20世紀SF〈2〉1950年代―初めの終わり (河出文庫)

  • 149人登録
  • 3.62評価
    • (7)
    • (17)
    • (26)
    • (0)
    • (0)
  • 17レビュー
制作 : 中村 融  山岸 真  Ray Bradbury  Philip K. Dick  Robert Sheckley 
  • 河出書房新社 (2000年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (501ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309462035

20世紀SF〈2〉1950年代―初めの終わり (河出文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • SFがしっかりと成長した結果、多種多様な作品が生まれた時代のようだ。中には現在では実現してしまったテクノロジーなどが見られるが、作品としてしっかりしているので、テクノロジー云々以外のところで楽しめる。SFの入門にはならないけど、最近SFを読み始めたので、経験したことがない1950年代という時代を知りたい人にはうってつけだろう。個人的に好きな作品を挙げると、「終わりの日」「隣人」「幻影の街」といったところ。

    以下、個別作品の感想。

    ◎初めの終わり(レイ・ブラッドベリ)
    宇宙時代の始まりを描いた作品。これはSFなのかなあと感じてしまうほど、今となっては普通の出来事。当時は夢のような話だったのだろうと想像しながら読むと楽しめる。題名が「初めの終わり」であり、「初めの始まり」ではないことが、現代の宇宙活用時代を見透かしていたようで作者の慧眼に驚く。

    ◎ひる(ロバート・シェクリイ)
    “昼”ではなくて“蛭”だったのか。なんでも食べるひるがどんどん成長して地球を食いつくしかねない状況。これは恐ろしい。面白かった。

    ◎父さんもどき(フィリップ・K・ディック)
    これも何か恐い話だ。宇宙人の侵略でもないし、行きすぎたテクノロジーの暴走でもないし、自然の反乱なのかなあ。

    ◎終わりの日(リチャード・マシスン)
    地球最後の日をどう迎えるか。個人の本性が出るところかもしれない。よくあるのは絶望した人々が略奪や殺戮を続けてどうしようもない世紀末の地獄が描かれるものだ。本作品もそんな感じなのかと思いきや、最後はいい話になる。母ちゃん最高だぜ!

    ◎なんでも箱(ゼナ・ヘンダースン)
    少々難しかった。“なんでも箱”は何を象徴しているのか理解できなかった。少女が求める理想郷? 分からないが、何となく恐怖を感じた。

    ◎隣人(クリフォード・D・シマック)
    ほのぼのとする作品。ある意味で理想郷なのだろうなあ。人間は欲深くないありのままの現状を受け入れる生活を望むのが最良なのかもしれない。面白かった。

    ◎幻影の街(フレデリック・ポール)
    この時代に知能の仮想化のような話が発表されている事実に驚いた。また、当時は存在しなかったインターネットマーケティングのような概念が登場しており、今読んでも面白い。

    ◎真夜中の祭壇(C・M・コーンブルース)
    あまり内容を理解できなかった。これから物語が進むのかなと思ったところで終わっているようだ。

    ◎証言(エリック・フランク・ラッセル)
    ソウヤーの「イリーガルエイリアン」を思い出す作品。エイリアンが被告人となって地球の法廷で裁かれる。この光景、想像すると笑えてくる。ファニーでもありシュールでもある。

    ◎消失トリック(アルフレッド・ベスター)
    戦争のショックで特殊能力を身につけてしまう患者たち。病棟から消えて戻ったりを繰り返す現象を起こす。物語自体が面白い。どこかコミカルである。

    ◎芸術作品(ジェイムズ・ブリッシュ)
    人工知能で亡くなっている芸術家を復活させる。作曲家ではなく文筆家を人工知能で復活させる技術はすでにGoogleが手掛けており、2016年にwiredで記事にもなっている。きっと作曲家の人工知能も実際に研究されているに違いない。2016年になって、現実の世界がSFに追い付きつつある状況ともいえる。逆に1950年代にここまで未来を予想できていたのが素晴らしい。この作品は技術云々よりも人工知能(のようなもの)の心情を綴る表現が出色である。

    ◎燃える脳(コードウェナー・スミス)
    これは宇宙を舞台にしたラブストーリーではないか。人(人格といってもいいかもしれない)の本質的な姿、愛とは、などをSFを舞台にして語られる。ラストでは周りから見れば大変そうだなと思うかもしれないが、当人にとっては最高の幸せを手に入れたのかもしれない。

    ◎たとえ世界を失っても(シオドア・スタージョン)
    ネタバレになってしまうかもしれませんが、同性愛者の物語だ。本作品の出版当時であれば許されたのかもしれないが、現在では差別的とされて受け入れられないかもしれない。当時は当時でタブーに挑戦したのだと思うが、現在では異なる角度でタブーに対してしていると思う。

    ◎サム・ホール(ポール・アンダースン)
    マイナンバーが日本国民に配布されてからは、政府の国民の管理がどの程度までなされるのか、不安がより現実になってきた。この作品も国民をコンピュータ管理する世界を描く。架空のデータをコンピュータに投入することで、革命をなそうとする。現実は、セキュリティを保つために単独でデータ改竄するのは不可能だと思うのだが、それはこの時代のおおらかさなのか実行できてしまう。まあ、このような抜け道があるからこそフィクションとして楽しめるわけだけれど。普通に面白かった。

  • アンソロジーには個人的に良い印象が無く,自宅の本棚にあるのは本書くらい.だが『なんでも箱』を読もうと思ったら現在入手できるのは本書しかなく,あまり期待せずに購入.しばらく積読してしまったが,全編を通して予想を上回る面白さだった.

    ブラッドベリ『初めの終わり』★★★★
    シェクリイ『ひる』★★★
    ディック『父さんもどき』★★
    マシスン『終わりの日』★★★★
    ヘンダースン『なんでも箱』★★★★★
    シマック『隣人』★★★
    フレデリック・ポール『幻影の街』★★★☆
    コーンブルース『真夜中の祭壇』★★★
    ラッセル『証言』★★★★☆
    ベスター『消失トリック』★★★☆
    ブリッシュ『芸術作品』★★☆
    コードウェイナー・スミス『燃える脳』★★☆
    スタージョン『たとえ世界を失っても』★★★
    ポール・アンダースン『サム・ホール』★★★☆

    どちらかといえば私はブラッドベリの作品に合わない方だが,表題作からいい感じで入ることが出来た.ディック作品の評価が低いのは単に苦手なだけ.ベストは何と言っても『なんでも箱』だが,ハズレ作品が一切収録されていないのは素晴らしい.読後感が悪いままで終わる作品が少ないのは私好みで,特に『証言』はとても良い印象.オススメ.

  • 50年代の英語圏のSFのアンソロジー。
    レイ・ブラッドベリ「初めの終わり」★★★☆☆
    ロバート・シェクリイ「ひる」★★★★☆
    フィリップ・K・ディック「父さんもどき」★★★★☆
    ゼナ・ヘンダースン「なんでも箱」★★★★☆
    クリフォード・D・シマック「隣人」★★★★★
    フレデリック・ポール「幻影の街」★★★☆☆
    C・M・コーンブルース「真夜中の祭壇」★★☆☆☆
    エリック・フランク・ラッセル「証言」★★★★★
    アルフレッド・ベスター「消失トリック」★★☆☆☆
    ジェイムズ・ブリッシュ「芸術作品」★★★☆☆
    ゴールドウェィナー・スミス「燃える脳」★★☆☆☆
    シオドア・スタージョン「たとえ世界を失っても」★★☆☆☆
    ポール・アンダースン「サム・ポール」★★☆☆☆

    面白くないのもあったので、全体としては★★★ということで。

    エリック・フランク・ラッセルの「証言」は良かったなあ。
    判官贔屓というか浪花節というか。
    女性にはそんなに面白くない話かもしれない。

  • 「ひる」シェクリィ 浅倉久志
    「なんでも箱」ゼナ・ヘンダースン 深町真理子
    「隣人」クリフォード・D・シマック 小尾夫佐 
    「証言」エリック・フランク・ラッセル 酒井昭伸
    が良い。

  • ブラッドベリ「初めの終わり」
    マシスン「終わりの日」
    スタージョン「たとえ世界を失っても」
    が、特に好き~!

  • メモ:シオドア・スタージョンの「たとえ世界を失っても」

  • 「初めの終わり(レイ・ブラッドベリ)」「ひる(ロバート・シェクリイ)」「父さんもどき(フィリップ・K・ディック)」「終わりの日(リチャード・マシスン)」「なんでも箱(ゼナ・ヘンダースン)」「隣人(クリフォード・D・シマック)」「幻影の街(フレデリック・ポール)」「真夜中の祭壇(C・M・コーンブルース)」「証言(エリック・フランク・ラッセル)」「消失トリック(アルフレッド・ベスター)」「芸術作品(ジェイムズ・ブリッシュ)」「燃える脳(コードウェイナー・スミス)」「たとえ世界を失っても(シオドア・スタージョン)」「サム・ホール(ポール・アンダースン)」「SFブームとその終焉(中村 融)」

  • シオドア・スタージョンとディックが好き。
    他には「燃える脳」、「なんでも箱」が良かった。
    ブラッドベリは前から好きなのであえて言わないけどやっぱり好きです。
    20世紀SFはどれも面白いけど、3と5が群を抜いて面白いかな。
    これも悪くはないし、いいんだけど、強烈に印象に残る作品、てのがなかった。

  • 英米SFの1950年代短編集。
    巻末の「解説」を読むと、1950年代は日本への原爆投下以後、核兵器実験や米ソの冷戦構造、急速な科学技術の発展があり、それらが「放射能への恐怖」や「未来に対する不安」、「科学そのものへの懐疑」をもたらしたとある。そのため、そのような時代背景を反映した作品が多い。
    収録されているものは、発表されて半世紀以上たった作品ばかりなのに、古さよりも恐怖やユーモアを感じさせてくれる作品が多くとても楽しめた。
    また、このシリーズ全体に共通することだが、当時のSFを取り巻く状況を教えてくれる巻末の「解説」は勉強になり良い。

    【印象に残った作品(備忘録)】
    「ひる」ロバート・シェクリイ 恐怖とコミカルさが両立し面白い ★★★★★
    「隣人」 クリフォード・D・シマック 牧歌的な語り口が良い ★★★★★
    「幻影の街」 フレデリック・ポール 仮想現実もの怖い ★★★★
    「証言」エリック・フランク・ラッセル ファーストコンタクト×裁判 ★★★★
    「消失トリック」アルフレッド・ベスター テレポーテーション、風刺 ★★★★★
    「芸術作品」 ジェイムズ・ブリッシュ 記憶・人格の複製、残酷 ★★★★
    「燃える脳」コードウェイナー・スミス なんかかっこいい ★★★★★
    「たとえ世界を失っても」 シオドア・スタージョン 異星人、同性愛、詩的 ★★★★
    「サム・ホール」ポール・アンダースン 超管理社会の破綻 ★★★★★

  • なんでも箱は彼女にとってライナスの毛布のようなものだったのかもしれない。ただし彼女の毛布は特別製で、安心だけではなく美しい世界を与えてくれる、そんな特別な存在だったのかもしれない。

全17件中 1 - 10件を表示

レイ・ブラッドベリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
グレッグ・イーガ...
グレッグ・イーガ...
チャイナ・ミエヴ...
有効な右矢印 無効な右矢印

20世紀SF〈2〉1950年代―初めの終わり (河出文庫)に関連する談話室の質問

20世紀SF〈2〉1950年代―初めの終わり (河出文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

20世紀SF〈2〉1950年代―初めの終わり (河出文庫)の作品紹介

英米SFを年代別に集大成!第2巻は一大SFブームがおきた1950年代編。電化製品があふれる一方、核実験が繰返された時代、SFは質・量ともに充実し、ひとつの頂点を迎えた。庭の芝生で老夫婦が空を見あげて待つものは…過去への郷愁と未来への希望を描いたブラッドベリの表題作、時代の不安が色濃くただようディックの初期の名作ほか、黄金の全14篇。

ツイートする