キャラメルの値段―昭和30年代・10円玉で買えたもの (らんぷの本)

  • 22人登録
  • 3.43評価
    • (0)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 市橋芳則
  • 河出書房新社 (2002年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (135ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309727219

キャラメルの値段―昭和30年代・10円玉で買えたもの (らんぷの本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 両親が子供だった頃の日本は高度成長と戦後の名残があった。でもなんだか懐かしい時代だ、生まれてもいないのだが。

  • 675夜

  • [ 内容 ]
    少年の頃、10円玉を握りしめ駄菓子屋さんに買いに行った、あのキャラメルはいくらだったんだろうか?
    昭和・暮らしの値段一挙掲載。

    [ 目次 ]
    第1章 子育てのキオクと値段(赤ちゃん誕生;幼稚園・小学校時代;放課後)
    第2章 昭和三〇年代暮らしの値段(「昭和三四年」という時代;結婚にかかった費用;暮らしの値段;昭和三四年・ものの値段)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

市橋芳則の作品

キャラメルの値段―昭和30年代・10円玉で買えたもの (らんぷの本)はこんな本です

キャラメルの値段―昭和30年代・10円玉で買えたもの (らんぷの本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

キャラメルの値段―昭和30年代・10円玉で買えたもの (らんぷの本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キャラメルの値段―昭和30年代・10円玉で買えたもの (らんぷの本)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする