江戸のしきたり 面白すぎる博学知識―例えば、60日に一度、「Hがご法度の日」があった理由とは? (KAWADE夢文庫)

  • 38人登録
  • 3.86評価
    • (1)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 歴史の謎を探る会 
  • 河出書房新社 (2008年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309496849

江戸のしきたり 面白すぎる博学知識―例えば、60日に一度、「Hがご法度の日」があった理由とは? (KAWADE夢文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分はイチイチ出典が書いてある文章の方がストレスがなく読めるので、その点のみマイナスでしたがライトな文章、内容でスラスラ読める江戸入門書という位置づけでは良書だと言えると思います。
    稀に歴史用語(?)が注釈等なく書かれていたため歴史が全く分からない自分はググったりして対応してました。ちなみに「旗本」とかそんなレベルです。無知で申し訳ないです。

    情報の深さでは他の書物にかなわない部分がもちろんあるのですが、浅く広く江戸を知りたい方にはお薦めです。

  • 時代物っぽいファンタジーものを書いてくれ、と言われたときに、とりあえず色々と参考資料を……と集めたもののうちの1冊。
    ちょっとした話のネタになるような雑学がたくさん収められていて、読み物としても面白かったです。

全2件中 1 - 2件を表示

江戸のしきたり 面白すぎる博学知識―例えば、60日に一度、「Hがご法度の日」があった理由とは? (KAWADE夢文庫)はこんな本です

江戸のしきたり 面白すぎる博学知識―例えば、60日に一度、「Hがご法度の日」があった理由とは? (KAWADE夢文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

江戸のしきたり 面白すぎる博学知識―例えば、60日に一度、「Hがご法度の日」があった理由とは? (KAWADE夢文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

江戸のしきたり 面白すぎる博学知識―例えば、60日に一度、「Hがご法度の日」があった理由とは? (KAWADE夢文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする