水の墓碑銘 (河出文庫)

  • 29人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 柿沼 瑛子 
  • 河出書房新社 (1991年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309460895

水の墓碑銘 (河出文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夫婦関係を軸としたサスペンス小説。
    主人公の飼っているカタツムリと、主人公の不気味さが強くシンクロしている。ラストはある種の破滅を暗喩しているが、実際のところ、主人公の『勝ち』ではないか……という薄ら寒さが残るところも秀逸。

  • ハイスミスというとカタツムリが思い浮かぶが、ここでもヌラヌラとしていた。

  •  資産家の息子ヴィグは、浮気性の妻の恋人を溺死させてしまう…。

     ヴィグは、一応常識人で人望も厚い。反対に、妻は自己中心的で奔放。ゆえに、地域の中でヴィグが受け入れられているのに対して、妻はちょっと浮いてる。
     この浮いてる加減が微妙。
     そして、社交界的な地域のコミュニティーが二人をさらに追い込んでいく。

     物語はヴィグの主観で進んでいく。ここがポイント。
     中で、妻に「精神病だ」みたいになじられるんだが、考えてみたら確かにそうなのだ。人のいいふりをしているけど、実際はどっか捩れてる、歪んでいる。それなのに、彼が主観だから、その部分が曖昧になっている。
     上手いよ、ハイスミス。
     
     結局は、大人になりきれない、自我のない、夫婦の悲劇なんだけど、とても映像的で、それこそヒッチコックの映画のようで面白かった。
     それにしても、人間の執着心(夫は妻に、妻は夫の資産に、執着していたわけだ)って悲劇の源ですな。

全4件中 1 - 4件を表示

パトリシア・ハイスミスの作品

ツイートする