影の子どもたち--世界の終わりの魔法使い3 (九龍COMICS) (九龍コミックス)

  • 186人登録
  • 3.94評価
    • (16)
    • (27)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 西島大介
  • 河出書房新社 (2009年11月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309728490

影の子どもたち--世界の終わりの魔法使い3 (九龍COMICS) (九龍コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このシリーズは、すべての物語が、アンに凝縮していく物語なのかも。

    傍若無人だったアンが、いろいろな体験をして、それでも傍若無人なままで、少しずつ心を持っていく。

    ここから、新しい展開に入っていくようなので、またかわっていくのかもしれませんが、それでも、この物語世界の真ん中には、アンがいるような感じします。

  • 世界の終わりの魔法使いの3巻目。時系列に直すと1巻目の続き。3部作で完結の巻ってことになっているけどちょっと寂しい……4巻目も出ているけれど、ちょっと違う感じなのか?……10巻目まで出て欲しいな……でも、出るのかな?

  • 描かれているモノはぐちゃどろだけど綺麗で愛しいお話。とても「リアル」な恋物語だと思う。言葉はよくないかもしれないけれど、厨二っぽいのに描かれているのは飾らないそのまんまの恋という感じ。

  • プー

  • 「魔法なんて…信じるもんか!」

    三部作完結編。
    アンとムギの話はおしまい。

    また次のお話が始まるまで、浸っていよう。

  • 不覚。
    泣きそうになった。
    絵の好き嫌いが激しく分かれるところだけれど、
    ちょっと、今回は良かったぞ。
    世界の終わりの魔法使いの3冊目。

  • アンとムギの三部作完結編。
    ドラゴンのラスト、全知全能不老不死でも新たな物事の前には子供に還るということだろうけど、「わぁい」はちょっとやりすぎ感があるね。
    あと「虚空」でのシーンをもうちょっと長くしっぽりとしてほしかったかな。
    あとは良かった。めでたし。

  • そして二人は時のない世界で永遠に。。
    素敵な終り方にほっこりしました。。。

  •  「せかまほ」完結編(?)
     その後のおはなし・・・・ 超セカイまほ系
     アンとムギの恋が完結されるまで。
     3部作で一番すきかもしれない。
     ノロ王子の本もでるみたいなんで期待。

  • 年表をみてFSSを思い出したりした。

全12件中 1 - 10件を表示

西島大介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

影の子どもたち--世界の終わりの魔法使い3 (九龍COMICS) (九龍コミックス)はこんなマンガです

影の子どもたち--世界の終わりの魔法使い3 (九龍COMICS) (九龍コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

影の子どもたち--世界の終わりの魔法使い3 (九龍COMICS) (九龍コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

影の子どもたち--世界の終わりの魔法使い3 (九龍COMICS) (九龍コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする