図説 台湾都市物語 (ふくろうの本/世界の歴史)

  • 34人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 王惠君 二村悟
制作 : 後藤 治  後藤 治 
  • 河出書房新社 (2010年2月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309761367

図説 台湾都市物語 (ふくろうの本/世界の歴史)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 先日の旅行のガイドブックでした。

  • 台湾再訪を計画するために手に取った。各建物については、写真と簡単な歴史が説明され、図説として必要十分な内容だった。建築物の多くは、日本統治時代に建設されたもので、いずれも文化史跡として保存されたり、現在も現役の機能を持っているという。限られた旅程で訪問地を本書で厳選したい。

全2件中 1 - 2件を表示

二村悟の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

図説 台湾都市物語 (ふくろうの本/世界の歴史)はこんな本です

図説 台湾都市物語 (ふくろうの本/世界の歴史)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図説 台湾都市物語 (ふくろうの本/世界の歴史)を本棚に「積読」で登録しているひと

図説 台湾都市物語 (ふくろうの本/世界の歴史)の作品紹介

台湾では日本統治時代につくられた建造物が多数現存し、当時の歴史を今も語っている。台湾総督府、台湾総督官邸、台北帝国大学、台中駅、台南庁庁舎、高雄駅、三井物産等、統治時代の建物を紹介。

ツイートする