本・子ども・大人

  • 36人登録
  • 3.42評価
    • (2)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
制作 : Paul Hazard  矢崎 源九郎  横山 正矢 
  • 紀伊國屋書店 (1957年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784314000031

本・子ども・大人の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 909-アザ 300505427

  • 原著は1932年刊。子どもと大人をめぐる緊張関係は、今も色あせないが、児童文学の専門家でもない限り、読む必要はないと思われる。

    各作品の紹介はいきいきとしているが、切り込みが弱い。全体的に情緒的。各国の出版事情が古い。

    ・ペロー、1697年、童話集発刊。
    ・ロンドンのジョン・ニューベリーが子どもの図書館という本屋の看板を出した。1750年頃。
    ・ヴァイセ(1726-1804)が児童文学のはじめ。ドイツ。雑誌『子どもの友』
    ・ロビンソン・クルーソーは金儲けのために書かれた。
    ・たえず何か予習している子ども。vs 目的地に着くよりも旅をしていることが大切という時代。
    ・アリスに見るナンセンスの効用。仕事ですっかりいじけている精神を上手に休ませる。
    ・祖国愛と人類愛の渾然一体。

  • 手元にある本の奥付は、「1957年10月10日 第1刷発行」になってるんですけどね...

  • 読み終わるのに時間がかかった~~。
    子供だましの本に子どもは振り向かない!

  • 刊行年からしても(原著は1932年刊)、もはや「古典」と言ってもいいのかもしれない。「世界中の子どもを可能性いっぱいの人間と見、かれらが本質を見ぬき、本を選択してきた事実を認め、その力にふさわしい本を与えよと主張する」、フランスの文学史家ポール・アザールの著。といっても、堅苦しく小難しいものではない。ここで語られる子どもの魂の、なんと魅力的なことだろう。子どもと大人を殊更に対比させたり、フランスおよびヨーロッパからの見方に偏っているきらいは否めないが、それでもここに挙げられている様々な「児童書」(これまた既に古典と言っていい)は、今も魅力的だ。

  • 児童書研究の基本図書

全6件中 1 - 6件を表示

ポール・アザールの作品

本・子ども・大人に関連する談話室の質問

本・子ども・大人はこんな本です

本・子ども・大人を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本・子ども・大人を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする