アダルト・チルドレンと癒し―本当の自分を取りもどす

  • 185人登録
  • 3.69評価
    • (15)
    • (21)
    • (33)
    • (2)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 西尾和美
  • 学陽書房 (1997年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784313860032

アダルト・チルドレンと癒し―本当の自分を取りもどすの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ACが自分を癒す方法。前半はかなりきついケースの紹介も。
    ・アファメーション(力づけ)の本は新しい健全な生き方を学んでいくための毎日読む人生のマニュアル
    ・自分の世話をする
    ・他人の世話をする前に10数える
    ・運動などして怒りのエネルギーを発散させる

  • 図書館で借りた。20年くらい前の本。
    速読ベース。
    痛い。読んでてかなり痛い事例がいっぱい。
    アダルトチルドレンの話って、こういう典型的な痛い事例の話だと思ってたから、自分にはまったく関係がないと思い込んでた。でも、肉体的なものだけじゃなくて、精神的に脅えたりしていれば、傷は同じに残るってことなんだなぁと思った。そして、その癒しを行えば、いろんな症状(こだわりとか)が消えるってことなんだなと思った。自分には関係のない話だと思ってたから、気付くのが遅れた。。。

  • 自分を愛してこその、他者への愛( ^ω^ )ありがとう、西尾和美さん( ^ω^ )

  • 私はやはり「共依存」にあたることが分かった。
    6章「共依存の癒し」がとても参考になりました。

  • アダルト・チルドレンについて、詳しく書かれている著書。
    信頼できる著者だし、手元に置いておきたい一冊として購入。

  • アダルトチルドレンについての話が載っています。アダルトチルドレンとは何か。虐待の定義や、具体例、更には癒しの方法も載っています。
     家庭に問題があり生きづらさを感じて生きている人、苦しんでいる人の例やセラピーによる回復の話が書かれています。共依存にも触れられています。
     アダルトチルドレン事をそして、癒しを得る方法も知る事ができ、勉強になります。

  • 生々しい虐待の描写はショッキングだったけど、そこからも回復することができるんだという希望を与えてくれているんだと思う。痛みを共有しその癒しも共有する感覚かな。また、他人の痛みを自分の痛みとして感じてしまいやすい共依存についても丁寧に書かれているので、共依存からの回復がそのような事象でもショックを和らげた形で受け止められることに繋がるのだということを示唆しているようにも感じた。それ以外の部分については「毒になる親」よりも辛くならないで読むことができるし、対策についてもより具体的で指針となることが多かった。これも手元に置いておきたい本。

  • 分かりやすかった。ACとはなんなのか、具体例を上げて説明。また、回復への道筋を、これも具体例を上げて説明してくれる。家族を考える上でもいいかもしれない。

  • アダルトチルドレンが何かわからなくても問題ありません。
    とにかく読んでみてください。
    「自分探し」を行動にうつしちゃったりする前に。

  • 2010年9月
    川口市立図書館で借りて読みました。

全20件中 1 - 10件を表示

アダルト・チルドレンと癒し―本当の自分を取りもどすのその他の作品

西尾和美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
デール カーネギ...
ロンダ・バーン
エーリッヒ・フロ...
有効な右矢印 無効な右矢印

アダルト・チルドレンと癒し―本当の自分を取りもどすを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アダルト・チルドレンと癒し―本当の自分を取りもどすを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする