みたいなのが宿っているのかもしれない。私は、どんなことでも想像力を働かせることが大切で、少なくとも殺人を犯す人はその目の前の人の気持ちを全く想像出来ていない(それどころじゃなくなってる)と思ってきたけれど、それさえも超越した化け物はいるのだろうなと思った。

    2章の最後の場面、なんだか安心した。

  • スリの衝撃よりはマイルドな読後感。こういう世界があるのはわかるが、現実感がなかった

  • キザなアンモラル小説、という雰囲気。読みやすかったけれど、テーマの割に人間の生々しさのようなリアリティーがイマイチ伝わってこなくて、ストンとは落ちてこなかった。姉妹小説の『掏摸』の内容も読んだはずなのにほとんど覚えてなくて、同じ人物が出てきてもピンとこなかった。

  • 娼婦のフリをして有力者の弱みを握る(作り出す)女と、それを取り巻く闇社会の話。

    ---------------------------

    木崎は誰の命でも操れる神のような存在なのに、簡単に出てき過ぎなのでは?と思いながら読んだ。シリアスな場面なのに少し笑えた。ちょっとあんた遊び過ぎだろう、と。

    どうなのかな。本当にこういう裏の世界とか闇社会みたいな場所があるのかな。
    わからないけど、普通に暮らしてる分には覗き見すことはできないんだろうけど、ふとしたきっかけで一般のひともその存在を知ったりするのかもしれない。パナマ文章でばれちゃった有力者たちのタックスヘイブン利用みたいに。

    もっといえば、一般のひとは木崎みたいな裏の世界の神に操作されてても気づかないから、知らないうちに繋がっているのかもしれないな。それを知らされてもいい気持ちはしない。

  • 掏摸の続きとの事だけど、別物と読んでも問題なし。
    女性が主人公だし、なんか掏摸よりは引き込まれた(^-^)/

  • 『それは、この世界が元々そういうものだからだよ。あるのは容赦のない無造作な選択だけだ。

    なぜ自分なのだ?

    遥か昔から、世界中で人間達が口に出してきた言葉だ。

    ……この世を最も楽しんでいるのは神だ。もし神がいればの話だが。

    それぞれの人生が乱発する悪や善の連続を、神は食しながら悶える。善人や子供がバタバタ死んでいくこの世界の神が、人間が考えるような甘っちょろい存在であるわけがないだろう。』

    『掏摸』に続く名作。めっちゃ面白かった。

全80件中 1 - 25件を表示

王国 (河出文庫 な)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

王国 (河出文庫 な)の作品紹介

お前は運命を信じるか?  ――組織によって選ばれた「社会的要人」の弱みを人工的に作る女、ユリカ。ある日、彼女は出会ってしまった、最悪の男に。世界中で翻訳・絶賛されたベストセラー『掏摸(スリ)』の兄妹編!

ツイートする