美徳の不幸 (河出文庫―マルキ・ド・サド選集)

  • 233人登録
  • 3.44評価
    • (13)
    • (16)
    • (51)
    • (3)
    • (1)
  • 20レビュー
  • 河出書房新社 (1992年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309461182

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ポーリーヌ・レア...
三島 由紀夫
谷崎 潤一郎
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

美徳の不幸 (河出文庫―マルキ・ド・サド選集)の感想・レビュー・書評

  •  妹ジュスティーヌの物語。美徳に生きると決心したジュスティーヌがその美徳のためにさまざまな不幸に見舞われる。自然そのものが悪であるので、美徳に生きることは自然にそむいて生きていくことである。自然にそむいて生きていくので、さまざまな不幸に見舞われるのであると。

  • この作品に、もっと早く出会いたかった。
    悪徳と美徳の境界を突き詰めた文学の歴史が、
    その輪郭がようやく一つの線で繋がり始めた。
    サド、バルザック、ドストエフスキー、ゾラ、
    フォークナー、ガルシアマルケス、大江健三郎。

    2012-05-13 06:01:00 Twitterより

  • 悪徳の不幸はおねえちゃんの話。美徳の不幸は妹の話。

  • 善いことをすればするほどひどい目にあって、ボロボロになっていく女の人の話し。

    しかしよくまぁ次から次にひどい目に合うことか。
    それでも現代人のほうがおそらくはるかにもっと残忍で、いやらしい責め苦を思いつくような気がする。当時画期的であったものでもいまや古典的、刺激の足りないものとなっているような…

    自然の秩序と称されて、強者による弱者の支配が語られる。作者は逆説的にそれに反発しているようなのだが強者の繁栄、弱者の衰亡が読者の脳に張り付くのではないかと憂慮される。登場人物の一人が語っていたように、人生は善か悪かの二者択一ではなくて、その場その時の身の処し方次第なのだろう。

    特に力のないものは曲がりくねった細い細い崖っぷちの道を歩くような注意が必要なんだと思った。ボケ~としてたらヤバイんだろうな。

    Mahalo

  • 悪徳の栄えよりも面白かった。清々しいくらい悪が勝って、美徳が負ける。

  • 「いいこと。あんたは天の罰とか死後の報いとかいうけれど、そんなものはみんな、あたしたちが学校を出たとたんに忘れてしまえばいいものなのよ」

  • うふふ。ほんと可哀想。

  • ジュスティーヌは微妙だった。美徳の人の不幸のみの話って感じだからかな

  • ジュスティーヌとジュリエットの物語は3つの版があり、これは一番最初に書かれた本の全訳。美徳を信じ、その道徳観を曲げずに生きてきた為に経験した艱難辛苦の物語を、出逢った伯爵夫人に語る。伯爵夫人が姉のジュリエットだと解り、やっとジュスティーヌにも幸福が訪れるが、雷に打たれて死んでしまう(この本では室内で雷に打たれる)。それを見たジュリエットは神が自分の不品行を悔悟させ、神の御胸に走らせる為だと悟り、修道院に身を投じる。真の幸福は美徳にあり地上で迫害される者は甘美な報いを天国で受ける為、とサドが結ぶ、教訓物語。
    『新ジュスティーヌ』より『ジェローム神父の物語』を併録。

  • [ 内容 ]
    サドの代表的著作、ジュリエットの物語『悪徳の栄え』と対をなす妹ジュスティーヌの物語には三つのバージョンが残存している。
    本書はその最初の版である「原ジュスティーヌ」とでも称すべき中篇である。
    バスティーユ牢獄中にて書かれ、革命のどさくさに粉れて紛失され、100年ののちに陽の目をみた本書はサドの思索のエッセンスが凝縮された異色作である。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 中学生の時読みましたが、非常に退屈です。Hなページだけを読んで後は読み飛ばしました。困った本の筆頭です。

  • なんとなく秋の深夜に読む本のイメージ。

  • サドの代表的著作、ジュリエットの物語『悪徳の栄え』と対をなす妹ジュスティーヌの物語には三つのバージョンが残存している。本書はその最初の版である「原ジュスティーヌ」とでも称すべき中篇である。バスティーユ牢獄中にて書かれ、革命のどさくさに粉れて紛失され、100年ののちに陽の目をみた本書はサドの思索のエッセンスが凝縮された異色作である。

  • 『悪徳の栄え』がジュリエットの物語なら、こちらはその妹のジュスティーヌの物語。悪魔のような心を持った姉と天使のような心根の妹ですが、果たしてその運命はいかなるものか… 対で読むべき作品ですが、私には『悪徳の栄え』の方がはるかに面白く読めました。

  • おそらく、日本語訳になってるからでしょうが、想像していたよりも、読みやすかった。ひたすら可哀想な主人公だけども、今のところ絶望的な気分じゃないのはなぜでしょうか。

  • 「美徳と悪徳」の、こちらは「美徳」の方のお話でした。身も心も美徳に捧げた妹のジュスティーヌ、余りにも頑固なまでに自分の「美徳さ」を通そうとする彼女に降りかかる災難の連続ドラマは、もうほとんどコメディ。しかも美徳を通すために人を裏切ったり罵ったりするのはアリ、というところもちょっと笑えます。

  • 澁澤とサドって本当に良いカップルだ。
    彼以外にサドの作品をここまで理解して訳せる日本人はいないだろう。
    この本を読んで心底思った。

  • トロめの妹、ジュスティーヌが見事に不幸へ落ちていきます。ジュスティーヌのいじめられっぷりに、次はどんな不幸が!?というハラハラドキドキ系の読み方をしてしまった。間違っている気がする。

全20件中 1 - 20件を表示

美徳の不幸 (河出文庫―マルキ・ド・サド選集)に関連する談話室の質問

美徳の不幸 (河出文庫―マルキ・ド・サド選集)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

美徳の不幸 (河出文庫―マルキ・ド・サド選集)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

美徳の不幸 (河出文庫―マルキ・ド・サド選集)を本棚に「積読」で登録しているひと

美徳の不幸 (河出文庫―マルキ・ド・サド選集)の作品紹介

サドの代表的著作、ジュリエットの物語『悪徳の栄え』と対をなす妹ジュスティーヌの物語には三つのバージョンが残存している。本書はその最初の版である「原ジュスティーヌ」とでも称すべき中篇である。バスティーユ牢獄中にて書かれ、革命のどさくさに粉れて紛失され、100年ののちに陽の目をみた本書はサドの思索のエッセンスが凝縮された異色作である。

美徳の不幸 (河出文庫―マルキ・ド・サド選集)はこんな本です

美徳の不幸 (河出文庫―マルキ・ド・サド選集)のKindle版

ツイートする