大衆運動

  • 79人登録
  • 3.69評価
    • (3)
    • (5)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 高根 正昭 
  • 紀伊國屋書店 (2003年2月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784314009355

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルセル モース
J・モーティマー...
シーナ・アイエン...
レイチェル カー...
アーネスト ゲル...
エーリッヒ・フロ...
ミシェル・フーコ...
エリック ホッフ...
國分 功一郎
ウィトゲンシュタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

大衆運動の感想・レビュー・書評

  • ユダヤ教、キリスト教の発生から、フランス革命、ソヴィエト共産党、ナチスドイツまで、政治的、宗教的、民族的なあらゆる人間集団の構造と心理を大衆運動という視点で洞察した20世紀を代表する思想書。哲学、社会学、歴史学、心理学と様々な領域で読み継がれる。逆読みすれば経営組織論としての示唆も汲取れるだろう。少年時代視力障害にあったホッファーはまともな教育は受けておらずすべて読書による独学によってこれらの論考を構築していった。どんな大衆運動も現状社会への欲求不満から起こり新しい世界への狂信を鼓舞する。推進役となるのは、不適応者・利己主義者・野心家・少数派・貧困者・退屈している人・罪人などだ。彼らは社会の上層部と下層部に位置し、変化を好まぬ中流はやむなくあとからついてゆくことになる。
    スターリニズムとナチズムの分析が主体となるので、ほとんど語られていない個人を尊重する自由の国アメリカ称揚があぶりだされてくる。
    しかし最後には社会の変革には大衆運動の必要性も説かれる。リンカーンやガンジーのような権力欲のないまれな指導者の出現にその希望が託されているようだ。
    ホッファーは60年代アメリカに発生したヒッピー・ムーブメントには「成熟できない子供たちの群れ」と冷淡だったそうだ。快楽主義と安直な自然回帰が受け入れられなかんだのではないかと思う。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする