常識として知っておきたい世界の三大宗教──歴史、神、教義……その違いが手にとるようにわかる本 (KAWADE夢文庫)

  • 343人登録
  • 3.33評価
    • (12)
    • (28)
    • (77)
    • (8)
    • (1)
  • 38レビュー
制作 : 歴史の謎を探る会 
  • 河出書房新社 (2005年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309495675

常識として知っておきたい世界の三大宗教──歴史、神、教義……その違いが手にとるようにわかる本 (KAWADE夢文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世界の三大宗教について知りたくて読書。

    多くの日本人は自分は無宗教だと思っている。しかし、世界的に見ると日本は仏教国か神道の国だと認識されている。サウジアラビアでは入国書類に宗教を書く欄があり、無宗教とすると入国拒否されるとか。それほど宗教と人は密接にかかわっている。

    特に日本は戦後教育や近年のカルト問題で宗教についてのアレルギーが強いと言える。

    身近な仏教ですら知らないことが多い。
    タイとかかわることも多いので、上座部仏教については知識として知っておきたいところ。

    仏教の三法印は、今回初めて知った。
    諸行無常、諸法無我、涅槃寂静の3つ。

    日本から心理的な距離が遠いイスラムについてももっと学び、正しい基礎知識は知っておきたいところ。

    最近、宗教離れが進むと言われるヨーロッパだが、ヨーロッパのあらゆる歴史、芸術、文化に宗教が絡んでいる。キリスト教を理解せずにヨーロッパの成り立ちも現状も理解できないと思われるので重要。

    そう考えると世の中まだまだ学ぶことが多い。

    ドイツやアイルランド、オランダの大聖堂へ行くとカトリックやプロテスタントではないが、敬虔な氣持ちになり、見えない神に祈りたくなる。その心理は不思議だ。

    無主教に近くても日本人は目に見えないものに祈る、願うとうい感覚は理解できる。

    読書時間:約1時間20分

  • 仏教・キリスト教・イスラム教のそれぞれの成り立ちや基礎の思想、信仰の仕方など分かりやすくまとめられていたので楽しく読めた。時間が余ったときに読むのがオススメ。 かいつまんで説明してるので、興味を持った部分を自分で調べて掘り下げるのも面白いかも。

  • 歴史を学び宗教が与えてきた影響から宗教について一般的な知識を得ようと思い手に取る。

    世界の宗教の違いやどのように成立してきたかをまとめてある。
    わかりやすい。

    キリスト教を中心に比較してみる。

    世界を神がつくり、イエスはその預言者である。ユダヤ教との違いは、旧約聖書には世界がどのように作られたかを記載してるのに対して、新約聖書はイエスの普及について書いてある。ユダヤ教はイエスを認めずにキリスト教と分離したのだが、その理由は律法を厳しく重んじるユダヤ教にとって、形式を守らずがむしゃらに人々のためになろうとしたイエスは認めなかった。

    イスラム教はイエスを預言者のひとりであるとし最後の預言者ムハンマドが開祖であると認識している。
    それに対してキリスト教ははいそれと認めることもなく、エジプト半島を中心に勢力を拡大することも背景にあり、現在の対立状態にある。

    またイスラム教は近代化に賛成したスンニ派と反対したシーア派に分かれる。

    細かい知識がたくさんあるので体系的にまとめるのが難しいです。笑

    とにかく、基本的なことは書かれていてわかりやすいです。

  • 世界の数ある宗教の中でも信者が多い&歴史のある キリスト教、イスラム教、仏教の、三大宗教についての基本が書かれた本。わかりやすかった。
    自分自身は、仏教と八百万の神様とのあいのこみたいな感覚かな。
    宗教って、奥が深いようで、実はうすっぺらくもある。信じる信じないの部分て紙一重だと思う。

  • 親類の葬儀でイラっとしたのでちょっと知識を仕入れるためによんでみました。宗教って難しい。
    それにしても、神とか仏とかはまったく信じない自分ですが、仏教の考え方だけは気に入りました。諸行無常のなんとやら。

    「神様が見ている」という考え方も、とらえようによっては24時間365日、自分専属のコーチがついていると考えると、それはそれでいいものかもしれない(不謹慎で失礼)

    まぁなにはともあれ、信じるものがある人はいいですね、うらやましくなる。

  • タイトル通り、仏教・イスラム・キリストについての入門本。真新しいところはないけど、綺麗に整理されてるので分かりやすい。比較しながら書かれてるのもイイ。
    次はもう少し深堀したものか、または実際の経典の軽い口調なのを読みたい。旧約聖書はキリスト教的にもイスラム教としてもゆっくり読み返したらなかなか面白そう。

  • 古本屋で購入

    宗教をまったく知らないので、概略を勉強してみる。

    世界三大宗教はキリスト教、イスラム教、仏教といわれる。
    人口からすると三位はヒンズー教だが、世界的広がりでは上の三つである。

    無宗教の自分にとって 宗教=権力とか金 という印象が強く、いい印象がない。実際に、すべての宗教では権力やお金が集まり大きな力をもっている。
    各宗教ではそれぞれ信者に対しては平等や安息などをうたって民族同士の争いをなくしてきた功績があるが、他宗教を否定してしまうため、今なお宗教ごとの考え方の違いが不毛な争いをうむきっかけとなってしまっていると感じる。
    しかし、争いを引き起こす人はほんの一部に過ぎず、多くの人は宗教の教えのとおり平和や平等を望んでいることを私は信じている。そうでなければ、宗教がこれほど広がるわけが無いと思う。

    宗教の考え方は生活に深く結びついているため、それを理解することに面白みを感じた。特に、なじみのうすいイスラムの国の事情を知ることができたとおもう。

    しかしながら、各宗教のお話には驚愕するしかない。
    仏教の開祖ブッダの生まれには驚いた。なんと母親の右脇から生まれ、すぐに七歩歩み、右手で天、左手で地を指し、天上天下唯我独尊といった。
    不謹慎ながら笑ってしまう。

    旧約聖書の要約も興味深かった。本物を読もうとは思わないもので。
    イスラムでの喜捨(ザカート)は知らなかった。貧富の差が激しい国なのでこの考え方が根底にあるとは思いもよらなかった。

  •  仏教とキリスト教とイスラム教の基本(?)が平易な言葉で説明されていて読みやすい。

    ・「開祖」はどんな人物でいかに教えを広めたか
    ・「聖典・教典」には、そもそも何が書かれているのか
    ・三大宗教は私たちにどんな「教え」を説いているか
    ・どんな「宗派」がありその違いはどこにあるのか
    ・「死後の世界」はどう考えられているか
    など。

     続編(?)の『もっとよくわかる世界の三大宗教 かなり素朴な疑問・篇 』と姉妹編(?)の『常識として知っておきたい日本の三大宗教―神道・儒教・日本仏教』も読んでみたいかも。

  • 仏教とは「すべてのものは変化し、実体がないのが真理なのに、いつまでも変わらないと勘違いして、執着するから苦悩が生まれる。そして、苦悩は無知や欲望が原因であることに気づき、その無知や欲望を断ち切ろう」という教えである。

    キリスト教における三つの罪:?原罪 ?行いの罪 ?思いの罪

    イスラム原理主義の潮流は19世紀末にあり、当時はイスラムの教えに立ち返ろうという精神的な回帰運動だった。それが第二次世界大戦後、独立を果たしたのち、イスラム圏では貧富の差が拡大するなど、社会矛盾が拡大していった。そこで、イスラム教の教えからはずれた社会を正しいかたちに戻そう、という動きが顕在化した。

    大乗仏教:だれでも仏になれる 上座部仏教:出家した僧侶のみ悟りを開ける

    キリスト教としては、イスラム教がイエスは神の子ではないといったのが気に入らず、しかも瞬く間にアラビア半島じゅうに広まり恐れを抱いた。

    ジハード:もともとは、アッラーの教えのために努力すること、苦労に耐えること、自己の欲望を抑えるように鍛えることを意味した。

  • 0526-0530
    /////
    いかに誕生し、どう広まったか? どんな教えなのか…。現代人としてこれだけは知っておきたい、三大宗教それぞれの重要ポイントが、みるみるわかる本。
    /////
    再読。

全38件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

常識として知っておきたい世界の三大宗教──歴史、神、教義……その違いが手にとるようにわかる本 (KAWADE夢文庫)に関連する談話室の質問

常識として知っておきたい世界の三大宗教──歴史、神、教義……その違いが手にとるようにわかる本 (KAWADE夢文庫)はこんな本です

常識として知っておきたい世界の三大宗教──歴史、神、教義……その違いが手にとるようにわかる本 (KAWADE夢文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

常識として知っておきたい世界の三大宗教──歴史、神、教義……その違いが手にとるようにわかる本 (KAWADE夢文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

常識として知っておきたい世界の三大宗教──歴史、神、教義……その違いが手にとるようにわかる本 (KAWADE夢文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

常識として知っておきたい世界の三大宗教──歴史、神、教義……その違いが手にとるようにわかる本 (KAWADE夢文庫)のKindle版

ツイートする