悲の器―高橋和巳コレクション〈1〉 (河出文庫)

  • 72人登録
  • 3.90評価
    • (6)
    • (7)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 高橋和巳
  • 河出書房新社 (1996年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (549ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309420011

悲の器―高橋和巳コレクション〈1〉 (河出文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 70年代間違いなく学生達に大きな影響を与えた作家の一人でしょう。夭折した為忘れ去られつつあることが残念です。そんな作家を引っ張り出すことも当本棚の使命・・・なんちゃって。

  • 高橋和巳の文壇デビュー作。『邪宗門』が面白かったので買ってみた。
    解説によると、執筆当時の著者は20代後半だったそうで、『邪宗門』と比べると文体にはやや固さが残る。論文っぽいとでも言えばいいのか……。ただ、その『論文っぽさ』が、『地位も名誉もある大学教授が起こした下半身絡みのスキャンダル』という週刊誌的なストーリーと絡み合った時にユニークな効果を発揮しているように思う。

    さて、これで高橋和巳を読んだのは2作目。『邪宗門』が河出文庫に入ったとは言え、果たして自分のような新たな読者を得られるかどうかは不安に思っている……。

  • (間借りです)
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    「悲の器」高橋和巳著、講談社文庫、1972.06.15
    p548 ¥260 (1979.08.11読了)(1975.08.17購入)
    *本の表紙より*
    人間の矮小劣弱な欲望を一切拒否し、自ら歩む孤立と破滅への道―ひたすら観念の世界に生きた結果、人間世界から脱落してゆく刑法学者・正木典膳の悲劇を通して、愛と理性とのせめぎあいを追求。常に現代的主題と取り組み、その主人公たちと同様解体して逝った著者最初の力作。

    【目次】
    悲の器
    解説  渡辺広士
    年譜

    ☆高橋和巳さんの本(既読)
    「我が心は石にあらず」高橋和巳著、新潮文庫、1971.06.21
    「邪宗門(上)」高橋和巳著、講談社文庫、1972.04.15
    「邪宗門(下)」高橋和巳著、講談社文庫、1972.05.15
    「黄昏の橋」高橋和巳著、新潮文庫、1975.10.30

  • もう今は、あまり読む人もいないんだろうなあ。。。

  •  全体に流れる性階級制度、及び、そしてそれをしごく妥当として読むだろうある種の人々の想像が、僕にして頁をなかなか正視に耐えなくさせた。けれど物語としてめちゃくちゃおもしろかった。星五つ。1.4-11.

  • 読んだのは高橋和巳全小説の3だったのですがレビューを書くところが無いのでここに書いておきます。次は高橋たか子さんを読まないといけないのか。

全8件中 1 - 8件を表示

高橋和巳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ドストエフスキー
村上 春樹
遠藤 周作
ドストエフスキー
梶井 基次郎
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

悲の器―高橋和巳コレクション〈1〉 (河出文庫)はこんな本です

悲の器―高橋和巳コレクション〈1〉 (河出文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

悲の器―高橋和巳コレクション〈1〉 (河出文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悲の器―高橋和巳コレクション〈1〉 (河出文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

悲の器―高橋和巳コレクション〈1〉 (河出文庫)の作品紹介

特製限定本

悲の器―高橋和巳コレクション〈1〉 (河出文庫)のKindle版

ツイートする