谷崎潤一郎文学の着物を見る: 耽美・華麗・悪魔主義 (らんぷの本)

  • 85人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
  • 河出書房新社 (2016年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309750217

谷崎潤一郎文学の着物を見る: 耽美・華麗・悪魔主義 (らんぷの本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 谷崎の代名詞である変態性に加え、彼の人生にみるかなりのクズっぷりと、それを恥じるどころか堂々と活用してた図太さといった人間像、そして、美しい着物という複数の面から、谷崎とその作品を楽しめるようになっている、なんとも刺激的で面白い資料集。

    もとは、アンティーク着物店を営む店主さんが、谷崎作品に描写される美しい着物を、昭和初期の着物を中心に用いて再現を試みた作品集だときいて購入しました。
    「細雪」に登場する着物たちをはじめとして、どのコーディネートも実に見事で、ここまで小説の描写に近いものを探し求めるのは大変だっただろうと、おもわず感嘆のため息が出るほど美しかったです。

    しかし、そんな購入動機をうっかり忘れそうになるぐらい、紆余曲折・波乱に富んだ谷崎の人生を、谷崎作品のあらすじや挿絵と重ねあわせて紹介している、共著者である弥生美術館の学芸員さんの解説やコラムが強烈に面白かったです。

    出だしから「谷崎作品の大部分が彼自身の体験をもとに書かれています。」とあり、かなりのインパクト。

    彼のあくなき変態信念は誰もが知るところですが、「痴人の愛」、「鍵」、「瘋癲老人日記」といったとりわけ強烈な官能有名作品群までも、大なり小なり実体験に基づいていたなんて、もはや凄まじすぎて、嫌悪を通り越して爆笑してしまうレベルでした。
    もちろん、これら以外の作品にも、谷崎の体験を注ぎ込んだものは無数にあります。

    借金、三度の結婚、妻をめぐって揉めた男たちとのやりとり、妻の妹や義理の息子の嫁への恋慕など…どれもそれなりのスキャンダルのはずなのに、「芸術のために」と堂々と実行して、時に新聞を利用したことさえもある谷崎。

    天性の変態とクズぶりを、私生活でも作風でも隠さなかった谷崎の図太さの半分でもあれば、谷崎の友人だった芥川や、はたまた太宰なども自殺などしなかったかもしれないと変なことまで思ってしまいます。

    さらに面白かったのが、谷崎の古典翻訳作品として有名な源氏物語にまつわるエピソード。どうやら、谷崎は主人公の源氏その人は好きではなかったらしい。
    なんでも、行きずりの関係の女にすら「死ぬほど愛してる」と言う源氏の軽薄さが許せなかったそうで。
    どの口でそれを!…というより、源氏と谷崎を比較すると、私見ですが、性質が近いところがあるのではないかと。
    惚れやすかったり、非道徳でのちに大きなトラブルになるとわかりきっている事でも欲望には抗えずに突き進んでしまう迂闊さとか、変なところで情があるところとか。

    本書によると、谷崎は、別れた女に対してすら、冷たくするどころか、困っていれば生活の保障や縁談の面倒をみるような男だったそう。それって、源氏と全く同じでは?と思ったのは私だけではないはず。源氏も、末摘花や空蝉といった軽い関係に終わった女でも生活は一生保障してあげてましたし…。

    何はともあれ、谷崎を新たな角度でとらえる入門書としても良し、単純に美しい着物を堪能する美術書としても良しの、お得な一冊です。
    帯のキャッチコピーが、「100年経ってもいかがわしい!!」となっていますが、確かに谷崎は相も変わらずいかがわしくて面白いです。

  • 先月、高峰秀子が「こいさん」を演じた映画『細雪』を観たのをきっかけに、細雪を再読。市川崑版といいとこ取りでいろんな役者さん、シーンを思い浮かべながら、日々の隙間時間で読んだにしては我ながらハイペースで読み終えた。

    この勢いで今こそと、積ん読になっていた『谷崎潤一郎文学の着物を見る』を一気読み。これは、谷崎作品の連載時等の挿絵と、それらや作品中の描写を元に作中人物のコーディネートを再現した着物写真が満載の本です。着物、美しいなあ、というのはもちろんのことながら、掲載作品それぞれについて、あらすじと、「作者自身のこのできごとが題材にされたと思われる」といった解説がついているので、実は細雪のほかふたつくらいしか読んでいない私にとっては格好の谷崎ガイド本となった。

    細雪の最後に、執筆当時の背景などについて谷崎が綴った短い文章が付いていて、そのなかで、「中上流階級の人々の暮らしについて書こうとするならば不倫や不道徳などの頽廃的な面にまで亘らねばならなかったが時節柄控えざるを得ず綺麗事に留まってしまった」というようなことが書かれていた。

    なるほど、谷崎ガイドをざっと読んだ後である今ならその意味するところがわかる。細雪は色々あるにしても清らかな印象だけれど、やはり谷崎の真骨頂を味わうには、変態系の作品も読んでみるべきか。

    前述の細雪あとがき(?)によると、作者自身では関西移住後の作品のほうが断然好きなのだそうで、特に『蓼食う虫』と『吉野葛』に思い入れがあるとか。もし自分で全集を編むようなことがあったとしたら、卍より前の作品は入れないとまで言っていて、初期作品のファンがかわいそう…と余計なお世話ながら思ってしまった。『…着物を見る』の本でも、関西移住前後でヒロイン像が変わってきていることにも言及されている。
    でもまあそれくらい、関西移住は谷崎の人生に、人生観に、大転換をもたらしたんだろうなあ。でなければ細雪その他の作品も生まれなかったわけで、この小さな日本の中においてだけでも様々に異なる文化があるという人の世の面白さ、、、にしばし思いを馳せるのでありました。

    最後に着物に話を戻すと、この本を買った当初さっと眺めたときは、アンティーク着物ってやつか~派手だなくらいの印象しか持たなかったのですが、丹念に読んだ上でいま見返すとなんだかどれもいとおしいというか(笑)、妙な愛着がわいてきました。和服のコーディネートは洋服のそれとはまた違うとよく言いますが(柄×柄もオーケーとか、、、うーん私はうまく説明できないが)、女性たちが当たり前に着物を来ていた頃の街中を覗いてみたいものです。

  • 谷崎潤一郎を読みたくなりました。
    読んだことがあるのは、「痴人の愛」「陰翳礼讃」かな。
    細雪を読みたいですね。

  • 谷崎潤一郎の作品を読みつつこれを開くと非常にイメージしやすいかと思います。
    谷崎作品の衣装描写(特に細雪)がピンと来ないとか面倒と思っている方は是非。

  • カラー写真もたくさんあって、見ていて面白いのだけど、なにぶん谷崎さんの女性遍歴がすごくてそれどころじゃない。この人はきっと結婚向きじゃないんじゃないかと思うけれど、そこには気づかないのね。

    作風にも表れている谷崎さんの恋愛観の影響か、やっぱり最終的には男性が女性を追う形にならなければ、男女の仲はうまくいかない気がした。

  • 充実の内容。谷崎文学をヒロインたちの着物で見てゆくという内容だが着物がかなり忠実に再現されておりため息ものに美しい。私は谷崎の探偵物が好きだったりするが女装する話もあるんですね…。着物以外に挿絵付きで谷崎文学を振り返っていて谷崎の女性へ対する並々ならぬ想い入れに引いたくらいだ。帝大卒のマゾで寝取り/寝取られフェチで脚フェチで女装子(じょそこ)志願ってどんなスペックなの?源氏物語を幾度か訳している谷崎だか(私も読んだ)光源氏が苦手だというのが意外であった。女性崇拝が徹底していてすごい。「細雪」読んでみたい。

  • いいねぇ、着物。
    あでやかで華やかで艶やかで。こんな着物を着て姉妹で出かけたいね。姉妹いないけど。

  • 表紙の着物がかわいくて、本屋さんで目を引かれた。カラーで着物の写真が載っていてとてもきれい。ちょうど『細雪』を読んだので、姉妹が来ていた着物の再現を見ることができてうれしい。「はじめに」で「『細雪』は着物を愛する女性のあいだでバイブルのように読まれる作品」と書かれていて、それも納得という感じ。
    着物の話だけではなく、谷崎の生い立ちとそれに関連した各作品のあらすじや解説などもわかりやすかった。新聞や雑誌に掲載された当時の挿絵もたくさん載っている。よく文庫などの最後についている作品解説や作家の生涯といったものより断然とっつきやすいので、谷崎潤一郎入門にちょうどよかった。作品の登場人物のモデルになった人(谷崎の妻など)の写真やその人の着ていた着物の紹介などもある。
    昭和初期の街を歩くモダンガールの写真では、洋装がもさっとしているのに対し和装の断髪モダンガールがモデルさんのように格好良くて素敵だった。きれいな着物の写真を見ていたら、自分も着物を着てお出かけがしたくなった。

  • うっとりする(*´◒`*)谷崎潤一郎はほんとに気持ち悪いくらい女性の身嗜みやら振る舞いやらを細かく生々しく描くんだよね〜〜単に和風の着物というのでなくアンティーク着物なのがいい!素敵な本です。

全9件中 1 - 9件を表示

大野らふの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
本谷 有希子
村田 沙耶香
三浦 しをん
森見 登美彦
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
宮下 奈都
米澤 穂信
原田 マハ
澤田 瞳子
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

谷崎潤一郎文学の着物を見る: 耽美・華麗・悪魔主義 (らんぷの本)に関連する談話室の質問

谷崎潤一郎文学の着物を見る: 耽美・華麗・悪魔主義 (らんぷの本)はこんな本です

谷崎潤一郎文学の着物を見る: 耽美・華麗・悪魔主義 (らんぷの本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

谷崎潤一郎文学の着物を見る: 耽美・華麗・悪魔主義 (らんぷの本)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする