吉原という異界 (河出文庫)

  • 54人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 塩見鮮一郎
  • 河出書房新社 (2015年10月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309414102

吉原という異界 (河出文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 吉原の誕生から、その推移を明治の始めごろまで書いている。風俗として知りたい方には物足りないのかもしれないけど、これだけ歴史的推移と、地理的推移と、その身分制度に焦点をあてているのは他にないのでは。
    あえて文化的な意義や、人道的な考察から距離を置いているのも好ましい。

  • ・吉原に関する本を少しだけ読んだことがある。それらは、たぶん、新吉原についてのものであつた。誰もが知る淺草の吉原である。塩見鮮一郎「吉原という異界」(河出文庫)は 日本橋にあつた元吉原についても書いてある。いや、それ以前も書いてある。ごく大雑把に言つてしまへば、本書は家康江戸入府以来の廓の変遷史である。だか ら新吉原だけで話は、いや本書は終はれない。専門書を捜せばかういふ内容の書は必ずあると思ふのだが、何しろ本書は文庫本である。手軽である。気軽に読め る。著者は小説家であるが、車善七や弾左衛門関連の著作も多い。被差別民の扱ひには慣れてゐる。その意味で、吉原、いや傾城町変遷史を書くのに最適の人で はないかと思ふ。
    ・本書で最も印象に残つた一文、「『吉原』という命名は、おもては『葭原』かもしれないが、本意は庄司甚右衛門らの出身地の静岡県の吉原市の可能性はけっこうたかい。」(155~156頁)普通は、あたりに葭(葦)が生ひ茂つてゐたところから吉原だと説明される。そもそもの京橋からしてもとは「葦沼の汐入 り」(31頁)だつたらしい。葭が生い茂つてゐたのである。その後間もなく、これは「いまの人形町のところに移転し(中略)すでに『よし原町』と呼ばれていた。」(34頁)といふ。ここもまた「葦沼の谷地」(35頁)であつたらしい。これが後に人形町の吉原になつていく。淺草の新吉原に対して元吉原である。ここは葦沼だつた。しかし、だから葭原=吉原であるとは単純に言へない事情が実はある。この時総名主となつた庄司甚右衛門は、「慶長の初めのころ、駿河の吉原宿、いまの富士市吉原で遊女屋をかねた宿屋をやっていた。江戸のめざましい発展を耳にして、二十五人の仲間とともに」(傍点省略、43頁)やつてきて、最終的に人形町に落ち着いたらしい。それゆゑに「かれらの出自の故郷の名を遊郭に冠した。」(44頁)といふのが吉原の名の起こりであるといふ。甚右衛門は京橋にも関係してゐたらしいので、これもまたこの説明の吉原になるらしい。つまり、吉原はもともと地名だつたのである。そこにたまたま葭が茂つてゐたから葭原説も生まれたのである。私には著者の故郷地名借用説の当否を判断することはできないが、傾城町吉原を考へるうへでこれは大きなポイントになると思はれる。この40年後に移転する新吉原もまた寂しい場所であつた。日本堤辺りは葭が生ひ茂つてゐたわけではなささうだが、人形町とは比ぶべくもない僻地であつた。これが後の私達が歌舞伎等で知る吉原になつていくのである。本書はこの変貌の様を描く。遊女数なども記してある。地図等も豊富である。それらは現在の主な駅等と重ねて書いてあるので、現地を知つてゐる人にはどの辺りかと見当がつけられようし、その変貌の様も思ひ浮かべられよう。私はといふと、 そんな地図を見て、今まで気づかずにきたことがあるのを知つた。弾左衛門と車善七である。これまで見てきた吉原の地図は正に吉原の地図であつた。周辺省略である。ところが本書の地図を見ると,善七がお歯黒どぶのすぐ横にゐるではないか。弾左衛門は待乳山聖天の近くである。所謂被差別民は辺鄙な地に追いやられてゐたに違ひないから、傾城町もまたさういふ扱ひであつたといふことであらう。だからこそ、時の権力の意に従つて居所を変へざるを得なくなり、元吉原から新吉原への移転も行はれた。幕末維新後もさういふ中で動いてきた。当然といへば当然のこと、本書はそれをきちんと描く。被差別民がここにゐたのも、移転前からゐたといふだけではないと知れる。そんなことにも気がついた。本書はそんな書であつた。

全2件中 1 - 2件を表示

塩見鮮一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ホルヘ・ルイス ...
江戸川 乱歩
ピエール ルメー...
山内 マリコ
三浦 しをん
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

吉原という異界 (河出文庫)はこんな本です

吉原という異界 (河出文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

吉原という異界 (河出文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

吉原という異界 (河出文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする