不肖・宮嶋 メディアのウソ、教えたる! (14歳の世渡り術)

  • 115人登録
  • 3.39評価
    • (6)
    • (18)
    • (23)
    • (5)
    • (2)
  • 15レビュー
著者 : 宮嶋茂樹
  • 河出書房新社 (2007年8月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309616452

不肖・宮嶋 メディアのウソ、教えたる! (14歳の世渡り術)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不肖と自分のことを言う割には、ものすごく上から目線で、自分に対して自信に満ち溢れた人のように思います。
    その自信のせいでしょうか、ものすごく感情論が多いです。

    インターネットに対しての批判がもの凄いのですが、その理由は、「インターネットには不正確な情報が多い」ということ、これは同意です。でもそれはインターネットに限りません。それはメディアのウソがテーマのこの本でも繰り返し述べられていること。
    そしてもう一つの理由は「インターネットで調べては感動がない」という、完全な感情論。パパッと答えがわかって何が面白い。というのです。時間をかけて自ら調べることでこそ感動が生まれると。
    それは否定しません。否定しませんが、パパッと調べてできた時間で、また違う感動を味わうことができるのではないでしょうか。インターネットで物事を調べることに感動を求めるのではなく、その結果としての行動に感動が生まれるのではないでしょうか。
    調べる行為自体に感動がないから意味がないというのは、なんとも本末転倒な理論なように思います。何のために調べているのかを完全に忘れてる。

    災害時のインターネットの無力さについても書かれていますが、その状況が今や大きく変わっているのは、東日本大震災や、熊本地震を経験した現代では、日本中の誰もが知っていることでしょう。
    つまりこの本が古くなってしまったということかもしれません。

    その他の部分でも、とても参考にになることもあるのですが、非常に決めつけが多く、また偏見もかなりあるように思います。
    この本にも書いてあることではありますが、この本の情報もまた鵜呑みにせず、客観的な目で見ることが大切だと思います。

    私自身は、読んでいてとても怖かったし、気持ち悪かったです。

  • 中学生向けのシリーズ。よくも宮嶋茂樹氏に依頼したもんですね。現地で取材しているカメラマンによるニュースキャスターやコメンテーターへの批判はもっともですね。
    ニュースキャスターやコメンテーターはテレビで偉そうなこと言っていますがジャーナリストではなくて雇われ広報なんですかね

  • 14歳に向けて、ということを意識しすぎている気がする。このシリーズは14歳に向けて、と言いながら実際は大人が読んでも勉強になる点が魅力だが、本書は本当に14歳向けで、大人が読むには物足りない。

    タイトルから、取材のときの裏話や特ダネを撮る秘訣、みたいなものをもっと読めると期待していたが、ちょっと肩すかしをくらった。
    メディア・リテラシーについて書かれているけれど、かなり一般論的ではある。
    とはいえ、中学生にこれ以上の話は読ませられないのかも知れず…

    ネットの情報に簡単に踊らされる中高生には、「ネットの情報を鵜呑みにするな、誰でも流せる」とか「一人で物事を判断しよう」とか、確かに言いたいけれど。

  • 14歳のための、メディア・リテラシーの本。

    若いうちから情報を批判的にみる訓練は必要なんだろうなと思う。

  • 僕が不肖・宮嶋を好きなのは、彼が何でも実際に経験している、からだ。
    通俗的な倫理観を踏みにじるような極論も、彼が実際に現場に行き、実際に見ていることについて述べている限り、それは尊重すべき意見だと思うし、少なからず共感することができた。

    でも本書はそうじゃない。

    特にネットについての言説は、単にパソコン嫌いのオヤジがよく言う通説をなぞっただけで、不肖・宮嶋が語る必要性はまったくない。
    同じことを言うのでも、宮嶋らしさを発揮してほしかったなあ。
    後半にやや盛り返す感はあるけれど、全体として決して良書とは思えなかった。

  • この本はホントに宮嶋さんが書かれた本なのだろうか?インターネットやってる人はだいたい知っているようなことが書かれている。ネットをやらない人間が信じているのではないかと思う。

  • 報道カメラマンの宮嶋茂樹著。
    現場を見ている人間だけが真実を知っている、自分は一流だ、いかに報道写真がすばらしくて他のメディアがだめか、という主張ばかりで、気持ち悪い本だった。
    自分にも誰にでも、必ず盲点があるということに対して無自覚なんだろうか。
    批判的に読む練習には使える本かも。

  • 残念な内容でした。

  • フォトジャーナリストの本
    戦争報道の話

  • たくさんの情報があふれている現代だからこそ、何が正しいのか客観的に見極める力がより必要になる。若い世代には当然読んでほしいが、心や目が曇りがちな大人にも読んでほしいと思った。
    それにしても、視点を変えるとこうも色んなことが見えてくるのかと目からウロコであった。さすが、数多くのスクープをモノにしてきた報道カメラマン、不肖・宮嶋である。戦場より恐ろしいニッポン…戦死者より多くの自殺者が出ているというデータを目の当たりにして、愕然とした。
    今後、インターネットの発達で情報はますますお手軽に手に入るものとなり、扱う側の緊張感も薄れていくであろう。誤った情報に踊らされないために、いかにして自分を鍛えるか…。自分自身の目で見て感じること。その大切さをひしひしと感じた。

全15件中 1 - 10件を表示

宮嶋茂樹の作品

不肖・宮嶋 メディアのウソ、教えたる! (14歳の世渡り術)はこんな本です

不肖・宮嶋 メディアのウソ、教えたる! (14歳の世渡り術)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不肖・宮嶋 メディアのウソ、教えたる! (14歳の世渡り術)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする