リプリー (河出文庫)

  • 41人登録
  • 3.40評価
    • (2)
    • (5)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Patricia Highsmith  佐宗 鈴夫 
  • 河出書房新社 (2000年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (412ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309461939

リプリー (河出文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ディッキーの父親から、イタリアから息子を連れて帰ってほしいと持ちかけられた、底辺の生活を送るリプリー。
    そしてイタリアへ行き、一時は彼女以上にディッキーと仲良くなったが、次第にその関係は…

    心理描写の名作。連作読んで毎回思いましたが、どうしてここまで若い心理描写ができるんだろう?と作者の想像力に驚嘆します。

  • 度々映画化されるのも納得の、スリリングなプロット。
    ただ、主人公のトム・リプリーが個人的に好きになれず…。
    やっぱりどうしても最初に「太陽がいっぱい」を見てしまったために、リプリーかくあるべしというイメージがついてしまっているんだなぁ…。

  • アランドロン主演。太陽がいっぱいの原作。面白いです。

  •  

  • 映画「太陽がいっぱい」の原作(だと読んだあとに気付きました。最近「リプリー」のタイトルでリメイクされた…んだと…思うけど、最近のことには疎い)。
    たまたま映画とはひとあじ違う緊迫感。とにかく面白いです。ちなみに、私が持ってる本は、リメイク前なので、こんな表紙じゃなかったです。(ってことはもっと古い版なのかな…。手元に本がみつからない)

  • 映画の原作です。昔だからこそ通用したと思われる「完全犯罪」です。オイ、普通バレるだろ?と突っ込みたくなるところも多々ありましたけど。「アイツになれたら…」っていう、誰でも一度くらいは思ったことのあることを実際にやっちゃう話。夢は叶ったはずなのに、絶対に満たされることのない主人公の心の隙間が物語を面白くしています。映画は観てないです。

全6件中 1 - 6件を表示

パトリシア・ハイスミスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
レイチェル カー...
フレデリック・フ...
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
宮部 みゆき
ウンベルト エー...
パトリシア・ハイ...
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

リプリー (河出文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

リプリー (河出文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リプリー (河出文庫)のカセット

リプリー (河出文庫)のハードカバー

リプリー (河出文庫)のハードカバー

ツイートする