ブクログ大賞

ぼくはお金を使わずに生きることにした

  • 1083人登録
  • 3.82評価
    • (93)
    • (112)
    • (96)
    • (23)
    • (3)
  • 174レビュー
制作 : 吉田 奈緒子 
  • 紀伊國屋書店 (2011年11月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784314010870

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
三浦 しをん
クリス・アンダー...
シーナ・アイエン...
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくはお金を使わずに生きることにしたの感想・レビュー・書評

  • 一円も使わないって…エーッ、ムリムリ!、と決めつける前に、お金を使わずして生きていくことの大変さを分かち合ってみよう!ユウウツをぶっとばすには、こういう実験をして、日ごろの無駄使いから社会全体の無駄までを考えるほうが得かもよ!?

  • 「全くお金を使わずに1年間暮らす」ことを決意した若者の暮らしのレポート。思いつきではなく、事前に必要なものを揃えたりかなり計画的に取り組んでいる。食料は廃棄される食品をもらったり、そのへんに生えているものでまかなう。玄関脇に生えているイラクサお茶を入れたり。ストーブなども手作り。最初のうちはいろいろトラブルもあるが、慣れてくるとそれが普通になって、なんだかすごく楽しそうに暮らしている。人間ってものすごくタフだし柔軟だなあと改めて思う。なんでもお金で調達するくらしが人間の生命力をかえって奪ってるじゃないか。

  • M・ナイト・シャマランの「ヴィレッジ」を思い出した。著者が目指すのはとりあえずあんな感じの100年とか200年前の片田舎の自給自足体制の村、地域社会の構築ということなんじゃないかな。「カネ」は便利ものだが、現代の金融資本主義社会は「カネ」の獲得が自己目的化してしまい、グローバル化とも相まって様々な問題を引き起こしているのが問題なのだと思う。何のために「カネ」が必要だったのかを思い出さなければならないということだろう。著者が試みた「カネ」なし生活も、本来は「カネ」を使わないことが重要なことではなく、「カネ」を使うことで地球を破壊する行為に手を貸したくなない、という主旨だったと思うが、著者自身が述べているように「カネ」を使わないことが自己目的化してしまってもやはり意味が無い。ある程度の人数が集まって協力する社会を築いて生活するところに人間らしさがあるのであって、完全に一人で生きていくのはまず無理なのだから、社会を構築すれば結局は社会内での協力体制の円滑化に地域マネーのような「カネ」が使われる始めるのは目に見えていると思う。助け合いとか利益のようなも蓄えておいて必要な時に使えるようにした時間性を有する「カネ」が発明され、それを資本として利用することによって便利で快適な現代社会が構築されてきたのだと思うが、「カネ」自身が暴走して我々自身に牙をむかないように「カネ」の本質を学び、背後の見えないところで何が行われているのかを感じ取る知性と感性を養うことが教育の場で必要なのかもしれない。

  • P.25までとあとがきを読了、あとは気になる部分を流し読み。

  • 一年間、お金を使わずに生きることにした著者の話。
    ちょっと極端ではあると思うけれどその為の準備に半年ほど費やしていたりするのでまあ出来たんじゃないかなとは思う。
    あと始める時期がすごいなとは思ったけれど、結局健康な体を持った人であることが前提かも。
    自転車で何十キロって結構厳しい。
    サバイバル技術とかも最低限学んでから始めるべきな内容だけど持続可能な世界について考えている感じなのは興味深く読めた。

    日本の田舎とか過疎地域とか、完全には無理だけれど近しい感じの人はいっぱいいそうな気がする。

  • すでに取り入れてるアイデアもあったけど(図書館通いなど)
    これから取り入れたいアイデアも豊富で読んでいて凄く楽しかった。

  • 蔵書数:1冊
    購入者:安藤
    所有者:安藤

    世の中の不条理な問題はカネが原因という結論に達した筆者が、1年間のカネなし生活に挑むという、体を張った壮大な実験の体験記。
    「カネを使わない生活」をブレイクダウンして具体化しようと思ったこともない自分にとっては、実際にそれを成功させた筆者のやり切る根性?根気?(という言葉では表現しきれない何か)に頭が下がる思いでした。
    ピークオイルやトランジションについても冒頭で触れています。

  • 一年間,お金なし(使わない,もらわない)の生活をしたイングランド在住アイルランド人の記録.
    トレーラーハウスに寝起きし,食べ物は自家栽培,山野での採集,ゴミ箱あさり.移動手段は自転車.電気は自家発電しパソコンを使う.もちろん目的は地球環境を守るためだ.
    私はこの本は実験として楽しく読んだが,著者の行動に共感はない.考えることのスケールがあまりに個人的で小さい.環境にやさしい社会変革を志してほしいな.

    それにしても,税金や年金保険料や健康保険料はどうしてるんだろう.

  • タイトルの通り一年間お金を使わずトレーラーハウスで生活をする話し。
    しかも寒いスコットランドで実行するのが素晴らしい。
    三食しっかり食べたまにはお酒も飲んで
    楽しそうにも思える。
    読んだ後一週間でいいからトレーラーハウス借りてやってみたい

  • すごくおもしろい。信念を持って生き方に芯があり、とてもおもしろいこと、いいことをしている。読んでいてわくわくしたし、まじめくさった理論本じゃなくて、エッセイのようでもあり、いろいろ考えさせられた。こんなおもしろい本があるなんて知らなかった。

  • 入院中の病院になぜか置いてあったので読んだ。

    表紙を見て、修行僧のようにストイックな生活をイメージした。
    でも実際の内容は、もっと柔軟だった。

    決してこだわりがないわけではない。
    しっかりした思考と信念のもとで組み立てられた「お金を使わない生活」なのだ。

    それは他の人へと広がり、いつか社会を、世界を変えるようになるのかもしれない、という希望を感じた。

  • 実は未(ま)だ深くは読んで無い!のですが?…「ただ、試練から始まるところが?…厳しいものに行くのには?…相当な覚悟を要するな?」と言う部分を序文(エピローグ)から?、分かりました!。

  • お金がものと人との断絶を生み、大量生産大量消費に潜む環境破壊が起こる。断絶はお金が介在していることによって生じる。お金を介在しない世界があれば、環境を守れるというのが著者の主張。

    著者は「世界に変化を求めるなら、自らがその変化になりなさい。」というガンジーの言葉通り、理想に向けて自ら実践すべく、金なし生活をするわけだが正直楽しそうだなぁと思った。憧れる。

    誰でもやればできるというが、俺にもできるだろうか?笑

  • 要するに経済の余剰と自然の恵みで十分生きていけるんだと

  • 面白かったです。
    「お金をつかわずに生活する」・・・・その準備と一年間をつづっています。
    最初にこの題名を見かけたときはビックリしましたけれども(笑)。なに?!現代のソローにでもなるつもりなの???とか思いました。
    ・・・ソローとは、ちょっと方向性が違うかな。

    「シーナのブラックドレスで365日」っていう本ありましたよね?(ブログやブクログを休んでいた時期で、ブクログ本棚に入ってないけど購入して手元にあります。)黒いシンプルなワンピースを(何着か同じものを作って洗い替えして)一年間着続ける、新しい服を買わずにもらいもののアクセで着まわして・・・!っていうやつ。

    あれとチョット似ていて、彼が「お金をまったく使わずにいる」ことが、なにがしかの宣伝活動であり、「さあみんな、目をさまそうよ」的な、
    まったくお金を使わずにいることだってできるんだ、自分の経済・消費活動を振り返ってみようよ。
    ・・・・とまあ、そんな感じでしょうか。

    同じ真似は出来るわけがないし、しようとも思わないんだけども、彼の、自分の未熟な部分もさらけだして本にしている、自分と他者に誠実であろうとするところに好感がもてました。
    自分の物欲も振り返ることができたし、あまり深く考えずに、さらりと読んでみることをオススメします。

  • 新聞コラムで紹介されていたので読んでみた。
    「カネなし」生活の準備~1年の生活がつづられていて、いろいろ気付かされることも。

  • 面白かったーーー。

  • 著者のチャレンジは凄いと思うけど、その思想には100パーセント共感はできない。

  • 人はお金があればあるほど幸せになれると思い込んでいます。というのも、収入の増加がもたらす影響について考えるとき、「収入が増えれば増えるほどますますお金が欲しくなる」という事実を忘れているからです。収入が増えると、さらに大きな家が欲しくなります。どんなに収入が増えても満足することなどない。それなのに、家庭生活や健康を犠牲にしてまでお金を稼ごうとしているのです。

  • お金を使わずに生きることを実践した、イギリス男性の記録です。
    この生活をすることによって、資本主義経済の問題点が現れてきます。
    お金というのは、目的ではなく、手段であることが理解できます。

  • 腹筋もしろ。
    だいたい半分くらいまで読んで頓挫。

    なんとなくソローの「森の生活」みたいな本を期待していた(彼もこの本を持ち出している)。でも違った。
    東洋的な、あるいは禅的なおおらかな心でもってっていうんじゃア全然ないんだな。

    第一、金なし生活に入るまでの御託が長い。
    長いのには理由があって「こんな生活しました」という体験記というよりも、「こういう生活をみんなしようぜ」っていう宣伝、彼自身が新たなプロパガンダなんだな。

    そうなるってェとこの押しつけがましさがいけない。
    金なし生活ってだけならわかる。でもその上にオフグリッドだビーガンだパーマカルチャーだのと意識高い系(笑)も真っ青の御託を並べていく。

    ビーガンというのは厳格なベジタリアンらしく卵・乳製品もとらない。このアホは冬の最中、仕事を手伝った人からコロッケをもらっても(たぶん)食わない。
    なおかつサスティーナブルかつ流通に環境負荷がかからず、無農薬のものでなければ主義として食わない。

    やかましい食え、と。
    ここで変な話彼は、金を使わず環境にも優しい生活というものを貫こうとして、有機無農薬野菜しか食べれないっていうかえって金銭的にゼータクな暮らしを送ることになった男の奇妙なサンプルと化す。

    こういう生活ってのはそれこそ持続可能性に目を向けるべきだと思うんだ。
    彼女とさっそく別れているし。主義主張が極端すぎて目の前にいる人をないがしろにするというのは、それこそ彼が批判している国際的な環境保護団体と彼自身もさして変わらないんじゃないかとすら思えてくる。

    何時にどこそこのテレビ局のインタビュー(笑)受けることになっててね、なんていう詳細なスケジュールを公開されても、やっぱりこいつは意識高い系(笑)だなっていう感慨しかわいてこないよね。
    あと腹筋もしろ。

  • オフグリッド生活を実践しようとしている自分なので、この方の考え方はすんなり入った。

    赤ん坊の紙オムツや女性の月経の対処法(これ大事!)についても書かれてあって、これはもうお前もやれよってコトじゃない!?

    すごく欲しい服があったけどこれ読んで買う気が失せた。物欲の塊の奥様にぜひ。そんな、ある意味エコな本。 

  • お金を使わない生活の良さを伝えることがこの本の本質ではないと感じた。
    お金とは我々にとってどんな存在なのか、というところを考えながら読む。日常お金なしでは考えられない生活を過ごしているわけだが、一つの宗教とようだなと感じていて、自分もその宗教の信仰者というようなイメージ。お金は世の中の人から「これは価値のあるもの」という共通の信任によって流通している。お金を使うことで、時間の短縮や、人を喜ばせることも、必要な医療も受けることができる。お金があれば解決できることが多いのは事実で、それに助けられたことも多い。
    一方で、お金を盲信することのリスクにも自覚的であったほうが良いとも感じた。共通の信任であることなので、絶対的な存在ではない。
    確率的な問題で、お金が全く役に立たなくなる世の中というのは、まだ起こりにくい事象だろう。しかし、もう少しお金というものを相対化して、理解を深めていく必要がありそうだ。そうすれば、最悪のケースにも比較的動揺も少なく対応できる、というような、浅はかな想像を巡らす。

  • 技術、物の交換を便利にする為のツールだったはずのお金が、いつのまにかそれ自体が価値を持ってしまった。
    お金の価値のせいで、物の価値が見えない。結果、無駄が増える。
    お金を使わずとも交換が成り立てばお金は不要になる。その為の地域社会での自給。

    物欲をゼロにはできないけれど、無駄を見つめ直すきっかけにはなった。

全174件中 1 - 25件を表示

ぼくはお金を使わずに生きることにしたに関連するまとめ

ぼくはお金を使わずに生きることにしたを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぼくはお金を使わずに生きることにしたを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくはお金を使わずに生きることにしたを本棚に「積読」で登録しているひと

ぼくはお金を使わずに生きることにしたの作品紹介

イギリスで1年間お金を使わずに生活する実験をした29歳の若者がメディアで紹介されるや、世界中から取材が殺到し、大きな反響を呼んだ。貨幣経済を根源から問い直し、真の「幸福」とは、「自由」とは何かを問いかけてくる、現代の『森の生活』。

ツイートする