源氏物語 上 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集04)

  • 270人登録
  • 4.11評価
    • (3)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 角田光代 
  • 河出書房新社 (2017年9月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (704ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309728742

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
西 加奈子
村田 沙耶香
宮下 奈都
西 加奈子
原田 マハ
平野 啓一郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

源氏物語 上 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集04)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • めちゃめちゃさくさく読める。『あさきゆめみし』の次に読むのにおすすめです。ときどき挟まる平安時代のおもしろトピックがちゃんと笑えるって、角田さんの功績ですね。

    しかし21世紀の倫理観で読むと光君のは腹立たしいこと極まりない。浮気性なだけでなくて、決定的な部分で思いやりがない。権力があって顔がよくて人気があれば、こんなに他者に無頓着になれるんだな、という幻滅。そしてそういう人にかかわりあった場合に生じうる女の不幸カタログの壮観なこと! 恐怖に刺激されて(先がどうなるかわかっているのに)どんどん読んでしまう。『源氏物語』が千年間提示し続けるリアリティに、殴られっぱなしになった。

  • 源氏物語って読むの何回目だろう・・・。
    さんざん源氏物語はすごいといわれ(同時代人の日記とかにも出てくるし)、その刷り込みのまま、豪華絢爛な王朝絵巻を想像して、読むと、

    「源氏ってダメ男すぎる・・・」という一言に尽きる残念な感想になる。

    わかっている。現代人の物差しで測ってはダメなんだと。源氏物語の主題はおそらくそこにはないんだろうと。
    でも、思うわけですよ。
    女性がでてくるたびに、

    「で、ヤッ・・・・・いえいえ、いたしたの?」と。
    これは、「いたしたの?いたしてないの?」

    後朝の歌、出してるね。ってことはいたしたんですね。あら、無理やりとかやってんの?そんな手荒なことはしたくなかった?じゃあ、しなきゃいいじゃん。女がつれなさすぎてつい?・・・・おーまーえーはー!!!

    しかも、光源氏はこれでも、自分は遊んでないほう、なんていっている。じゃあ同時代人の男たちのいたしっぷりはどんな・・・・。

    思えば、ティーンエイジャーのころから、源氏を読むたびにそんなあいまいな境界線にイライラしてきた。
    いや、平凡なティーンエイジャーなので、とっかかりは、漫画ですが。「あさきゆめみし」とかは学校の図書室で読んだな・・・あれは置いておいてよかったのだろうか。

    「あさきゆめみし」おもしろかったけど、出てくるのは黒髪の女性ばかりでした。ものすごく不細工以外は、美人って描くバリエーションがあんまりないんだなと思ったな、そういえば。そういう意味では源氏物語は漫画には不向きなのかもしれません。女性の描き分け方って、原文では顔かたちよりは行動や物腰、雰囲気の世界だから。その描写を読むのも、おそらくは源氏物語の楽しみ方のひとつなんだろう。

    そうなんだろうけど、とてもそこまでの境地には至れないのでした・・・。

    ティーンエイジャーから成長してないわたし・・・。


    あ。これが源氏に初めて触れるという方。
    どうぞご心配なく。
    光源氏の報いはこれからですから。まだまだこれからですから(笑)

ツイートする