黄砂―その謎を追う

  • 26人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 岩坂泰信
  • 紀伊國屋書店 (2006年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784314010023

黄砂―その謎を追うの感想・レビュー・書評

  • 黄砂は春の風物詩。でも何で春?秋に来たり、来る時期が早くなるのって、地球の温暖化と関係があるの?と疑問に思ったので読んでみた。ご存知のとおり、黄砂は偏西風にのってやってくるので春と秋に来るんだけど、春の砂は乾いているのでより飛びやすいんだって。夏の雪解け水で湿った秋の砂は遠くまで飛ばない、ということらしい。という話はこの本の一部で、他にもたくさん、黄砂についての研究が載っていて面白い。研究テーマの立て方や、具体的な実験方法など、一般の人が読んでもわかりやすいと思います。何より研究が楽しそうなのが伝わってきて、いいです。本来、研究ってこういう「わくわくするもの」だよなあ、と思いました。

  • 黄砂と言えば、春の到来を告げるのどかなイメージだったが、研究者の目で、色々書かれいて、ためになった。エジプトに旅行に行った友人が、行きは12時間だけど、帰りは10時間ョ^^言っていたが、偏西風の影響かな・・・

  • 分類=地学・黄砂・中国・大気汚染・地球温暖化。06年3月。

  • 黄砂研究の現在を覗ける本。それ以上のものは読み取れなかった。(makon)

全4件中 1 - 4件を表示

黄砂―その謎を追うはこんな本です

ツイートする