死者と踊るリプリー (河出文庫)

  • 26人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 佐宗 鈴夫 
  • 河出書房新社 (2003年12月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (536ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309462370

死者と踊るリプリー (河出文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回のリプリーは殺人しないのだけど、相手が勝手に死ぬのだけど、それまでの、またそれからばれるか否かまでの不安な過程について、解説にも書かれているが、彼の少しで崩れる、犯罪の上に成り立つ人生の危うさを描いている。
    リプリーは犯罪者だ。どうも彼が主人公ゆえ肩入れし読んでしまうが、薄氷の上生きる存在であるのは正しい。厚かましく彼の犯行を知る人のない世界などないように、と思うが、彼の世界側、ちょっと悪い奴の魅力を読むにつけ逮捕されたくなく望んでしまうのは、完全にストックホルム症候群。私はリプリーが好きだけれど、悪い奴がどんな恵まれた生き方を手にしようと不安と背中合わせだ、と描いたシリーズ最終作は、素晴らしいと思う。

  • リプリー・シリーズの第5巻。
    本作ではリプリーの『過去』、主に『贋作』で描かれた事件が重要なモチーフになっており、『贋作』のストレートな続編と言える。
    スリリングな展開で一気に引き込まれた。ラストは少々肩すかしなきらいがあるが、それはまぁ、ご愛敬だろうか。

全1件中 1 - 1件を表示

死者と踊るリプリー (河出文庫)のその他の作品

Ripley Under Water ハードカバー Ripley Under Water パトリシア・ハイスミス
Ripley Underwater: Special Editionの詳細を見る ハードカバー Ripley Underwater: Special Edition パトリシア・ハイスミス

パトリシア・ハイスミスの作品

死者と踊るリプリー (河出文庫)はこんな本です

ツイートする