新装版 石原豪人---「エロス」と「怪奇」を描いたイラストレーター (らんぷの本/マスコット)

  • 20人登録
  • 3.83評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 中村 圭子 
  • 河出書房新社 (2010年8月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309727745

新装版 石原豪人---「エロス」と「怪奇」を描いたイラストレーター (らんぷの本/マスコット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 懐かしい~!!
    子供の頃、妖怪大図鑑とかそっち系の本が好きで
    読んでた記憶があるんだけど、確かに石原さんの画。

    結構リアルで迫力があったなぁ。
    今改めて見れば図鑑系だけじゃなく他の絵もどこかで見たような…。
    どんなジャンルの絵も描けて
    描く女性は上品の中にもエロさが。
    これがエロスってもんなんだろうか?「(´へ`;

    今時のイラストレーターじゃなく挿絵画家。
    画家って感じ。
    石原さんの挿絵って芸術と紙一重(≧ω≦)

  • 2番乗り。有隣堂書店たまプラーザテラス店にて購入。未読。たまたま中原淳一先生の新刊を探しに美術書のあたりに行ったら、興味深いタッチの絵の表紙を平積みで見かけて。ちなみに、カバーをかけてもらったんだけど、個人的には、元の本のカバーを完全に覆う形で書店のカバーをされるのがなんとなく好きではない。普通に上に1層かぶせてくれるだけでいいのだが。(2010/8/31)

全2件中 1 - 2件を表示

新装版 石原豪人---「エロス」と「怪奇」を描いたイラストレーター (らんぷの本/マスコット)はこんな本です

新装版 石原豪人---「エロス」と「怪奇」を描いたイラストレーター (らんぷの本/マスコット)を本棚に登録しているひと

新装版 石原豪人---「エロス」と「怪奇」を描いたイラストレーター (らんぷの本/マスコット)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新装版 石原豪人---「エロス」と「怪奇」を描いたイラストレーター (らんぷの本/マスコット)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 石原豪人---「エロス」と「怪奇」を描いたイラストレーター (らんぷの本/マスコット)を本棚に「積読」で登録しているひと

新装版 石原豪人---「エロス」と「怪奇」を描いたイラストレーター (らんぷの本/マスコット)の作品紹介

「怪奇現象」「妖怪」「怪獣」「怪人」…ありとあらゆる「怪」の世界を描いて、石原豪人は戦後の挿絵界に大きな足跡を残しました。昭和30年(1955)頃から挿絵画家として活動を始めた豪人は、たちまち人気を得て、以後50年間にわたり精力的に描き続けました。天才にして、さらにたゆまぬ努力を続けた挿絵画家・石原豪人の全貌を紹介する初めての本です。

ツイートする