だれでもわかるニーチェ―没後100年記念特集 (KAWADE夢ムック)

  • 16人登録
  • 2.83評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 河出書房新社 (2000年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309975979

だれでもわかるニーチェ―没後100年記念特集 (KAWADE夢ムック)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ニーチェの書物そのものと、関係する人物、様々な人による雑感など、多角的に捉えたもの。読み物としては面白い。捉え方は多様であってよいことがわかる。

  • ニーチェ以外の哲学を理解した人が読むニーチェ入門書だろうか。アカデミズムかぶれみたいな文章がだらだらと続く。個人的にこういうのは好きではない(全ての文章がそうだったわけではないが)。全共闘世代はよくこんな雰囲気の文章を書く気がするのだけど気のせいだろうか。人名や用語を穴埋めにしたら入試問題の出来あがりである。脳みその表面をなでられてるような気がして嫌だ。まぁユングばっかり読んでるからあまりに近代こてこてな解説に拒否反応が出たのかもしれないけど。でも、ユングとニーチェが別物だとする図解には納得しない。読むに系統立てられない哲学であるらしいから、ユングとの共通点は多いような気もするのだが。まぁなにはともあれ実際に読んでみないと分からない。とにかく『だれでもわかる』は言いすぎ。日本史専攻にはサッパリな文章だろう。
    この本を読んで実感したことは、繰り返しになるが、難解であるニーチェを読まずしてどうしてニーチェを理解できようかということである。

全2件中 1 - 2件を表示

だれでもわかるニーチェ―没後100年記念特集 (KAWADE夢ムック)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

だれでもわかるニーチェ―没後100年記念特集 (KAWADE夢ムック)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする