我が心は石にあらず―高橋和巳コレクション〈8〉 (河出文庫)

  • 34人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (4)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 川西 政明 
  • 河出書房新社 (1996年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (390ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309420097

我が心は石にあらず―高橋和巳コレクション〈8〉 (河出文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 生々しい人間の生を描きながら、弱きを助く組合活動を描く。自戒のできない人間が、弱者の集合体である組合をリードできるのか。その建て前と表裏する弱さが小説の醸す葛藤である。

    よく先生である前に人間である、というような表現があるが、これらは完全に間違いである。人間組織を代表する役目についた役職者が、それ以前の生々しい人間である事を優先したいなら、直ぐにでも、その役をおりるべきだ。そして組織におけるルールは、そのような事を規定しておくべきである。

全1件中 1 - 1件を表示

高橋和巳の作品

我が心は石にあらず―高橋和巳コレクション〈8〉 (河出文庫)はこんな本です

我が心は石にあらず―高橋和巳コレクション〈8〉 (河出文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

我が心は石にあらず―高橋和巳コレクション〈8〉 (河出文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

我が心は石にあらず―高橋和巳コレクション〈8〉 (河出文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

我が心は石にあらず―高橋和巳コレクション〈8〉 (河出文庫)の作品紹介

会社のエリートとして、組合のリーダーとして、また家庭人として、日々を真摯に生きる"私"がめぐりあった愛。一方、時代は高度成長期に入り、組合と経営の関係は緊迫して行く…。戦後という変化の時代を背景に、愛を凝視し、志の可能性を深く問いつめた高橋文学の金字塔。

ツイートする