古事記 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集01)

  • 573人登録
  • 3.87評価
    • (19)
    • (29)
    • (25)
    • (2)
    • (0)
  • 34レビュー
制作 : 池澤夏樹 
  • 河出書房新社 (2014年11月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309728711

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
西 加奈子
三浦 しをん
小林 聡美
エラ・フランシス...
カズオ イシグロ
有効な右矢印 無効な右矢印

古事記 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集01)の感想・レビュー・書評

  • この春から池澤夏樹個人編集日本文学全集を順次読んで行こうと思う。改めて「教養」を身につけたいと思ったからである。

    第一回の配本は、愉しみにしていた池澤夏樹訳の古事記。お父さん(福永武彦)の訳は一個の独立した新しい小説のようだった。池澤訳は、それとはまた雰囲気が違う。1番の特徴は「注」があることだ。しかも楽しい。学者のそれではなく(もちろん、学術的な厳密さも担保してあるはず)、朗読の聴き手、読み手としてのそれなのだ。例えばこう。

    (黄泉の国のイザナミの言葉)「私を見ないでください」の解説にこう書く
    「と言われて見てしまうのは物語のお約束である。禁忌と違反。」

    または「ネズミ」について
    か「語源は「根に棲むもの」。地下の動物とみなされていたから。だから後には「おむすびころりん」のような話が生まれた。」


    なぜ「注」を入れたのか。池澤夏樹によれば、物語の面白さを優先させれば学術的な説明が削ぎ落とされてしまう、しかし古事記の面白さは朗読した時のリズムが重要(長い長い名前の羅列もそう思えば重要に思える)、よって小説家の訳なのに「注」が入ったというわけだ。

    例えば1番最初につぎつぎと生まれる神々の名前は、かなり「言葉あそび」があるらしい。また、抽象的な意味も持たせている。それを説明せずに朗読して聞かせることが意味があったのだろう。

    ともかく池澤訳で一気に読ませる国定公文書の「歴史」は、豊穣な想像力と世界的な知識と有名な歌歌の表現力に満ちている。

    また、池澤夏樹に指摘されて初めて気がついたことの一つに、その後の日本人の思想に決定的な影響を与えた、「敗者に寄り添う思想」が色濃く見えるのは、驚きだった。

    1番の象徴的な人物はいうまでもなくヤマトタケルである。池澤夏樹は「ここに来て文体が一変する。稚拙な神話的表現と権力の配分に関わる系譜ばかりだった(←古事記後半の11代垂仁天皇までの文章を指す)のが、この話の殺害場面の生き生きとした描写力はほとんど映画だ」(202p)と評価する。「ヲウスからヤマトヲグナへ、そしてヤマトタケルへ、名が変わるごとに成長の一段階を上がる。そもそも生涯を誕生から死まで語られる者は「古事記」にはヤマトタケルしかいない」(204p)

    「『古事記』には負けた側への同情の色が濃い。おおよそこの国の君主は古代以来ずっと政敵への報復に消極的で、反逆者当人は殺しても一族を根絶やしにすることはしなかった。そのうちに具体的な権力への執着を捨てて、摂関政治のあとは神事と和歌などの文化の伝承だけを任務として悠然と暮らすようになる。これはまこと賢い判断であって、こんなのんきな王権は他に例を見ない。その萌芽を『古事記』に読み取ることができる」(393p)

    もし天皇の(現代まで繋がる)権力執着放棄が「賢い判断」なのだとしたら、それは決して古事記の時代に発明されたものではないだろう。私はそれを倭国統一時以来の伝統的な思考と見る。

    古事記の個々のエピソードからは面白かったものは無数にあるが、それをひとつひとつ書くことは今はできない。また、機会があれば書きたいと思う。

    2015年5月2日読了

  • おなじみの神さまたちの話がずいぶんあっさりまとまっていて意外だった。ひとつひとつの話がもっと長いのかと思っていた。翻案した絵本や何かに接してきたから、いろいろ余分なイメージが自分の中にたまっていたような気がする。

    古事記はとてもおもしろいというわけではないんだけど、人間は自分のルーツをたどりたいものなんだなと実感した。

  • 古典が大苦手、日本文学全集の第一巻として池澤訳で上梓されなければ生涯読むことはなかったと思う。日本の起源を崇めるような内容であることへの懸念もあった。ところが読み始めるや否や展開のスピードとダイナミズムに巻き込まれもう止まらない。始めは苦痛だった系譜の羅列も次第に名称の由来の奥行や色目かしさ、言葉遊びのユーモアに魅せられ(池澤氏の脚注の尽力による)、幼い頃から馴染みある説話が繋がるのも新鮮であった。敗者に寄り添う物悲しさ、悲恋とエロティシズムなど小説的要素も強く、こんなに面白い書だったとは…知らなかった。

  • 読みやすかった。
    少し眠たくなるところもあったけれど、神や天皇の人間臭さにフフッとなる。
    いきなりイザナキとイザナミが性交したり、顔が悪いからと女を親の元に送り返した神がいたりと、自由気まま。
    ヤマサチビコの自分勝手さと、ウミサチビコの報われなさには悲しくなる。
    雄略天皇に、妻にするから待っててと言われてずっと待ち続けた女の話が、とても印象に残っている。それをだいぶ経って本人から聞いた雄略天皇は、「忘れてた。でももうあんた老女だから抱きたくないや。若かったらよかったのに」おいおい。
    「日本書記」は読んだことないけど、多分これより硬めな感じのものなんだろう。
    八百万の神といってもいいぐらい、沢山の神の名前が出てきた。
    これだけいると、その辺りにも神様はいるのかななんて思った。

  • 内容はいわずもがなの驚愕の世界観。それがぐっとわかりやすくなった現代語訳、またページ構成、編集者としての池澤夏樹にも感服。しかし、原典主義者としては、やはり岩波古典大系が欲しいかな・・・。

  • 古事記はそれこそマンガから始まって簡単なものはいくつか読んでストーリーは知っているけど、全部は読んだことなかったから、これで「全部読んだ!」と思えて嬉しい。笑
    で、全部読んだ感想は、系図が長い、ということ。正直そこは飛ばし読みだが、人名とか文章が読みやすくて良かった。そして注釈が面白い。ストーリーはもともと面白いし。

  • 古事記が敗者に寄り添う物語だというのが凄い。よくぞ現代まで残ってくれたという感じだ。
    まずは冒頭の訳者の「この翻訳の方針」を読んで欲しい。そして「太安万侶の序」。この流れにはすっかり感動してしまった。なんとなく日本神話でしょ、と思っていた感覚とは全く違って、人が紡いできた物語だということがよく分かる。古代と現代が直に繋がっていることを実感するたびに心が震える。

  • 現代語訳も注も読みやすく、全編通して飽きることなく読める。予想に反して、全般の神話部分のほうが自由奔放な発想で面白い。後半はどちらかというと皇位継承争いなどによっておこる悲劇を描いた話が多い。必ずしも天皇の正統性を誇示するような内容ではない。
    全般的にはかなりエロい話が多い。禁忌や社会常識が現在と異なることを前提に読むべきであるのは当然なのだろうが、であればチャタレイ裁判など噴飯物ではないのか。そのくらい描写が凄い。

  • 今まで読んできた訳の中で一番読みやすかった。ストーリーも面白いです。

  • こんなに面白い古事記は初めてだ。いろいろな現代語訳のを読んだけれど、本書が一番読みやすい。つまづきの筆頭になる神々の名前のわかりやすいこと!漢字のみ、漢字+ふりがな、カタカナのみ、と段階を経て書き分けてくれているので、すんなり頭に入る。物語が映像になって迫ってくるようだ。不思議だ。系図もないのに何故こんなにわかりやすいのだろう。

    私は脚注が嫌いで、たいていは本文と脚注を行きつ戻りつしているうちに飽きてしまうのだが、本書は違う。言葉は悪いが、脚注が漫画の吹き出しみたい。その吹き出しに訳者の本音やツッコミが込められていることもあり、つい笑ってしまう。
    これは嬉しい。長く手元に置いて読み返したい古事記だ。

  • 教養として読み始めたけど、意外と面白い。

  • 日本人に生まれたのだからと思って手に取った、我々日本人のルーツ。
    初めての古事記。

    脚注をこまこま読んでたせいか最初はなかなか内容が頭に入ってこず苦戦し、間があいてそれまで読んだ内容を忘れてしまったのをきっかけにざーっと読み返したら、流れが生まれて面白くなった。
    やっぱり、神話の世界を描いた上巻が個人的にはおもしろい。ぶっとんだことが淡々と書いてあって。
    中巻では神話の世界と地続きで歴史上の人物が出てくるので、歴代天皇たちまで神話の世界の実在しない人かのような気持ちに…。
    下巻はTHE権力争い、という感じ。
    下知識の足りない私にとって、時代背景や奥行きを知る手助けを大いにしてくれた脚注も、なんとも興味深く、ありがたい存在。(先に書いたように、まとめて読むやり方が私には合っていた)
    他のを読んでいないので比べようがないのですが、とっつきやすく、大変読みやすい現代語訳なのではないかと思います。
    わかりやすく書かれていることで、古代の話と思えないくらいの不思議な親近感。
    登場人物たちの人間臭さよ。
    あと、名前が雑な人とか性的描写とかがあからさだったり、展開が早かったりして笑える。

    敗者の物語がこうして残っているのはすごいことだなと思う。
    最後の解説がまた、なんともよいです。
    プレスト。

  • 池澤夏樹氏の「古事記」です。
    本当は積読リストに、人気作家三浦しをんさんのお父様である国文学者の三浦佑之氏の「口語訳古事記」が先にあったのですが、パラパラめくったら躊躇してしまい、池澤版を先に読んでしまいました・・・(本書の解題を書いていてびっくり)

    これまでも何冊か超訳的なものや紀記合わせた解説本を読んできたこともあり、意外とすんなり世界に入ることは出来ました。
    とはいえ、きっちり最初から最後まで古事記だけを訳されたものを読むのは初めてだったので、新たな発見があり楽しめました!

    まず、もともと古事記は帝紀としての役割があり、多くの氏族の祖先としてたくさんの神を設定し、天皇を中心とする権力のネットワークに有力者を組み込むためにつくられたと言われています。
    通読して、それをすごーく実感しました。
    物語中に「これは吉野の首(おびと)の祖先」とかこれは「膳(かしわで)の臣(おみ)の祖先」などの記載が多々あるところとか、物語が時系列になっていなく、いろいろなエピソードの羅列になっている部分があったりとか、いかにも地方の豪族たちが受け継いだ神話の寄せ集めっぽいんですよね。
    解説に、「古事記全体を貫くのは混乱から秩序へという流れ」という記述があり、まさにそんな印象でした。

    それと、池澤古事記は神の名前を漢字とカタカナに使い分けられて、さらに改行などで読み易くされていました。
    私、(読めないけど)漢字表記が美しくて好きなんです。
    例えば簡単で有名どころで言うと
    月読命ーツクヨミノミコト
    とか素敵な字面と響きだと思いませんか?!
    ヒメなんて、比売とか日売とか毘売とかあるんですよ~
    このあたりはみてるだけで楽しめました。

    また、注釈が時々とてもよくて、例えば高い山に登って、の注釈が、
    「前にもあった「国見」だが、ここには登った山の名も見えた土地の名もない。「聖帝」像のための抽象的な国見なのだ。あるいはもう見ることの予祝の力が信じられなくなった時代の、つまりは呪力ではなく政治の時代の始まりということか。古事記の下巻はこういう世界である。 」
    という具合。いい解説でしょ。

    あとは、文章のリズム感。
    原文のリズム感を意識しているんだろうなーというのも伝わってきました。

    他の解説本でヤマタノオロチのモデルとなった川の解説が印象的でしたが本書にはそれについては一切触れられておらず、やっぱり本によっていろいろあるなあ、とあらためて感じました。
    そのあたりをこだわり始めると別の訳本も読みたくなるんですが、結構脳みそを使って読んだので、しばらくはおやすみします。。

  • 神、多過ぎ!

    池澤夏樹個人編集の日本文学全集、買おうか買うまいか迷っていたのですが、この『古事記』の初版が見つかったので、思わず全部揃えよう…という流れになってしまいました。
    さて。
    『古事記』ですが、こうやって全集に入らなかったら、多分一生読まなかったと思います。
    原文が分からないので比較ができないのですが池澤氏の訳はとても分かりやすく、脚注というのも本文から直接注釈に飛べるので良かったと思います。ただ、できればどの項目に注釈がついているのか米印がついていれば、もっと読みやすかったかなあと思います。
    内容については、とりあえず最初神が出てきまくってびっくりしました。これが八百万ってことか…。
    あとは誰が誰を産んだというのが結構なボリュームを占めるんですがこれに関してはかなり流し読みしました。年代記とはそういうものなのかはわかりませんがどちらかというと小さなエピソードのまとめという印象です。
    脚注などをしっかり照らしながら読んだ訳ではないので、また今度はじっくり読んでみたいと思います。

  • 脚注に時折池澤氏のつっこみが入るのが楽しい。
    読みやすくはあったけど、じっくり読み通すのはなかなか骨が折れる。もう一度じっくり読んでみたい。

  • この本、どこかで読んだことがある。そんな気がした。内容ではない。見かけのほうだ。読みやすい大き目の活字で組まれた本文の下に、小さなポイントの太字ゴチック体の見出しに続いて明朝体で脚注が付されている。丸谷才一他訳による集英社版『ユリシーズ』のレイアウトそっくりではないか。まさか敬愛する丸谷の訳本に、自分の訳本を重ねたわけでもあるまいが、偶然とは考え難い相似である。考えすぎかもしれないが、古代の神々と英雄の冒険を語る『オデュッセイア』に擬した自作を『ユリシーズ』と名付けたジョイスにあやかるつもりか。たしかに、この「古事記」、日本文学の古典というよりもモダニズム文学の文体のほうに余程似ている。行替えやら一字下げやら括弧・カタカナを駆使した表記のおかげで、風通しのよいテクストとなった。

    以前に訳者の父である福永武彦が書いた「古事記物語」(岩波少年文庫)を読んだことがあるが、子ども向けということもあって、幾百にも及ぶ神名・人名は主要なものを除いて省略されていた。今回の新訳で驚かされるのは、漢字とカタカナによる神名・人名表記の羅列だ。神のヒエラルキーをそのまま地に下ろして、地方の豪族の祖先を組み込むことで、反乱を繰り返す地方豪族を武力ではなく言葉の力によって懐柔し、従属させる意図があってのことだろう。乱れてしまっていた帝紀・旧事を正すという原著が持つ意味からもこの羅列は必須であった。ほとんど読み飛ばされるだろう箇所に、興味を持たせるためか、出身地方にあたる現在の地名が詳細な脚注に記されているのもうれしい。

    こんなことでもなければ一生読まずにすませただろう「古事記」の中身だが、ヤマトタケルやオホクニヌシの話は誰もがよく知っている。神名・人名の羅列による系図の部分を除いたら、あとは神々や英雄の冒険、悲恋、裏切り、復讐の炎渦巻く物語の世界である。現代語訳のせいもあって、スピーディーな展開は驚くほど。あれよあれよという間に話は進んでいく。そのあっけなさを救うのが、所々に配された歌謡である。天皇らしく国見の歌もあれば、女に誘いかける歌もある。宴会の歌もあれば、名のりの歌もあって、元の歌を示した後に続けて現代語に訳した歌、そして脚注に詳しい解説が記されている。歌のリズムは原文、意味は訳、説明は脚注で分かる工夫。

    神代の話は線が太くおおらかで力強い。糞尿譚やら、何かで女陰(ホト)を突く話やらが登場する話がやたら多いのには驚きもし呆れもするが、それが古代日本に生きた人々の心性というものなのだろう。温水洗浄式便座が愛されるには理由があったのだ。歴代天皇が登場するようになると、話はぐっと人間的になる。床下で遊んでいて自分の父を殺したのが天皇であったことを知り、復讐を果たす王子の話など、シェイクスピアの悲劇にでも出てきそうだ。実の兄妹どうしの悲恋や、負け戦を承知の上で筋を通して天皇に反旗を翻した臣の話等々、敗者に肩入れした記述が多いのは意外であった。読んでみるまでは歴代天皇の事跡を誇らしげに語ったものが多いのだろうと勝手に思い込んでいたのだが。代々に亘る血腥い闘争や姦計、裏切りに至るまであからさまな筆致で記している。

    正月はもちろん、何かあるたびに伊勢神宮を参拝する宮家や政府高官の姿が報道されるのは、皇祖神とされる天照大御神をまつっているのが、伊勢神宮(内宮)であるからだが、意外なことに「古事記」には皇統でない出雲にまつわる話が多く採録されている。また、韓(から)との関係も古くから続くこともしっかり書かれている。戦前の教育に対する反省の上に立ち、戦後は教育の現場から神話が排除されてきた。「古事記」についても、日本史の中で触れられるにとどまり、真剣に中身まで読む機会がなかった。今回、世界文学全集に続いて、日本文学全集が企画され、その第一巻として「古事記」... 続きを読む

  • 太安万侶の名編集、それつまり神話説話の息吹きそのままにするが故の整理不十分。神話は”真か偽か”などどちらでもよく、“たのしい文学”。
    解題引用「あらゆることを神話に教えられて生きる、神話に耳を傾け、そして語り継ぐ」(三浦佑之)
    『古事記』、敗れた者や殺された者への共振。死者や魂と向き合う語りであった神話説話。我々を奮い立たせる清き敗者の物語。

  • 平成の世から、古代へのラブレター。

    池澤夏樹は福永武彦の子だったらしい。だから、なのか。岩波少年文庫の福永武彦版を読んだ後に、続けて読む。岩波少年文庫は、確かに子ども向けに「物語」にしてあった。こちらは、誰が誰の親で云々の系譜がある。あと、脚注で色々とツッコミが入っているのが面白い。

  • まず驚いたのは、イザナキとイザナミが「性交をしてみよう」という場面。なんとも開放的な奔放な感じがしました。次に、スサノオの乱暴振り。「神殿に糞をまき散らした」のだそうです。いやはや神様の所業とは思えません。オホナムヂは神々のだまし討ちにあい、大木に挟まれ殺されます。とにかく3巻を通して、殺したり殺されたりの話がこれでもかというくらいに出てきます。それと、ホトもしばしば出てきます。おおらかでスケールの大きなお話でした。

  • 何回も読んできた古事記、

    池澤夏樹訳、

    大変読み易く、最後まで通読できた。

    持統天皇が政権を確立して、神話的な権威で補強、権力保持のためのツールの一つとして、日本語による文学を採用した。

    参考文献に、西宮一民先生の古事記があり、皇学館での講義を思い出した。

  • 上巻の国生みから中巻の途中まではとてもスペクタクルで楽しかった。歴代天皇の話になってからは苦痛だった。しかし、今までなんとなくしか知らなかった話をなぞることが出来て有意義だった。

  • 建国記念の日。
    脚注が充実しているからか、あっさりしてて読み進めやすいのがありがたい。
    脚注も、よく読むと遊び心が…(笑)
    楽しめます。

    古事記で好きなのは、やはり倭建命の部分ととスサノオの暴挙かな。
    多神教の神様は人間臭いというより、人間以上に無茶苦茶で面白いね。

  • 伝承児童文学の授業で、AT分類による色々な話型をやって、世界の各地域別の特徴をみたりした。その記憶が残っているうちに、最初のほうに出てくる逃走譚なんかを読んでみたい。

  • 面白い。。
    古事記に関しては以前にこの本の解題として最後に
    書かれている三浦佑之氏の書籍いらいですが。現代語訳
    とはいえ、古事記をそのまま読めたことが、面白いと
    思いました。
    日本の神様はとっても人間臭いというか?ぶっとんでいて、天皇は女性ばかり追い求めていて。。
    簡単に敵をほろぼしてしまうし。。でもその敗れた側
    に対してのシンパシーを感じているところとか
    とても面白く。やはり日本って、西洋・中国とは違うなあと思います。

    また、この池澤直樹氏の個人編集とされる日本文学全集
    は今後の配本を見ると、古典なり名作が現代語訳などで
    、現代の著作者によって復活するというもので、
    わくわくするものが多く。これは読みたいと思います。

    たとえば。。
    折口信夫の万葉集。江国香織の更級日記。
    角田光代の源氏物語。内田樹の徒然草
    いとうせいこうの曽根崎心中
    とかとか。。。

全34件中 1 - 25件を表示

古事記 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集01)に関連する談話室の質問

古事記 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集01)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

古事記 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集01)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

古事記 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集01)を本棚に「積読」で登録しているひと

古事記 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集01)のKindle版

ツイートする