真田幸村と真田丸: 大坂の陣の虚像と実像 (河出ブックス)

  • 17人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 渡邊大門
  • 河出書房新社 (2015年4月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309624815

真田幸村と真田丸: 大坂の陣の虚像と実像 (河出ブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 27513 昌幸も幸村も関ヶ原後は貧困で、打倒徳川を考える余裕がなく、真田本家等に金銭的援助を依頼しているのが哀れ。冬の陣和睦後、当初から本丸以外の堀を埋めることは豊臣も合意していた、織田有楽の大坂退去は一概に徳川に内通していたのではなく、豊臣内部の争いで身を引いた?

    通説は面白いけど、滅茶苦茶なことがおおい。

  • 数多の戦国武将の中でも絶大な人気を誇る真田幸村(信繁)とその一族。これまで語られてきたその姿は真実のものなのだろうか。後世に粉飾された神秘のベールを剥がすべく、実像を追求する。

全2件中 1 - 2件を表示

渡邊大門の作品

真田幸村と真田丸: 大坂の陣の虚像と実像 (河出ブックス)はこんな本です

真田幸村と真田丸: 大坂の陣の虚像と実像 (河出ブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

真田幸村と真田丸: 大坂の陣の虚像と実像 (河出ブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする