北の愛人 (河出文庫)

  • 74人登録
  • 3.54評価
    • (3)
    • (13)
    • (19)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : Marguerite Duras  清水 徹 
  • 河出書房新社 (1996年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309461618

北の愛人 (河出文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おしゃれな本。日本では読めない。

  • 『愛人』が映画化され、製作が進むに連れてデュラスの中で生まれ、作品とは違う彼女なりの「映画」として書かれたのがこの小説。前者が散文詩的なイメージの中で「わたし」と彼女の愛人の情事、そして家族への想いが語られるのとは変わって、三人称の「娘」が北から来た華僑の青年との情事をやがて愛として認識するまでの心の動きを客観的かつ明確に語っている。過酷な生活の中、結ばれることはないとわかっていた二人が、愛を交わし互いを人生ただ一人の人として認めてやがて死んでいく。その物語に「愛人」という題名が決して背徳ではなく、その感情の尊さや愛おしさが込められたものであるのではないか、と感じた。

  • 愛人ラマンと同じあらすじ。切ない青春時代の思い出。

  • どうして『愛人』は私を苛立ちに似た悲しい気持ちにさせたのかわかった。
    『愛人』と『北の愛人』は愛人が生きているうちに書かれたものと亡くなって書かれたもの。前者と後者は愛人に対する書かれ方が違う。
    私は少女に深い愛があることを明瞭と言って欲しかったのだ。

    結婚とかずっと一緒にいるとかそういう結末にはどうしたってなれなくても、そこには本物の愛があったと言って欲しかったのだ。
    本当はあなたとずっと一緒にいたい、と。

    中国の男も少女もふたりは別れることがわかっている。二度と会わないこともわかっている。それでも愛は本物だと、死ぬまで忘れないと、私はふたりに言って欲しかったのだ。

    だから私は『愛人』では苦しくなって『北の愛人』では愛おしい悲しさを抱くのだ。だから私は『北の愛人』は好きで『愛人』はあまり好きじゃないのだ。
    だから私の『愛人』という本の評価は個人的な願望が含まれているから全然当てにならない。


    『北の愛人』はまだ途中。あともう少し。

    * * *

    『北の愛人』読了。

    こちらは私が想像していた「愛人」だった。中国の男と少女の愛の物語。愛と死の物語。
    個人的な思いから、私情とあいまって、最後にはうるっとした。
    そのあと、不意にいろんなことが襲って来て心がめちゃくちゃになってわんわん泣いた。

    軸になるのは中国の男と少女の話なのだが、他にたくさんの様々な話が盛り込まれている。
    様々なエピソードが示唆する要素と愛と死の内容がデュラスの文体と手法によって絡み合い、ただの愛の話を脱することができている。メロドラマから文学へ変貌している。

    『愛人』『北の愛人』と続けて読むといいと薦めてもらってそのように読んで良かった。私も2冊続けて読むことをお薦めしたい。

  • 本に読まれて/須賀敦子より

  • デュラスの作品は読んでて心が痛くなるくらい乾いてて切なくなる。

  • 『愛人』のモデルである華僑の死を知ったデュラスが綴る想い。『愛人』が好きな人には是非お薦めしたい1冊です。『愛人』と同じ題材を、より感情面を掘り下げて描いています。だからと言って、情緒的になりすぎない、乾いた文体は詩のように美しく、幻想的でさえあります

  • 自伝的小説『愛人(ラマン)』を、愛人であった中国人の男の死を知って書き直したものとのこと。<br>
    デュラスがこの愛人とのことを心に持ち続けていた長い年月。<br>そして自分が多感な頃『ラマン』に強い印象を受けてから過ぎた時間。<br>
    「18歳で、私は年老いた」という『ラマン』冒頭の一文が、改めて疲労感を伴う重みをもって蘇ってきました。

  • 私にとってはひどく難解に感じるデュラスの、比較的読みやすい作品。より映画の「愛人」に近い描写になっているが、また小説「愛人」とはかなり違った印象。

全9件中 1 - 9件を表示

マルグリット・デュラスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
ウラジーミル ナ...
フランツ・カフカ
ヘミングウェイ
マルグリット デ...
マルグリット デ...
三島 由紀夫
マルグリット デ...
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

北の愛人 (河出文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする