顔面考

  • 51人登録
  • 3.52評価
    • (3)
    • (6)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 春日武彦
  • 紀伊國屋書店 (1998年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784314008327

顔面考の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんか、とーーっても怖い本。
    いや、ホント怖い・・・。
    しかし、なんでこんな本買ったんだったっけか?

  • 2007年06月16日読了→記事編集。
    精神科医による「顔」に纏わる考察の数々。
    よくある狂気の表現の例、ということで、
    ホラーを中心に、マンガのコマがサンプルとして並べられていて【※】
    この「ヤバイ顔カタログ」(←こらこらっ☆)を眺めるだけでも、
    マンガ好きにとってはかなり楽しかったりします。
    執筆は岡崎京子氏の『ヘルタースケルター』単行本化の前なので、
    俎上に載っていないのが残念。
    順序が逆だったら、きっと言及されたのではないかと思う。
    文庫版には高山宏先生の解説が付いているので、
    これから読もうという人には、そちらをお薦め。
    でも、図版が豊富な本なので、この古いデカ判、見やすくて気に入ってます。

    【※】ちなみに、第一章最終節は伊藤潤二「案山子」考。

  • OPAC→ http://libopac.josai.ac.jp/opac/opac_details/?bibid=4000004532
    図書館ではこちらの電子ブック版を購入しています。PCから読むことができ、内容の検索等も可能です。ご利用は、学内PCから城西大学図書館のOPAC(蔵書検索システム)で書名で検索→検索結果の[EBOOK]ボタンをクリック!または、図書館HP > 電子ブック > EBSCOhost eBook Collection から検索!EBOOKは他にも購入しています。詳細は、図書館HP > 電子ブック をご覧ください。

  • 「顔」について あらゆる角度からの考察
    こんなに顔のこと 考えたことないなぁ
    けっこう おもしろい

  • ドッペルゲンガーを調べてたら出てきた本。図書館で借りた。顔についての話。その中でも驚いたのはオルランって人が自分の顔を「モナリザ」の額、「ヴィーナスの誕生」の顎、のように絵画上の5人の美女のパーツを組み合わせた顔に整形していく話。HPで見ちゃった。顔に対するこだわり。みんな持ってるんだろうけど、ここまでくると絶句。

  • 精神科の先生の書いた本。同著「ロマンティックな狂気は存在するか」が面白かったので買ったものの、購入当初はどうもつまらなく感じたのでしばらく放っておいたんですが、読み直してみたら面白かった。
    古今東西の”顔面”について表現・神経症・恐怖など考察したもの。
    何故つまらなく感じたかというと、恐らく作者の個人的な感想と自分の感想が合致しなかったので「随分決め付けて物言うんだな」と思ったからだ。共感が出来ない点が何個かある。
    でも”こんなことも過去にはあったよ”みたいな読み方をすれば面白いと思う。

  • 顔面というキーワードにはあやしげな本やら何やらが多いんですね…。それはさておき、このインパクトのある表紙の本。顔や漫画に興味がある人にとっては非常に面白い本です。精神科医が書いてます。語り口も面白く、著者自身のパーソナリティについても語ってます。もちろん、図や写真が満載。結構ショッキングな写真もアリ。

全11件中 1 - 10件を表示

春日武彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
京極 夏彦
ヴィクトール・E...
又吉 直樹
貴志 祐介
中村 文則
湊 かなえ
春日 武彦
有効な右矢印 無効な右矢印

顔面考に関連する談話室の質問

顔面考の作品紹介

顔をめぐる想像力と狂気。あなたの顔はいかがわしい!?博覧狂記の精神科医が綴る、顔をめぐる想像力と狂気のドラマ。

顔面考の文庫

ツイートする