失われた探険家 (奇想コレクション)

  • 88人登録
  • 3.39評価
    • (4)
    • (8)
    • (17)
    • (0)
    • (2)
  • 12レビュー
制作 : Patrick McGrath  宮脇 孝雄 
  • 河出書房新社 (2007年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (401ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309621982

失われた探険家 (奇想コレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不条理で残酷だが、なぜか目が離せなくなる展開のストーリーばかり。
    死刑囚を取材するジャーナリストの話がよかった。

  • 濃いわりに、中身がなくて1パターン。しかも、悪趣味。
    最初の2話ぐらい読めば十分。

  • 気がつけば、目をかっと見開いて読んでしまっていたほど、ぐいぐい引きつけられる短編集だった。基本的に暗い視線を通して語られるので、爽やかな物語が読みたい人にはおすすめできないが、ねちねちした感触やエログロをちょっとだけ(でもじっくり)味わってみたいという人にはよいかもしれない。

  • 好:「天使」「黒い手の呪い」「アーノルド・クロンベックの話」「長靴の物語」「蠱惑の聖餐」

  • おもしろいけど、気持ち悪いよ!
    「アーノルド・クロンベックの話」「血の病」「長靴の物語」が良かった。そう来るとは! とまさかの展開。「血の病」は場面場面のドラマチックさも良い。B級ホラー映画にしたい。「吸血鬼クリーヴ」「もう一人の精神科医」もイラーっと来る気持ち悪さが面白かった。

  • 「信頼できない語り手」の一人称による作品6篇。やられた〜〜全19編のうち、13編は「血のささやき、水のつぶやき」に収録されていたので、6編だけが初読。しかし、この「信頼できない語り手」という表現が、結構いい。言っていることの、どこまでが真実なのかわからずに物語がすすんでいく・・・いい感じ。くどくど長くないところがまたよい。でも、ま、偏った一人称の話なので、なかなかわかりにくくもある。手にして初めてわかった。装画は松尾たいこ氏。この「奇想コレクション」シリーズ全てかも。他の作品群が、また楽しみだな♪

  • 話の内容よりも父と叔母がともに犯罪心理学など心理学の権威であり、そのことにまつわるエピソードのほうが私としては面白かった。
    内容としては原作など背景を知らないと楽しめないものが多かったので読みにくかった。

  • ストーリーも雰囲気も訳もすごく好みで、読んでて気持ちよかった(笑)!表題作の「失われた〜」は、探検家の存在が唐突なんだけど物語として違和感がなく、ラストはキュンとせつなくなりました。短編のなかでどれが一番好みか、というのは非常に難しい。表題作をはじめ、『血の病』、『串の一突き』、『マーミリオン』、『天使』等々、奇妙で陰鬱で皮肉で美しくて匂いに満ちた印象的な話が詰まってます。

  • 2007/7/31購入

  • えーとなに?ホラー?ちとキモス短編集。微妙。キライじゃない話もありつつ、んー。

全12件中 1 - 10件を表示

パトリック・マグラアの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
ウンベルト エー...
シャーリイ ジャ...
シオドア・スター...
ウンベルト エー...
ジョージ・R・R...
有効な右矢印 無効な右矢印

失われた探険家 (奇想コレクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする