最後からひとりめの読者による埴谷雄高論 (文芸叢書)

  • 14人登録
  • 4.29評価
    • (4)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 池田晶子
  • 河出書房新社 (1987年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309710600

最後からひとりめの読者による埴谷雄高論 (文芸叢書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「ことばを失った私がことばを取り戻す過程の評論集」と25歳の池田晶子。表現するのも怖い、埴谷さんとの対話。お前は何者だ、と声が聞こえてくる。

  • 埴谷さん×池田さんとの会話内容。見ものです。

全2件中 1 - 2件を表示

池田晶子の作品

最後からひとりめの読者による埴谷雄高論 (文芸叢書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

最後からひとりめの読者による埴谷雄高論 (文芸叢書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

最後からひとりめの読者による埴谷雄高論 (文芸叢書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最後からひとりめの読者による埴谷雄高論 (文芸叢書)の作品紹介

埴谷雄高の精神と思想を、最高の位相において、継承せんとする、若き哲学徒による清新な思考のプリズム。新たな思想の胎動を告げる、話題の評論集。

ツイートする