学校では教えてくれない 人生を変える音楽 (14歳の世渡り術)

  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309616797

学校では教えてくれない 人生を変える音楽 (14歳の世渡り術)の感想・レビュー・書評

  • ◆きっかけ
    ブクログ。nicchoさんの本棚より。2016/8/23

  • ENCORE/久石譲(松井咲子)
    Where is love?/Irene Kral(西研/1,3)
    スコットランド幻想曲/ブルック(アンネゾフィームター)高嶋ちさ子
    ザビートルズオンバロック/池辺晋一郎
    牧神の午後への前奏曲,海/ドビュッシー(池谷裕二)
     アニマエテルナ(オーケストラ)インマゼール指揮
    歌う生物学 必修編/本川達雄
    交響曲第5番/マーラー(清塚信也)
     モオツアルト/小林秀雄
    意味がなければスイングはない/村上春樹
     弦楽のためのアダージョ/バーバー
     カヴァレリアルスティカーナ(間奏曲)/マスカーニ
     ジャズ組曲/ショスタコーヴィチ
     熱情/ベートーベン
     月の光/ドビュッシー
    TheFattestCatinNewYork/及部恭子(小手鞠るい)
    The Other Side, Cookin’at Smalls

  • いろいろな人が自分の人生を変えた音楽について書いた短いエッセイ集。
    今の中高生がこの本を読んでここに紹介されているCDを買う、ということはあんまりないんじゃないかと思う。
    だけど、これからすごいどん底なことがあっても、音楽にめっちゃ救われて、そうして人生をなんとか乗り切れるかもしれないとは思うだろう。それってめっちゃカッコイイし、なら、どん底になることも、まあ悪いだけではない。みたいに思ってくれたらいい。

  • 大げさなタイトルに惹かれて読んでみて、紹介されていた曲を何曲か聴いてみたけれど、自分の心には特に響かなかった。
    芸術というものは本来そういうものなのだろう。
    性格や育ってきた環境がそもそも違うのだから当然のこと。
    ただ一度心に突き刺さると、人生を変えてしまうほどのインパクトと得体のしれないパワーが芸術にはありそうだ。
    そういうものに出会うために、色々なものに触れていきたいと思った。

  • 各人が影響を受けた音楽を、基準も価値観もバラバラに紹介するという、面白い企画。
    なんでその基準で選んだか、首を傾げる選定もあったが、そこが本書の面白い所かもしれない。まったく縁の内ジャンルの音楽もあったし。

  • 14歳の世渡り術シリーズ。

    各界の26人が、それぞれ自分の人生を変えた楽曲やアルバムを、エピソードやメッセージと共に紹介。
    伝えるターゲットは14歳・・という前提で語られています。

    楽曲のジャンルは偏ることなく様々。クラッシックあり、ロックあり。
    楽曲を紹介する筆者も、各界多方面にわたっていてバランス良かった。

    それぞれ紹介されている音楽を、(可能な限り)聴きながら読んでみました。
    紹介されていた楽曲。紹介者と楽曲との出合いエピソード。紹介者自身。・・と、いろんな角度から楽しめました。

    ピースの又吉の文章表現が綺麗だったのに驚く。
    桜井進氏の数学と音楽の出合いが素敵。
    伊福部昭 作曲の「ゴジラ」、最後まで聞き、今更ながらに凄い曲だと感動。
    AKIRA氏の「PUZZLE」、素敵な曲と出合えた。
    などなど

    読者ターゲットは、思春期真っ只中、青春の入口、14歳!・・ですが、大人も、あの頃の純粋な感受性が呼び覚まされ、何らかの感動や新しい出合いがもらえる本だと思います。

    現在14歳、かつて14歳だった全ての方にお勧めの一冊。

  • 角田さんがすごい良い事いってる!!

  • ジャンルや時代がバラバラだし、各エッセイが短めなので説得力が低いように感じるが、肝心の中学生はどう読むのだろう。一人の著者もしくはテーマが統一された普通の音楽ガイド本なら色々聴きたくなるのに。

  • 副題に「学校では教えてくれない」とある『14歳の世渡り術』シリーズの中の一冊。アンチ教科書派の姿勢を貫く社会派教育とでもいうべき内容か。

    現代日本の売れっ子作家を始め、音楽家、科学者それに芸人まで、各界26名の豪華執筆陣を起用。人生の転機に出会った音楽について語ってもらうという企画。

    わずか数ページの中に、それぞれの人生を変えるきっかけとなった音楽との出会いがキラ星のごとく集めれており、なんと贅沢な企画だなあと感動。こういう内容の本は、私も14歳の頃に出会いたかったものだよ。

  • レビューを書いている中学生は1人もいないみたい…。かくいう私も大学生。そんな大人をも魅了する本書は、「人生を変える音楽」に出会った各界26人のお話が載っています。紹介されている音楽を聴いてみるのもいいと思いますが、筆者たちのように人生を変えてしまうような音楽との出会いをぜひ見つけてください、見つけたい。
    好きなものに向き合うときのあの気持ちをぜひ追体験したい。

  • こちら『14歳の世渡り術』シリーズだそう。
    14歳なんてとっくに過ぎているけれど、各界著名人26名による愛する名盤・名曲紹介という内容に惹かれチェック。
    紹介者の方々がアイドルやらお笑いやら研究者やら作家やら様々であるからか、紹介される曲・アルバムもいわゆるポップミュージックから映画音楽、クラシック、ジャズなど様々。

    なかでも一番気になったのは、本川達雄さんの紹介していた『歌う生物学 必修編』。
    なんでもこちら、本川さんご本人の作品で、生物の授業に出てくる暗記事項を簡単に覚えるために歌にしちゃった、というものらしいです。
    生物の授業が好きだった私はかなり気になります。
    とはいえ、もう生物の授業なんて関係ない人生を送っていますので、もう生物なんか使うことないでしょうけど(笑)。

    あとはこの本が気になるきっかけになった又吉さん。
    彼の文章はすーっと入ってきて、やはり魅力的に思います。
    テレビでしゃべってるとあんなにぎこちないのに。

    私の人生を変えた音楽ってなんだろうなあ。
    やっぱり椎名林檎さんかな。
    「丸の内サディスティック」に初めて出会ったときは衝撃だったし、今もなおその魅力は色褪せないなあ。

  • Lou Reed「Walk on the Wild Side」が選曲されており、何かとつなかっているぞと考え、先日読み終えた江國香織さんの「ちょうちんそで」だと気付きました。小説の中にも登場します。ドュドュドュドュドュドュドゥル…

  • 音楽のことを書くのは難しい。音楽が伝えるものを書けるなら、それは音楽である必要はないからだ。音楽でなければならない理由があるはずで、それを知りたければ聴くしかない。

    という前提の上で音楽を読んだり書いたりするとすれば、音楽が人というフィルタを通って言葉になるその過程を楽しむしかない。フィルタを通ってきた言葉はフィルタたるその人の形や香りを残しているので、それを読むのは面白い。

    というわけで、ぼくはこの本を読んで、この音楽を聴いてみたいとはほとんど思わなかった。その代わりに、この人の書いたものとか、作ったものに触れてみたいと思った。又吉直樹とか、池谷裕二とか、桜井進とか。

  • 【14歳の世渡り術シリーズ】の一冊。
    「自分だけの音楽」を、著名人26名が語ってくれています。
    どの年齢でどの音楽に出会い、どう感じたかなんて個別の体験以外の何者でもないのに、それを薦められるってどうよ、と侮っていると失敗します。
    その個別の体験が結構な訴求力を持っていて、読むと面白いのですよ。
    あまり知らない著者さんでも、その文章に共感して、その方の作品を読んでみようという気にさえなります。
    残念ながらお薦めされた曲を検索してもヒットしないものもあり、よって☆4つです。
    以上、ですます体終わり。

    男子はBOOWY、女子はREBECCAという頃があって、私もずいぶんLIVEに行きまくった。
    (若い人にそれを話すとそもそもREBECCAを誰一人知らない。
     でもそれで良いのだと思う。
     彼ら・彼女たちの音楽をこちらも知らないのだし、私の心の中では今も
     REBECCAは不変なのだから)
    そんなわけで、山田ズーニーさんの「骨になれ、音に身投げしろ!」にはとても共感した。
    町田康さんには笑わせられた。あの方、パンクロッカーさんだったのね。
    高嶋ちさ子さん、辛酸なめ子さん、浦沢直樹さん、音楽とは程遠い印象の角田光代さんもとても良かった。
    彼女の文章を読んで、私もブルーハーツが大好きだったことを思い出した。
    ああ、もう一度聞いてみようと、真剣にそう思った。
    あの頃の自分が少しは持っていた自分自身とこの世への懐疑心や不安感を、おさらいしてみようとそう思った。
    ファンの多い雨宮処凛さんの推す【PUZZLE】という曲は中原中也の詩に似ていることを発見し、近藤良平さんの推す【チャン・チャン】では「あー!同じ同じ!」と大喜びしてしまい、【毎晩、毎晩、あの曲を求めて、ひたすら待っていた。】という今日マチ子さんの一行には、キュンとやられてしまった。
    音楽の好みは人それぞれだし、紹介された音楽が必ずしも読み手の心に響くわけではない。
    それでも、好きな音楽に向かい合うときの気持ちには誰しも深く頷けるのではないだろうか。

    さて私は、「何歳になっても忘れずに歌ってる歌は何?」と子供に質問されて、しばし考えたのち「いとしのエリー」と答えた。
    「知らないから歌ってみて」と言われて歌うと「すごくカッコイイ歌だね!」と感激した様子で、その後「大昔の歌とは思えない」だって・・

  • 自分にとって音楽というものが重さを持たないと気が付いた。
    音楽を聴いて、自分の中で何かが変わる、元気づけられるという体験談を読んで、自分の中の冷たい感情が悲しい。

    読み物として、
    色々な人の文章の違いが楽しめて面白い。
    「音楽」という同じテーマにも関わらず十人十色。

  • 多くの方の「人生を変える(変えた)音楽」の紹介があるのですが、その中でも角田光代氏が実にいいことを言っています。

    あのとき私が切実に聴いていた音楽は、私にとっての本物だった。聴く人が本物だと思えば、それは本物で、しかも、ずーっと本物であり続ける。あなたや私が、三十代になっても、五十代になっても、かつてしびれた音楽は、いつまでも本物だ。そうでないものは、何年も経つと、好きだったころがちょっと恥ずかしくなったりする。若かったな、自分、と苦笑してしまったりする。でも、本物は違う。ずーっと色あせない。

    その音楽は、書物より何よりも実際的に、あなたを助ける。困難なときに救ってくれる。そうしてあなたの一部になる。強く、へこたれない、うつくしい一部になる。

  • 又吉の少年爆弾が気になったけど、YouTubeでは出てこなかった。

  • 各界の有名人・著名人26名による、人生おすすめの1曲を紹介した本。

    企画としては良いと思うが、紹介されたアーティスト・楽曲が分からないものが多かったので、共感度はイマイチ。
    本文の中に書かれていたとしても、著者紹介と同じように、アーティスト紹介・楽曲解説も載っていれば、本当の意味で「中学生から大人まで」楽しめたのではないだろうか。

  • よかったです!めっちゃよかったです!!
    嘘だと思ったら、ぜひ読んでみてくださいw

    きっと、「あの時の、あの音楽」を思い出したりもしますよ♪

  • 26人もの人が書いているので、当然共感できるもの、文章が合わないもの、期待通りに泣かせてくれるものなど色々あって楽しかった。個人的には又吉さんの文章を初めて読んで、不覚にも(何の先入観も、心の準備も無かったから)泣いてしまったのに驚いた。

  • 「14歳の世渡り術」シリーズ。たまたま目について読んでみた。ついクラシック曲のところ優先で読んでしまったけど、どの執筆者の文章にも、心揺さぶる「何か」を感じた。こういう本を14歳の息子・娘と読んで言葉を交わすのは、とても楽しいだろうなぁと思った。

  • 角田さんや宮下さんが書いているとあったので手にとったけどちょっと個人的にはあまり惹かれるものがなく、期待外れだった。とはいうものの、あまり音楽に詳しくないからだと思う。様々なジャンルの人が寄せているので毎度面白い企画ですけどね。

  • 私のような成人であれば本書をよんで昔を思い出すことができる素敵な本である。あの時私の心を掴んだあの歌は今はもう昔のそれではないけれど、あのときはいきる上での呼吸のように必要不可欠であったというどなたかの記述に心動かされた。ありがたい!

全26件中 1 - 25件を表示

学校では教えてくれない 人生を変える音楽 (14歳の世渡り術)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

学校では教えてくれない 人生を変える音楽 (14歳の世渡り術)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする