東郷青児 (らんぷの本) (らんぷの本)

  • 33人登録
  • 4.00評価
    • (6)
    • (4)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 野崎泉
制作 : 野崎 泉 
  • 河出書房新社 (2009年1月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309727660

東郷青児 (らんぷの本) (らんぷの本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ぽーっとなってしまう。
    パラソルさせる女を収録してほしかったなあ。

  • 彼の事はあまり知らなかったけど、何だか凄く好きになった。
    喫茶ソワレへいってみたい。

  • 宇野千代を読んだ関係上、東郷青児のことも気になって読んでみた。
    そうしたら次は宇野千代の「色ざんげ」も読まなければと思ってしまった。
    当時私が大人だったらきっと彼の作った化粧品のパッケージなどを見て、コレクターになっているだろうと思う。

  • 絵画作品の収録は少なめですが、ツボは抑えている感じです。
    氏を語る上で外せない、包装紙・パッケージ・看板などの広告アート、東郷アートをコンセプトとしたカフェやバーの紹介(現在廃業したお店も含めて)、生前したためられたエッセイ・娘さんの談話など、立体的に東郷氏の芸術世界と、その時代を味わうことが出来ます。
    大昔、「フランセ」の包装紙がとても好きで、長らくブックカバーに転用していました。そんな昔を懐かしみながら楽しみました。

  • 京都の人間にとって、東郷青児といえば四条河原町の喫茶ソワレ。

    創業は昭和初期というから、もう80年以上にわたって、京都の人と街を見つめ続けてきた文化的サロンという趣のある喫茶店ですが、淡くほのかな展望の時がとまっているかのような店内には、夢幻的な青い明りが灯り、虹色のステンドグラス、古色蒼然とした女給(今のメイドですね)のコスチューム、そしてその中に東郷青児の絵が居心地よさそうにピタッと収まっていました。

    私は高校生の頃、買ったばかりの『現代詩手帖』や『ユリイカ』などの雑誌や、澁澤龍彦や種村季弘などの本を持って入り、何時間も粘って居座って読んでいたことがありました。

    後年、父との何気ない会話の中で聞き及んだところによると、なんと父も70年代前後にこのソワレによく通ったというから驚きました。

    もっとも、父はお客として訪れただけでなく、四条河原町界隈は、今でもあるアサクマや、名前も思い出せないミレイユ・マチューがよくかかっていた喫茶店など数軒でアルバイトをしていたそうですし、あの時代、喫茶店は若者が熱く議論をする場所という特別な存在であったという話は聞いたことがあるので、単なる偶然ではないわけです。

    ともかく、こうして私と東郷青児のシュールレアリスティックな絵との出会いは起こったのですが、それ以上でもそれ以下でもなく、いわば彼の絵はノスタルジーのなかに永遠に生き続けているということです。

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

東郷青児 (らんぷの本) (らんぷの本)はこんな本です

東郷青児 (らんぷの本) (らんぷの本)の作品紹介

甘くもの哀しい乙女像で昭和を駆け抜けた画家・東郷青児。代表的作品のほか、洋菓子店の包み紙から本の装釘まで"あの頃"の記憶が甦る、ロマンティックな意匠を集めました。

ツイートする