もう怒らない!これだけで子どもが変わる魔法の“ひと言"

  • 52人登録
  • 4.07評価
    • (5)
    • (5)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 若松亜紀
  • 学陽書房 (2011年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784313660557

もう怒らない!これだけで子どもが変わる魔法の“ひと言"の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ママ友の間でこの本を回し読みしているところ。
    あー、これ、私のことだわ…と思い当たること多数。子どもに共感すること、思いを受け止めること、意識して行こうと思って実践してみたら、まあ、この本のようにスムーズに必ずしも行くわけではないけど、子どももこちらも傷つけ合って最悪な気分になるということは避けられたかなと思う。子どもの気持ちに寄り添ってあげるための本。

  • 怒ってばかりの私が笑っていられるようになったよ♪

  • ブックデザインをうちの社でやっています。挿入されている4コマ漫画が秀逸!一冊通してすぐに読めますが、読んだ後も手に取ると漫画だけつい見てしまいます(笑)。

  • つい言ってしまってるなぁ。というのがたくさん。
    わかっちゃいるけど、というのから
    それが正しい(間違っている)という確信が持てないのもありますが、
    やっぱり行き詰まりを感じたりしてたので反省できました。

    以下メモ

    早く(じゃ焦る)→ゆっくり
    帰るよ→(だんだん)帰るよ。少し前に伝える。
    後で→どれぐらい後?xxが終わったら、時計の針がxxになったら
    こぼさないで→そっと。(失敗するイメージを回避
    なんでxxするの→(xxしちゃったね)どうする?
    だめ!→そうxxなんだ。と一度受け止める。

    悪い子→悪いこと
    先制パンチ→承認+xx
    例)片付けて!→よく遊んだね。そろそろ片付けよう

    反応→対応 どうしたの?

    ■子ども目線で
    がんばれ→がんばってるね
    こわくない→こわいね
    大丈夫?→大丈夫!

    ここが×→ここが○
    例)テストで70点なら間違えた30点より正解した70点に注目

    疲れた→楽しかった
    例)旅行から帰ったとき

    プラス思考
    xxなら出来る。
    xxになるよ
    例)例歯磨きしないと虫歯になる→歯磨きするときれいになる


    xxしなさい→xxしよう

    やっぱりxxになった、ほらxx(できなかった)
    →できた一瞬に注目

    他人ではなく、本人の前の状態と比べる
    あの子→前より

    ぶつ切り言葉は使わない。文章になる会話

    「それから?」「なんでかな?」

    「ごめんね」より「ありがとう」
    例)待たせてごめんね→待っててくれてありがとう

    私がどう思うか伝える
    xxで偉い→xxしてくれて嬉しい。

    最後はプラスで
    (プラス)だけど(マイナス)なのがなぁ→(マイナス)だけど(プラス)だよ

  • 軽めに読める本。子どもへのひと言が行動にどれだけ影響するかほんとに痛感する。
    子どもだけでなくすべてのコミュニケーションに当てはまることだと思う。
    オススメ(^-^)

  • 子供がもう少し大きくなったらまた読み返したい。

全7件中 1 - 7件を表示

若松亜紀の作品

もう怒らない!これだけで子どもが変わる魔法の“ひと言"はこんな本です

もう怒らない!これだけで子どもが変わる魔法の“ひと言"を本棚に「読みたい」で登録しているひと

もう怒らない!これだけで子どもが変わる魔法の“ひと言"を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もう怒らない!これだけで子どもが変わる魔法の“ひと言"を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もう怒らない!これだけで子どもが変わる魔法の“ひと言"を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする