尾崎翠 (KAWADE道の手帖)

  • 67人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (7)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 河出書房新社 (2009年6月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309740287

尾崎翠 (KAWADE道の手帖)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一瞬にして輝きを放つ花火のように、凝縮した時間の内に才能を輝かせ、貴重な数少ない作品を私たちに残してくれた尾崎翠。

    彼女の生い立ち、主な作品、そして写真などが満載の本書は、尾崎翠ファンにとってまさに待ちのぞんでいたものといえましょう。

    「第七官界彷徨」で不思議な魅力にはまった私にとっては、尾崎翠さんっていったいどんな人だったんだろう?ととても興味があり、迷わず購入。

    恋愛のこと、病気のこと、薬中毒のような状態だったことなど、尾崎翠の短い作家生活の中で、「そうかー。そういう状態であの不思議な幻想的な作品が生まれたんだ・・・」と納得できた気がしました。

    本来、作品はあくまで作品であり、作家の日常などとは一線を画したものであるのはわかっていますけれども、尾崎翠に関してはなにか、存在自体が作品と切り離せないように勝手に思っていて、個人的にはよくぞこういう形でまとめてくれたなあと、ありがたかったです。

  • 一度読んだら強烈な印象を残す「第七官界彷徨」。
    その初出原稿掲載なので、読んでみる。

    久しぶりに読んでも、あの強烈な臭気というか、不思議な気分は
    たちまち最初に読んだ若い日の思い出が浮かび上がってくる。

    永遠の文学。そして不思議な作家「おさきみみどり」。

    鳥取の地元では「おざき」ではなく「おさき」と発音するらしい。

  • 大好きな大好きな尾崎翠特集、書店で見つけて、即買いしました♪
    京極夏彦にはまり中なので、ぱらぱら見てから
    積読中です。

  • もうすぐ河出文庫から「第七官界彷徨」も出ますよ〜。

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

尾崎翠 (KAWADE道の手帖)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする